この記事では、Microsoft Excel の TIME 関数の書式および使用法について説明します。

説明

指定した時刻に対応する小数を返します。 この関数を挿入する前のセルの表示形式が [標準] であった場合、結果は日付形式になります。

TIME 関数で返される小数は 0 ~ 0.99988426 の範囲内の値であり、0:00:0 (午前 00 時) から 23:59:59 (午後 11 時 59 分 59 秒) までの時刻を表します。

書式

TIME(時, 分, 秒)

TIME 関数の書式には、次の引数があります。

  • Hour    必ず指定します。 時間を表す 0 (ゼロ) から 32767 の数値。 23 より大きい値は 24 で除算され、剰余は時間値として処理されます。 たとえば、TIME(27,0,0) = TIME(3,0,0) = .125 または 3:00 AM のようになります。

  •     必ず指定します。 分を表す 0 から 32767 の数値。 59 より大きい値は、時と分に変換されます。 たとえば、TIME(0,750,0) = TIME(12,30,0) = .520833 または 12:30 PM のようになります。

  • Second    必ず指定します。 2 番目の値を表す 0 から 32767 の数値を指定します。 59 より大きい値は、時、分、秒に変換されます。 たとえば、TIME(0,0,2000) = TIME(0,33,22) = .023148 または 12:33:20 AM

解説

時刻は、日付を構成する値として小数で表されます。たとえば、12:00 PM は半日なので、0.5 と表されます。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。 数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。 必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

12

0

0

16

48

10

数式

説明

結果

=TIME(A2,B2,C2)

2 行目に指定された時刻 (12 時 0 分 0 秒) に対応する小数を返します。

0.5

=TIME(A3,B3,C3)

3 行目に指定された時刻 (16 時 48 分 10 秒) に対応する小数を返します。

0.7001157

関連項目

時間を加算または減算する

セルに現在の日付と時刻を入力する

日付と時刻の関数リファレンス

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×