現象

大規模なまたは破損しているプロパティを持つメールボックスを移動した後、または- IgnoreRuleLimitErrorsスイッチを使用してメールボックスを移動した後、Microsoft Exchange Server 2013 で重複しているフォルダーが作成されます。

たとえば、タスク、Task1、連絡先、Contacts1、およびように参照してください可能性があります。また、フォルダーの種類値は、「ユーザーの作成されました」

原因

この問題は、移動中に [受信トレイ] フォルダーのプロパティのエラーが発生した場合、メールボックス フォルダーのプロパティが削除されるために発生します。このようなエラーは、受信トレイの既定フォルダーの参照の移行を防止します。移行後、既定のフォルダーは、再作成します。

解決策

この問題を解決するには、 Exchange Server 2013 の累積的な更新プログラム 9をインストールします。

回避策

原因の場合、問題を回避するのには-IgnoreRuleLimitErrorsスイッチを Exchange Server 2013 でことはありませんと新規 MoveRequestコマンドレットには、このスイッチを使用します。このスイッチが原因で重複しているフォルダーの問題が発生します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この問題が発生すると、 Get MailboxFolderStatisticsコマンドレットを実行して、複製されたフォルダーの一覧を表示できる場合があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×