マウスの既定のボタンとホイールの割り当て

次の表に、Microsoft マウス製品の既定のボタンの割り当てを示します。

注: 表示されている機能がすべてのマウス モデルで使用できるわけではありません。

ボタン

アクション

使用方法

[

画面上の項目にポインターを移動し、左ボタンをすばやく押して離します。

ダブルクリック

画面上の項目にポインターを移動し、左ボタンをすばやく 2 回押して離します。

オブジェクトをドラッグ

画面上の項目にポインターを移動し、左ボタンを押したままポインターを移動して新しい場所にオブジェクトを移動した後、左ボタンを離します。

右クリック

適切な画面の場所にポインターを移動し、右ボタンを押してショートカット メニューまたはその他のプログラム固有の機能を表示します。

ホイール

垂直スクロール

スクロール可能なウィンドウで、ホイールを手前に回転させて下にスクロールし、向こう側に回転させて上にスクロールします。

水平スクロール (一部のモデルのみ)

スクロール可能なウィンドウで、ホイールを左に傾けて左にスクロールし、右に傾けて右にスクロールします。

タッチ センサー (一部のモデルのみ)

タッチ センサーを搭載したデバイスの場合、指を上下または前後にスライドしてスクロールします。

ズーム

一部のプログラム (Microsoft Word や Microsoft Excel など) で、Ctrl キーを押しながらスクロールすることで、画面の表示倍率を増減できます。

ホイール

中央クリック

ボタンのようにホイールを押して、より多くの機能にアクセスできます。 一部のプログラムでは、プログラム固有の機能に中央クリックを使用できます。 たとえば、Internet Explorer 7 では、リンクを中央クリックして、新しいタブでリンクを開くことができます。

フリップ、フリップ 3D、インスタント ビューアー タスク ビュー

開いているすべてのプログラムを表示する方法を選択します。フリップでは、実行中のすべてのプログラムのサムネイル画像をプレビューすることができます。 フリップ 3D では、同時に開いているすべてのウィンドウを順に切り替えることができます。 フリップやフリップ 3D が使用できない場合、このキーは、インスタント ビューアー/タスク ビューを開き、すべての開いているアイテムをサムネイル画像のグリッドに表示します。

その他の割り当て可能なボタン

その他のボタンは、既定では割り当てられていない場合も、既定の割り当てが存在する場合もあります。たとえば、戻ると進むは、Web ブラウザーなど、戻るおよび進むコマンドをサポートするプログラム内で前に戻ったり、次に進んだりすることができます。 拡大は、画面の一部のテキストや画像を拡大します。

専用のボタン

一部のマウス モデルには、発表者用ボタンやゲーム用ボタンなど、再割り当てすることができない専用の機能を備えたボタンがあります。

すべてのボタン割り当てオプションの一覧

マウスで設定できるボタンの割り当てについて説明した一覧表については、ここをクリックしてください。

割り当て

説明

[

ポイントしているオブジェクトを選択したり、カーソルを配置したりします。また、テキストやオブジェクトをある場所から別の場所にドラッグします。

右クリック

ショートカット メニューを表示します。

次のウィンドウ

次のウィンドウを作業中のウィンドウにします。

前のウィンドウ

前のウィンドウを作業中のウィンドウにします。

ブラウザーの戻るボタン

ブラウザー ウィンドウで、閲覧していた最後のページを表示します。

ブラウザーの進むボタン (ブラウザー)

ブラウザー ウィンドウで、[戻る] ボタンをクリックする前に閲覧していた最後のページを表示します。

中央クリック

一部のプログラムでは、中央クリックによってプログラム固有の機能を使用できます。 たとえば、Internet Explorer 7 では、リンクを中央クリックして、新しいタブでリンクを開くことができます。

このボタンを無効にする

マウス ボタンを無効にします。

Alt

キーボードの Alt キーを押す場合と同じように機能します。

クリックロックのオン/オフ

クリックロックの有効と無効を切り替えます。 これは、[アクティビティ] タブでクリックロックを有効または無効にするのと同じ効果があります。

閉じる

作業中のドキュメントまたはウィンドウを閉じます。

コピー (Ctrl + C)

選択したテキストや項目をクリップボードにコピーします。

Ctrl

キーボードの Ctrl キーを押す場合と同じように機能します。

切り取り (Ctrl + X)

選択したテキストや項目を切り取って、クリップボードに格納します。

Shift

キーボードの Shift キーを押す場合と同じように機能します。

削除:

