注: Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは廃止され、2022 年 6 月 15 日にサポートが終了します (範囲の一覧については 、FAQを参照してください)。 現在使用しているのと同じ IE11 アプリとサイトを、Microsoft EdgeモードInternet Explorerできます。 詳細については、こちらを参照してください

現象

セキュリティで保護された Web サイトに接続しようとして、セキュリティで保護された Web サイトに接続Windows Internet Explorer、次の警告メッセージが表示される場合があります。

この Web サイトのセキュリティ証明書に問題があります。 この Web サイトによって提示されたセキュリティ証明書は、信頼された証明機関によって発行されません。

セキュリティ証明書の問題は、サーバーに送信するデータを傍受しようとしたり、傍受しようとしたりする可能性があります。
この Web ページを閉じて、この Web サイトに進み続けはお勧めしません。

解決策

この問題を解決するために、セキュリティで保護された Web サイトをホストする組織は、サード パーティ プロバイダーから各 Web サーバーの証明書を購入できます。 または、組織は、Active Directory フォレストに Microsoft Enterprise証明機関をインストールできます。 その後、組織は、この証明機関を使用して、Web サーバーごとに証明書を生成できます。

注意 組織の Active Directory フォレストに属していないクライアント コンピューターのユーザーは、証明機関 Web サイトにアクセスして証明書をダウンロードできます。

回避策 

この問題を回避するには、Microsoft Windows Small Business Server 2003 (Windows SBS) の自己署名証明書をクライアント コンピューターにインストールします。 この場合、次の手順を実行します。

  1. このWindows Internet Explorer、この Webサイトに進む (推奨されません) をクリックします

    赤いアドレス バーと証明書の警告が表示されます。

  2. [証明書エラー ] ボタンを クリックして情報ウィンドウを開きます。

  3. [ 証明書の表示] をクリックし、[証明書のインストール ] をクリックします

  4. 表示される警告メッセージで、[はい] を クリックして 証明書をインストールします。

注意事項

  • Vista Windows、自己署名証明書でも同じ問題が発生します。 ただし、管理者権限で証明書を実行しない限り、証明書Windows Internet Explorer使用できません。 これを行うには、[管理者] アイコンを右クリックInternet Explorer、[管理者として実行] を選択します

  • クライアント コンピューターが Windows Server 2003 で実行されている Web サーバーに接続すると、クライアント コンピューターは証明機関の証明書を再利用します。 クライアント コンピューターでは、証明機関によって署名された別の証明書は使用できません。

詳細情報

この問題は、日付/時刻が Web サーバーの SSL 証明書の有効期限より後に設定されている場合に発生する可能性があります。

Web サイトのセキュリティ証明書の問題の詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

証明書エラーについて (Windows Vista)

証明書: よく寄せられる質問 (Windows Vista)

証明書エラーについて (Windows 7)

証明書: よく寄せられる質問 (Windows 7)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×