より高い税率での非ファイルでの TDS/TCS

TDS レートを高くする新しい法律

所得税法のセクション 206AB が最近導入され、財務法 (2021 年) が導入されました。 税の差し引きまたは回収が必要な前年の直前にある、2 つの評価年に関連する 2 つの評価年の両方に対して収入の戻り値を請求していない "指定された人物" に対して、個人 (ここでは差し引き人と呼ばれます) によって支払われた金額または支払われる金額または支払われる金額に関する法律の第 206AB セクションの下などです。

チェックする必要があるその他の条件は次のとおりです。

  • 法第 139 条第 139 条のサブセクション (1) で納税申告の期限が切れたのは、この両方の評価年です。

  • ソースで差し引かれた税金とソースで収集された税の集計は、これら 2 つの前年のそれぞれで Rs.50,000 以上です。

  • 指定された人物には、インドに永続的な施設を持つ非居住者は含めかねない。

  • また、このセクションは、法律のセクション 192、192A、194B、194BB、194LBC、または 194N の下で税金を差し引く必要がある場合は適用されません。

ITR ファイリングの確認方法 (セクション 206AB の適用性)

政府は、購入者/販売者の PAN に入る際に ITR ファイリングの詳細を取得するインデクサー /コレクターである、所得税ソフトウェアに新しいユーティリティを提供すると予想されます。

ただし、慎重な方法として、評価者は、該当するレートに従って TDS/TCS を適切に差し引く/収集するための確認として、前の 2 つの財務年のサプライヤーの ITR のコピーを保持する必要があります。

このプロビジョニングは、納税者の追加の負担になる可能性があります。ただし、税金が差し引きまたは回収され、26AS に表示されている場合でも、ITRs を申告しないユーザーをキャッチするために政府が行う追加の手順です。

したがって、上記の規定により、セクション 194Q (商品の購入者の場合) またはセクション 206(1H)(商品の販売者の場合) の条件に従うユーザーが、いずれの場合も、2021 年 7 月 1 日から、 ユーザーは、対応する相手が前の 2 つの財務年 (つまり、2021 年 7 月 2021 年 7 月 1 日から 2020 年 20 月 20 日& 2020-21) に対して ITR をファイリングしたかどうか、および TDS/TCS の集計が Rs.50,000 以上であるかどうかを確認する必要があります。 前の 2 財務年の場合、TDS/TCS は 206AB より高いレートで請求されます (セクション 192、192A を除く)。、194B、194BB、194LBC、または 194N の Act)。

セクション 206AA および 206CCA の適用性

新しい 206AB とセクション 206CCA は、PAN (永続的なアカウント番号) の非提供に対して TDS/TCS の高いレートを提供する、Act のセクション 206AA とセクション 206CC の後にそれぞれ挿入されました。

  • セクション 206AA: このセクションは、ユーザーが PAN を提供できない場合に適用されます。

  • セクション 206AB:このセクションは、ユーザーが 2 年間返すのに失敗した場合に適用されます。

それぞれのセクションでは、税金の差し引き/回収を担当する担当者が、次の場合よりも高い税率を適用する必要があります。

税金を差し引く必要がある - 206AA - PAN の送信に失敗する

税金を差し引く必要があります-206AB - 2 年間の差し戻しを行うのに失敗する

(i) この法律の関連条項で指定されたレート。

(i) 法の関連条項で指定された料金の 2 倍または

(ii) 強制されるレートまたはレート。または

(ii) 強制された利率または利率の 2 倍。または

(iii) 20% の割合。

(iii) 5% の割合。

  • セクション 206CC:このセクションは、ユーザーが PAN を提供できない場合に適用されます。

  • セクション 206 CCA:このセクションは、ユーザーが 2 年間返すのに失敗した場合に適用されます。

それぞれのセクションでは、税金の収集を担当する担当者が、次の場合よりも高い税率を適用する必要があります。

税金を収集する必要がある - 206CC -PAN の送信に失敗する

税金は収集する必要があります。206CCA - 2 年間の返品に失敗します。

i) 法の関連条項で指定された料金の 2 倍または

(i) 法の関連条項で指定された料金の 2 倍または

(iii) 5% の割合。

(iii) 5% の割合。

さらに、セクション 206AB のサブセクション (2) では、セクション 206AA と 206AB の両方が該当する場合(つまり、指定されたユーザーが PAN を提出していないだけでなく、返品を申請していない場合)、税は、両方のセクションの間で高いレートで差し引かれる必要があります。つまり、セクション 206AA と 206AB の間で、より高い料金で TDS を差し引く必要があります。

TDS /TCS の設定 (リターンの非ファイルに対して高いレート)

