UNIQUE 関数

UNIQUE 関数は、一覧または範囲内の一意の値の一覧を返します。 

値の一覧から一意の値を返す

名前のリストから一意の名前を返す

=UNIQUE(B2:B11) を使用して数値の一意のリストを返す例

名前の一覧の並べ替えに使用される UNIQUE 関数

注: 現在、この関数は現在、現在のチャネル Microsoft 365 サブスクライバーが使用できます。 2020 年 7 月から Microsoft 365 Enterprise Channel Semi-Annualサブスクライバーが利用できます。 サブスクリプションをお持ちのお客様に対して機能を展開する方法 Microsoft 365 、Microsoft 365の最新機能を取得する方法を参照してください。

=UNIQUE(array,[by_col],[exactly_once])

UNIQUE 関数には、次の引数があります。

引数

説明

array

必須

一意の行または列を返す範囲または配列

[by_col]

省略可能

次by_colは、比較方法を示す論理値です。

TRUE は 列を比較し、一意の列を返します。

FALSE (または省略) を指定すると、行が互いに比較され、一意の行が返されます。

[exactly_once]

任意

引数exactly_once、範囲または配列内で 1 回だけ発生する行または列を返す論理値です。 これは、一意のデータベース概念です。

TRUE は、範囲または配列から 1 回だけ発生する、すべての個別の行または列を返します。

FALSE (または省略) を指定すると、範囲または配列からすべての個別の行または列が返されます。

注: 

  • 配列は、値の行または列、または値の行と列の組み合わせと考えることができます。 上記の例では、UNIQUE 数式の配列はそれぞれ範囲 D2:D11、D2:D17 です。

  • UNIQUE 関数では配列が返され、式の最終結果である場合はスピルします。 つまり、Enter キーを押すと、適切なサイズの配列範囲が動的に作成されます。 サポートしているデータが Excel テーブル内にある場合、構造化参照を使用すると、配列範囲のデータの追加または削除に応じて、配列のサイズが自動的に変更されます。 詳しくは、スピルした配列の動作に関する記事をご覧ください。

  • Excel では、ブック間の動的配列のサポートが制限されており、このシナリオは双方のブックが開いているときにのみサポートされます。 元のブックが閉じられている場合、リンク済みの動的配列数式は更新されるとエラー値 #REF! を返します。

使用例 1

この例では、SORT と UNIQUE を組み合わせて使用して、名前の一意のリストを昇順で返します。

SORT で UNIQUE を使用して名前のリストを昇順で返す

使用例 2

この例では、"exactly_once" 引数が TRUE に設定され、この関数はサービスを 1 回利用した顧客のみを返します。 これは、追加のサービスに戻っていなき人を特定して連絡を取りたい場合に便利です。

引数に UNIQUE occurs_once true に設定すると、1 回だけ発生する名前のリストが返されます。

使用例 3

この例では、アンパサンド (&) を使用して、氏名と名を連結します。 この数式は、A2:A12 と B2:B12 の名前の範囲全体を参照しています。 これにより、Excel がすべての名前の配列を返す可能性があります。

複数の範囲で UNIQUE を使用して、名/名の列を氏名に連結します。

ヒント: 

  • 名前の範囲を Excelテーブルとして書式設定すると、名前を追加または削除すると、数式が自動的に更新されます。

  • 名前のリストを並べ替える場合は、SORT関数=SORT(UNIQUE(B2:B12&" "&A2:A12))を追加します。

使用例 4

この例では、2 つの列を比較し、その間の一意の値のみを返します。

UNIQUE を使用して営業担当者のリストを返します。

補足説明

Excel 技術コミュニテでは、いつでも専門家に質問できます。また、Answers コミュニティでは、サポートを受けられます。

関連項目

FILTER 関数

RANDARRAY 関数

SEQUENCE 関数

SORT 関数

SORTBY 関数

Excel での #SPILL! エラー

動的配列とスピル配列の動作

共通部分演算子:@

ヘルプを表示

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

×