設定で目的の言語とは異なる言語で記述されたページを開くと、Microsoft Edge自動的に翻訳を求めるメッセージが表示されます。

翻訳アイコン Translatorは、外国語で記述された Web ページに移動すると、アドレス バーに表示されます。 言語が設定の優先言語の一覧に含まれていない場合、言語は外部言語と見なされます。 一覧から言語を追加または削除するには、Microsoft Edgeで、>言語設定>その他設定 に移動します

Microsoft Edgeで Web ページを翻訳する 

  1. Microsoft Edgeで Web ページを開きます。 ブラウザーによってページの言語が検出され、ページを翻訳するかどうかを確認するメニューが表示されます。

    翻訳パネルを確認する

  2. 次のいずれかの操作を実行します。

    • [ 翻訳元 ] ドロップダウンで、ページを翻訳する言語を選択します。 既定値は、Microsoft Edgeに設定した言語です。

    • ページを翻訳するには、[ 翻訳] をクリックします。

    • 常にソース言語から自動的に翻訳するには、[ [言語] から常に翻訳する] チェック ボックスをオンにします。

    • 翻訳をスキップするには、右下の一覧で [ 今すぐ翻訳しない ] を選択して翻訳をスキップするか、[ 言語] を翻訳しない を選択すると、その言語を使用してページに移動したときにパネルが表示されなくなります。

      [翻訳しない] を選択する
       

      注: [ 翻訳しない] オプションを選択した場合でも、後でこのパネルに手動で戻ることができます。

  3. アドレス バー内には、ページが翻訳されたことを示す状態が簡単に表示されます。



    検索バーの翻訳済み状態 アドレス バーで翻訳アイコン Translator を選択すると、表示されるメニューにも状態が表示されます。

    翻訳の状態を示すパネルMicrosoft 翻訳ツール。

Web ページを手動で翻訳する 

特定の言語を翻訳しないようにMicrosoft Edgeを設定した場合は、翻訳を求める自動ポップアップは表示されません。 ただし、いつでも手動で翻訳できます。 

ページを別の言語に翻訳するには:

  1. アドレス バーの翻訳アイコン Translatorを選択します。

  2. [ 翻訳先] メニューで、翻訳する言語を選択します。

    翻訳する言語を選択する

  3. [翻訳] を選択します。

翻訳された Web ページを元の言語に戻す

  1. アドレス バーで、翻訳アイコン Translatorを選択します。

  2. [ 元の表示] を選択します。

    [元の表示] をクリックします

Microsoft Edgeでの翻訳のオン/オフを切り替える

既定では、Microsoft Edgeはページの翻訳を自動的に求めます。

この設定を変更するには:

  1. ブラウザーの右上隅にある設定などを選択 null>を<する >設定

  2. [ 言語] を選択します

  3. オファーを有効または無効にして、読んだ言語ではないページを翻訳します。

既定では、Microsoft Edgeはシステムと同じ言語を使用します。 Microsoft Edgeでさまざまな言語を使用する方法の詳細については、別の言語でMicrosoft Edgeを使用する方法について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く

トレーニングの探索 >

新機能を最初に入手

Microsoft Insider に参加する >

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×