ユーザーには、このシナリオを処理するための 2 つのオプションがあります。

  • 特定の TDS/TCS タイプの追加のしきい値定義を定義する

  • 特定の TDS/TCS タイプに対して追加の保有税コードと保有税グループを作成する

推奨される方法は、非ファイルの "追加のしきい値定義を定義する" 方法です。

しきい値の定義を定義する

(TDS タイプのレンタルの場合)

  1. [税の設定>の設定>しきい値の定義>参照してください。

  2. [新規] を選択する

    1. 名前: レンタル

    2. 説明: Rent-194 I

リターンのファイリング以外の追加のしきい値定義を作成します。

  1. [新規] を クリックします。

    1. 名前: RNF のレンタル

    2. 説明: Rent-194I return not filed.

  2. [しきい値 デザイナー] をクリック>[新しい> 全般]> します

最初の床版を定義する

  1. (4\1\2021) から有効な日付範囲を入力する - 有効から(3\31\2022)

  2. しきい 値下限 (0.00) 、 上限 (2,40,000) を定義します。

  3. [ 計算方法]> 型> 累積 (最終レベル (はい) ) を選択します。

第 2 の版版を定義する

  1. [新規]をクリック>[一般>定義] をクリックします

    1. 日付範囲: 有効開始日(4\1\2021),有効開始日(3\31\2022),

    2. しきい値下限 (2,40,000.00)、 上限 (0.00)。

    3. 型: 累積 (最終レベル (はい))。

  2. フォームを閉じます。

リターンのファイリング以外のしきい値の定義を定義します。

最初の床版を定義する

  1. [しきい値 デザイナー] の [>RNF] をクリックします。

  2. [New >General]をクリックします。

    1. 日付範囲: 有効開始日(4\1\2021),有効開始日(3\31\2022),

    2. しきい値の制限: 下限 (0.00) ,上限 (2,40,000)

    3. 「> (最終レベル (はい)) 」と入力します。

第 2 の版版を定義する

  1. [しきい値 デザイナー] をクリック>[新しい> の>をクリックします

    1. 日付範囲: 有効開始日(4\1\2021),有効開始日(3\31\2022),

    2. しきい値の制限: 下限 (240000.00)、上限 (0.00)

    3. 「> (最終レベル (は ))」と入力します。

  2. フォームを閉じます。

[レンタル] の [保有税] コンポーネント グループを作成します。

  1. [税の設定]>[>の税コンポーネント グループ] に移動します

  2. [ 新しい>税の種類 (TDS)>の税コンポーネント グループ (レンタル) を選択します。

  3. [全般 ]

    1. Status (Resident)

    2. セクション コード (94 I)

  4. フォームを閉じます。

[レンタル用の保有税] コンポーネントを作成する:

  1. [税の設定]>の>の設定] に移動します。

  2. 新規での C のなめし

    1. 税の 種類 (TDS)

    2. 保有税コンポーネント (レンタル)

    3. 保有税コンポーネント グループ (レンタル)

    4. 説明(レンタル)

[レンタル] の保有税コードを作成する:

  1. [税コードの > に関する情報] に移動>

  2. [新規] を選択する

    1. 保有税コード (194 I をレンタル)

    2. 差し引き税名 (新しい法律を借りる)

    3. 通貨 (INR)

    4. メイン アカウント (202122)

    5. 受け 入期間 (TDS)

    6. 税の種類 (TDS)

    7. しきい値の適用(はい)

    8. 保有税コンポーネント(レンタル)。

  3. [しきい値参照 ] をクリックします

  4. [新規] を クリックします。

    注: ベンダー用に別のグループを作成し、この 2 年間返品を要求していないユーザーは、このようなベンダーにこのグループを添付する方が良いです。

    1. アカウントの種類 (ベンダー)

    2. アカウント コード (グループ)

    3. アカウントまたはグループ (60)

    4. しきい値 (RNF のレンタル)。

  5. [新規] を クリックします。

    1. アカウントの種類 (ベンダー)

    2. アカウント コード (すべて) 

    3. アカウントまたはグループ (空白)

    4. しきい値 (レンタル)

  6. [しきい値デザイナー ] をクリックします

  7. しきい値"Rent RNF" が設定された行を選択>税額

  8. [新しい ウィンドウ] >PAN 状態 (使用できません) をクリックします。

    1. 以前の非課税を計算する (はい)

    2. 税額の計算 (はい)

    3. ターンオーバーベースを含める (はい)

    4. (0.00)

  9. [New > PAN  status (Received) をクリックします。

    1. 以前の非課税を計算する (はい)

    2. 税額の計算 (はい)

    3. ターンオーバーベースを含める (はい)

