Microsoft 365 のサブスクライバーの場合は、ドキュメント、プレゼンテーション、ブックおよびMicrosoft 365 の SharePointで使用できる何千ものロイヤリティフリーの画像やアイコンなどを利用できます。 ただし、そのようなクリエイティブ コンテンツに対して、何か法律的に問題がないかと疑問に思うこともあるでしょう。 この記事では、その方法について説明してみます。

適用可能な Microsoft Office ライセンスがあれば、そのコンテンツを使用できるので、使用許諾契約書 (EULA) を確認して Office と SharePoint で作成された作業を正確に把握する必要があります。

つまり...

プレミアム画像やその他のクリエイティブ コンテンツは、Office アプリまたは SharePoint サイトにある限り、自由に使用できます。 商用のお客様の場合、これには、以前のファイルを販売した場合と同様に、スライドデッキ、 Excelブック、または Wordドキュメントが含ま PowerPointれます。

これには、Office ファイルの別のファイル形式へのエクスポートが含まれます。 画像を変更したり、ファイルで永続的に使用したり、世界中のどこででも使用できます。 基本的には、以前に作成したMicrosoft Office ドキュメントと同じ操作を行いますが、[画像の挿入] ダイアログボックスのストック画像やその他のコンテンツを含めることができます。

選択するたくさんのストック画像を表示するコンテンツ ピッカー。

サード パーティ製のストック画像サイトから画像を取得する方法とはどのように異なるのですか?

Office または SharePoint から取得するコンテンツと、一般的に使用するためのOffice の画像ライセンスがないストックサイトから取得するコンテンツは違うため、Office や SharePoint 以外の画像を使用することができませんので、別のコンテキストで使用します。 Office以外にコピー ペーストする、または画像を選択して、右クリックのコンテキスト メニューから [名前を付けて保存] を使用すると、 Office以外で画像を取り込む一般的な操作例があります。

ストックサイトから購入した場合は、そのサイトのライセンスに準拠する限り、どこにでも自由に画像を使うことができます。

概要

次の操作を実行できます。

次の操作はしないでください。

プレゼンテーション、ブック、ドキュメント、SharePoint チーム サイト、または共有または販売されている他の Office ファイルに、クリエイティブ コンテンツが含まれます。

クリエイティブコンテンツをコピーして、他のコンテキスト (web サイトや製品など) に使用するためにサードパーティのアプリケーションに貼り付けます。

これらのファイルを PDF や ODF などの他の形式にエクスポートします。

[名前を付けて保存] を使用して、Office 以外の別の画像ファイルとしてプレミアム クリエイティブ コンテンツを保存します。

関連項目

Microsoft 365 に画像やアイコンなどを挿入する

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×