はじめに

Microsoft SQL Server 2008 R2 を作成するこの資料の一覧は、SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされています。

詳細

ビルド10.50.1817.0(累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2012 年 6 月 18 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1815.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2703280関数形式は、SQL Server 2008 R2 の 14 のパッケージを更新します。
ビルド 10.50.1815.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2012 年 4 月 16 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1810.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2679366関数形式は、SQL Server 2008 R2 の 13 のパッケージを更新します。
ビルド 10.50.1810.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2012 年 2 月 20 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1809.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2659692関数形式は、SQL Server 2008 R2 の 12 のパッケージを更新します。
ビルド 10.50.1809.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 12 月 19 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1807.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。


2633145SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 11

ビルド 10.50.1807.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 10 月 17 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1804.0 です。
このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2591746関数形式は、SQL Server 2008 R2 の 10 のパッケージを更新します。

ビルド 10.50.1804.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 8 月 15 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1797.0 です。
このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします

2567713累積では、SQL Server 2008 R2 のパッケージ 9 を更新します。
ビルド 10.50.1797.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 6 月 20 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1777.0 です。
このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2534352累積では、SQL Server 2008 R2 のパッケージ 8 を更新します。
ビルド 10.50.1777.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 4 月 18 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1765.0 です。
このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 7 2507770
ビルド 10.50.1765.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2011 年 2 月 21 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1753.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 6 2489376
ビルド 10.50.1753.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 12 月 20 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1746.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 5 2438347
ビルド 10.50.1746.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 10 月 18 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1734.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 4 2345451
ビルド 10.50.1734.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 8 月 16 日にリリースされました。

このビルドのビルド番号は 10.50.1720.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server 2008 R2 の累積的な更新パッケージ 3 2261464
ビルド 10.50.1720.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 6 月 21 日にリリースされました。


このビルドのビルド番号は 10.50.1702.0 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 2 2072493
ビルド 10.50.1702.0 (累積的な更新)

この累積的な更新プログラム パッケージは、2010 年 5 月 17 日にリリースされました。


このビルドのビルド番号は 10.50.1600.1 です。

このビルドの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 981355

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。

935897 「の増分サービス モデルは、SQL Server チームは、報告された問題に対する修正プログラムを提供



SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。

Microsoft SQL Server ソフトウェアの822499の名前付けスキーマの更新プログラム パッケージ

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×