    4. (0.00)。

  10. 税額の累積 2 行目> を選択します

  11. [新しい ウィンドウ] >PAN 状態 (使用できません) をクリックします。

    1. 以前に非タクセンスを計算する (はい)

    2. 税額の計算 (はい)

    3. ターンオーバーベースを含める(はい)

    4. (20.00)

  12. [New > PAN  status (Received) をクリックします。

    1. 以前に非タクセンスを計算する (はい)

    2. 税額の計算(はい)

    3. ターンオーバーベースを含める(はい)

    4. (20.00)

  13. フォームを閉じます。

  14. [新規] を クリックします。

    1. アカウントの種類 (ベンダー)

    2. アカウント コード (すべて)

    3. しきい値(レンタル)

  15. [しきい値デザイナー ] をクリックします

  16. 税額の累積 1 行目>を選択します

  17. [新しい ウィンドウ]>PAN 状態 (使用できません) をクリックします。

    1. 以前に非タクセンスを計算する (はい) 

    2. 税額の計算(はい)

    3. ターンオーバーベースを含める(はい)

    4. (0.00)

  18. [New > PAN status (Received) をクリックします。

    1. 以前に非タクセンスを計算する (はい)

    2. 税額の計算 (はい)

    3. ターンオーバーベースを含める(はい)

    4. (0.00)

  19. フォームを閉じます。

  20. [税額] の累積 2 行目>を選択します

  21. [新しい ウィンドウ]>PAN 状態 (使用できません) をクリックします。

    1. 以前の非課税を計算する (はい)

    2. 税額の計算 (はい)

    3. ターンオーバーベースを含める (はい)

    4. (20.00)

  22. [New > PAN status (Received) をクリックします。

    1. 以前の非課税を計算する (はい)

    2. 税額の計算 (はい)

    3. ターンオーバーベースを含める (はい)

    4. (10.00)

  23. フォームを閉じます。

  24. [Tax > Indirect taxes> Holdholding taxs>グループ] に移動します。

  25. [新規] を クリックします。

    1. 保有税グループ (194 I をレンタル)

    2. 説明 (レンタル 194 I New law)

    3. 税の種類 (TDS)。

保有税グループ "Rent 194 I" を作成する

  1. [Tax >Holding Tax> Holding Tax code ]に移動します。

  2. 新しい保有税グループ "Rent 194 I" を作成する

  3. [>税コード "Rent 194 I" を追加します。

  4. [デザイナー] を クリックします

  5. [新規] を クリックします。

    1. 税コード (レンタル 194 I)

  6. フォームを閉じます。

[差し引き税グループ] を仕入先アカウントにアタッチします。

  1. [買掛金 ] に移動する

  2. [INMF-000005] を選択します。

    1. グループ (60)

    2. 請求書と配送 

      1. 差し引き税 (はい)

      2. TDS グループ (レンタル 194 I)

ベンダーの PAN 情報を更新します。

  1. [税情報 ] に移動する

    1. PAN 状態(受信済み) 

    2. 数値 (AUNPP6767E)

  2. フォームを閉じます。

2 つのシナリオを投稿する

ベンダーは、この 2 年間、返品を要求していない。

レンタル (会社) の通常の税率 - 10%

新しいプロビジョニングに従って、以下のレートの上位が適用されます。

  • 指定されたレートの 2 倍 、つまり 20%

  • 5% の割合:

ベンダーは、この 2 年間の返品を行いました。

シナリオ -1: ベンダーが過去 2 年間返品を要求し、PAN 情報を提供していない

請求書の仕訳を作成して投稿する

  1. [仕入先の請求書]>支払い>に移動します。

  2. [新規] を クリックします。

    1. アカウントの種類 (ベンダー)

    2. アカウント (INMF-000005)

    3. 請求書 (IN-8)

    4. クレジット (250000.00) 

    5. オフセット アカウントの種類 (台帳)

    6. オフセット アカウント (600120)

  3. [差し 引き税] をクリックします

保有税は、設定されたパーセント (20.0) に基づいて計算されます。 このベンダーの場合は、ベンダーが最後の 2 年間返品を要求していないためです。

シナリオ -2: ベンダーは過去 2 年間の返品を要求し、PAN 情報も提供します。

請求書の仕訳を作成して投稿する

  1. [仕入先の請求書]>支払い>に移動します。

  2. [新規] を クリックします。

    1. アカウントの種類 (ベンダー)

    2. アカウント (INMF-000001)

    3. 請求書 (IN-06)

    4. クレジット (250000.00)

    5. オフセット アカウントの種類 (台帳)

    6. オフセット アカウント (600150)

  3. [差し 引き税] をクリックします

保有税は、設定されたパーセント (10.0) に基づいて計算されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×