サーバーの再起動後に Windows Token Service (c2WTS) の要求が開始されない

現象

Windows Token Service (c2WTS) へのクレームは、再起動後に自動的に開始することはできません。 また、アプリケーションイベントログには、c2WTS がタイムアウトしたことと、暗号化サービスが開始された後のエントリでも表示されます。 C2WTS が自動的に開始された場合、アプリケーションイベントログには、c2WTS の前に開始される暗号化サービスサービスが表示されます。 これは、Windows サービスへのクレームが1つ以上のサーバーで構成されている場合に、SharePoint 2010 で特に発生する可能性があります。

原因

Windows Token Service (c2WTS) へのクレームは暗号化サービスに依存していますが、この依存関係はサービス定義に追加されません。 サービスの実行順序は、サービスの依存関係で定義されていない限り、特定の順序で行われることは保証されないため、c2WTS サービスがタイムアウトして開始できない断続的な問題が発生する可能性があります。 Application Event Viewer の概要については、「c2WTS が開始されている間に暗号化サービスサービスが開始されました。 c2WTS は、SharePoint の依存関係の1つである Windows Identity Foundation フレームワーク (WIF) の一部です。 フレームワークのインストールには、サービスの依存関係が自動的に含まれません。

解決方法

解決策として、サービス定義に依存関係を明示的に追加することで、c2WTS が開始される前に、Cryptographic Services サービスが確実に開始されるようにします。 次の手順に従って、依存関係を追加します: 1。 コマンドプロンプトウィンドウを開きます。 2. Type: sc config c2wts 依存 = cryptsvc 3。 サービスコンソールで、Windows Token Service への要求を見つけます ([開始] をクリックします)。実行 |services.msc)。   4. サービスのプロパティを開きます。 5.  [依存関係] タブを確認します。 暗号化サービスが表示されていることを確認します。 6. [OK] をクリックします。 次にシステムを再起動すると、c2WTS が開始される前に暗号化サービスが開始され、依存関係の問題と断続的な問題が解決されます。 SharePoint 2010 を使用している場合は、サービスを実行しているすべてのサーバーでこの処理を実行する必要があります。

詳細情報

PerformancePoint Services の id 委任 (SharePoint Server 2010) http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg502603.aspx

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×