概要

この記事では、デバッグ診断 v1.2 ツールを使用して、応答を停止した Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) プロセスのトラブルシューティングを行う方法について説明します。

Inetinfo.exe、Dllhost.exe、W3wp.exe などの IIS プロセスが応答を停止 (ハング) すると、次の現象が発生する可能性があります。

  • Web ページが正しく読み込めなくなります。 たとえば、Web ページが空白または応答を停止したとします。

  • IIS を実行しているサーバーでパフォーマンスが低下します。 たとえば、Web ページを表示しようとして進行状況バーが非常に遅く移動したり、ステータス バーに次のようなメッセージが表示される場合があります。

    Web サイトが見つかりました。 応答の待機中

  • IIS 6.0 以上を実行しているサーバーでは、次のような警告メッセージがシステム ログに書き込まれます。

    警告メッセージ 1

    警告メッセージ 2Note IISService は、コンピューターで実行されている IIS サービスです。 ProcessID は、コンピューターで実行されているプロセスのプロセス ID です。

この記事では、デバッグ診断ツールをインストールする方法と構成方法について説明します。 デバッグ診断ツールを使用して、応答を停止した IIS プロセスのトラブルシューティングを行います。

詳細情報

IIS プロセスが応答を停止した場合は、IIS がクライアント要求を処理している間に、IIS プロセスの完全なメモリ ダンプ ファイルを作成することをお勧めします。 デバッグ診断ツールを使用すると、IIS がクライアント要求を処理するときにキャプチャされるメモリ ダンプ ファイルをキャプチャおよび分析できます。

デバッグ診断ツールをインストールして構成するには、次の手順に従います。

  1. デバッグ診断ツールをダウンロードしてインストールします。 デバッグ診断ツールをインストールするには、次の Microsoft Web サイトにアクセスしてください:

    http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=26798 注 IIS 6.0 以上で使用するためのデバッグ診断ツールを構成する場合は、手順 3 に進みます。

  2. Microsoft インターネット インフォメーション サービス 5.1 および Microsoft インターネット インフォメーション サービス 5.0 では、デバッグ例外キャッチ機能をオフにします。 この場合、次の手順を実行します。

    1. [ スタート] をクリックし 、[実行] をクリックしInetmgr.exe、[OK] を クリックします

    2. 構成するコンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリック します

    3. [マスター プロパティ ] の一覧 で [ WWW サービス] をクリックし、[編集] を クリックします

    4. [ホーム ディレクトリ ] タブで、[ 構成] を クリックします

    5. [プロセス オプション] タブで、[デバッグ例外キャッチを有効にする] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします

    6. IIS を再起動します。 この変更を有効にするには、IIS を再起動する必要があります。

  3. 次のいずれかの方法を使用してダンプ ファイルを作成します。

    • パフォーマンス ルールを作成します。 この場合、次の手順を実行します。

      1. [ スタート] をクリック し、[実行] をクリックし、デバッグ診断ツールのパスを入力して、[OK] をクリック します

        注意 既定では、デバッグ診断ツールは C:\Program Files\DebugDiag フォルダーにあります。

      2. [ルール] タブで 、[ルールの追加 ] をクリックします

      3. [パフォーマンス] をクリックし、[HTTP 応答時間] を選択し、[次へ] をクリックします

      4. [ URL の追加] をクリックし、問題が発生した Web サイトの URL を入力し、[ OK] をクリックし、[ い] をクリックして URL をテストします。

      5. [ OK] をクリックし、[次へ] を クリックします

      6. [ダンプ ターゲットの追加] をクリックします

      7. [ターゲットの 種類] ボックスの 一覧で、対象の種類をクリックし、[OK] を クリックして、[次へ] をクリック します

      8. ルールの名前を入力し、ユーザー ダンプ ファイルの場所のパスを入力して、[次へ] をクリック します

      9. [今 すぐルールをアクティブ化する] をクリックし、[完了] を クリックします

      10. [ルール ] タブ で、[状態] 列のルール が [アクティブ ] であるのに注意 してください。

    • IIS ハング ダンプ ファイルを手動で作成します。 この場合、次の手順を実行します。

      1. [ スタート] をクリック し、[実行] をクリックし、デバッグ診断ツールのパスを入力して、[OK] をクリック します

        注意 既定では、デバッグ診断ツールは C:\Program Files\DebugDiag フォルダーにあります。

      2. [ツール] メニューの [ IIS/COM+ ハング ダンプの作成] をクリックします

    • プロセスのユーザー ダンプ ファイルを作成します。 この場合、次の手順を実行します。

      1. [ スタート] をクリック し、[実行] をクリックし、デバッグ診断ツールのパスを入力して、[OK] をクリック します

        注意 既定では、デバッグ診断ツールは C:\Program Files\DebugDiag フォルダーにあります。

      2. [プロセス ] タブ で、トラブルシューティングを行うプロセスを右クリックし、[Create Full Userdump]をクリックします

  4. ダンプ ファイルを分析します。 ダンプ ファイルを分析するには、次の手順に従います。

    1. [ スタート] をクリック し、[実行] をクリックし、デバッグ診断ツールのパスを入力して、[OK] をクリックします

      注意 既定では、デバッグ診断ツールは C:\Program Files\DebugDiag フォルダーにあります。

    2. [高度な 分析] タブで 、[データ ファイルの 追加] をクリックします

    3. 分析するダンプ ファイルを見つけてクリックし、[開く] をクリック します

    4. [高度な 分析] タブで 、[クラッシュ/ハング分析 ] をクリックし、[分析の開始] をクリックします

    5. Microsoft Internet Explorer に表示されるレポートを確認します。 このレポートのコピーは、\DebugDiag\Reports フォルダーにも格納されます。

注意 カスタム DLL のトラブルシューティングを行う場合は、カスタム PDB ファイルを含めることもできます。 カスタム PDB ファイルを含めるには、[ツール] メニューの [オプション] と [設定] をクリックし、[フォルダーと検索パス] をクリックし、[デバッグ用のシンボル検索パス] ボックスにパスを入力して、[OK] をクリックします。

参照情報

デバッグ診断ツールを使用して IIS プロセスによる高い CPU 使用率のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

919791 デバッグ診断ツールを使用して IIS

のプロセスによる高い CPU 使用率のトラブルシューティングを行う方法デバッグ診断ツールを使用して IIS プロセスによるメモリ使用率の高いトラブルシューティングを行う方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

919790 IIS デバッグ診断ツールを使用して IIS

プロセスのメモリ リークのトラブルシューティングを行う方法デバッグ診断ツールを使用して予期せず終了する IIS プロセスのトラブルシューティングを行う方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

919789 デバッグ診断ツールを使用して、予期せず停止する IIS プロセスのトラブルシューティングを行う方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×