選択したテキスト、項目、またはその他のオブジェクトを削除します。

デジタル インクのオン/オフ

(全画面表示モードで) Microsoft PowerPoint プレゼンテーションでスライドに注釈を付けることができます。

ダブルクリック

シングルクリックを使用してダブルクリックを表すことができます。

Enter

コマンドや制御を開始したり、選択した項目の操作を実行したりすることができます。

プログラムの終了

選択したプログラムを閉じます。

フリップ/フリップ 3D

フリップでは、実行中のすべてのプログラムのサムネイル画像をプレビューできます。 フリップ 3D では、開いているすべてのプログラムが、すばやく切り替えまたはスクロールできる 3 次元表示のタイルのセットとして表示されます。 フリップやフリップ 3D が使用できない場合、このキーは、インスタント ビューアーを開き、すべての開いているアイテムをサムネイル画像のグリッドに表示します。

ゲームの切り替え

ゲーム中に最大 2 つのお気に入りのキー シーケンスを記録および再生できます。

インスタント ビューアー

開いているすべてのアイテムをサムネイル画像のグリッドに表示します。

マクロ

マクロ エディターを開き、新しいマクロを作成したり、既存のマクロを割り当てまたは変更したりすることができます。

拡大

画面の任意のセクションのテキストや画像を拡大できます。

最大化

選択したウィンドウを最大化できます。

最小化

選択したウィンドウを最小化できます。

新規

新しいドキュメントやファイルを作成できます。

オープン

既存のドキュメントやファイルを開くことができます。

貼り付け (Ctrl + V)

クリップボードのテキストや項目を貼り付けます。

クイック ターン

ゲームのキャラクターを回転させて反対方向に向かせることができます。

やり直し

直前の操作を繰り返します。

Shift

キーボードの Shift キーを押す場合と同じように機能します。

デスクトップの表示/非表示

開いているすべてのウィンドウを最小化/最大化します。

元に戻す (Ctrl + Z)

前の操作を元に戻します。

拡大

画面の表示倍率を上げることができます。

縮小

画面の表示倍率を下げることができます。

キーの組み合わせ

マウスのボタンにキーボード ショートカットを割り当てることができます。

プレシジョン ブースター

ゲーム内の標的設定や写真編集などの高精度の作業用にポインターの速度を調整できます。

プログラム、Web ページ、またはファイルを開く (カスタム)

指定したプログラムまたはゲームを起動できます。

タスク ビュー

開いたままにしておくことができる新しいタスク ビュー インターフェイスを開くことができます。

アクション センターを開く

アクション センターを開くことができます。

Cortana を開く

Cortana を聞き取りモードで開くことができます。

OneNote を開く

OneNote を開くことができます。

新しいデスクトップの追加

新しい仮想デスクトップを追加できます。

前のデスクトップ

左側にある作成済みの仮想デスクトップに切り替えます。

次のデスクトップ

右側にある作成済みの仮想デスクトップに切り替えます。

デスクトップを閉じる

現在の仮想デスクトップを閉じます。

スクリーン クリッピング

現在のウィンドウのスクリーンショットを取得し、クリップボードにコピーします。

ウィンドウを左にスナップ

現在のウィンドウを画面の左側にスナップします。

ウィンドウを右にスナップ

現在のウィンドウを画面の右側にスナップします。

ウィンドウを上にスナップ

現在のウィンドウを画面の上側にスナップします。

ウィンドウを下にスナップ

現在のウィンドウを画面の下側にスナップします。

最近使ったアプリを切り替える

Windows 8/8.1 で、最近使ったアプリを切り替えます。

最近使ったアプリを開く

Windows 8/8.1で、最後にアクティブであったアプリを開きます。

アプリ コマンドの表示/非表示

Windows 8/8.1 で、アプリ バーを表示/非表示にします。

チャームを開く

Windows 8/8.1 で、チャーム バーを開きます。

検索

PC で検索ボックスを開きます。

共有

Windows 8/8.1/10 で共有を開きます。

デバイス

Windows 8/8.1 で、チャーム バーのデバイスを開きます。 Windows 10 では、接続を開きます。

設定

Windows 8/8.1/10 で設定を開きます。

Windows スタートに移動

Windows スタートを開きます。

PageUp

1 ページ上にスクロールします。

PageDown

1 ページ下にスクロールします。

PrintScreen

画面を出力します。

ガジェット

Windows 7 のデスクトップにガジェットを表示します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×