現象

以前のバージョン以降 [無視] Microsoft Outlook 2010を使用すると、メッセージは自動的に [削除済みアイテム] フォルダーに移動されます。

この問題が発生すると、メッセージ追跡はDefaultFolderType:DeletedItems-Conversations Processing Agent イベントを示します。 このイベントをトリガーするメール メッセージは、[削除済みアイテム] フォルダーに直接配信されます。

原因

この問題は、メール メッセージで [無視] を選び、同じスレッドの別のメッセージがメールボックスに配信される場合に発生します。

メール メッセージ [無視] を選択すると、そのメール メッセージが削除され、無視したメッセージに関連する今後のすべてのメール メッセージも追跡されます。 最初に無視したメッセージに関連する今後のメッセージが受信トレイに届いた場合、Outlook は今後のメッセージを自動的に [削除済みアイテム] フォルダーに移動します。

メモこの機能は、次の構成では使用できないか、機能しません。

  • Outlook のオンライン モード プロファイル

  • Microsoft Exchange Server 2007 または Microsoft Exchange Server 2003 メールボックス

解決方法

この問題を解決するには、メール スレッドの[無視] 状態を削除します。 この場合、次の手順を実行します。

  1. [削除済みアイテム] フォルダーを選択します。

  2. 現在、Outlook で無視されるメッセージを選択します。

  3. リボンの [ホーム] タブの [削除] セクション [無視] をクリックします。

    メモ メッセージが無視されるかどうかは、リボンの [無視] コントロール の状態 で確認できます。 次の スクリーン ショット に示すように、[無視] コントロールが強調表示されている場合、そのメッセージの会話スレッドは現在 Outlook によって無視されています。

    Outlook 2016

    代替テキスト

    Outlook 2013

    代替テキスト

    Outlook 2010

    代替テキスト
  4. メッセージが表示されたら、[スレッドの無視を 停止] をクリックします

この時点で、メッセージは自動的に [削除済みアイテム] フォルダーからメッセージの送信元フォルダーに移動されます。 このスレッドの今後のメッセージは自動的に削除されません。

スレッドで [無視] オプションを有効にすると、メールボックスの [スレッド アクションの設定] フォルダーの [関連コンテンツ] テーブルにメッセージが作成されます ([スレッド アクションの設定] フォルダーのスクリーン ショットは次のスクリーン ショットに表示されます)。


代替テキスト
[スレッド アクションの設定] フォルダーに関連付けられているメッセージは、次のルールを使用します。

  • スレッドに 14 日間アクティビティがない場合、スレッドの会話アクション メッセージは自動的に削除されます。

  • スレッド アクション メッセージの年齢は、スレッドの最も古いメッセージによって決まります。

  • 次のレジストリ データを使用して、スレッド アクション メッセージの有効期限が切れる日数を変更できます。

    サブキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Options\Conversations DWORD : OnGoingActionsExpiration 値 : 非アクティブな会話の会話アクション メッセージが削除された日数を指定する整数型です。<x.0> プレースホルダーは、使用している Office のバージョン



    (16.0 = Office 2016) を表します。 Office 365 および Office 2019 では、15.0 = Office 2013、14.0 = Office 2010)。

  • Outlook を起動するには、次のコマンド ラインを使用して、[スレッド アクション] フォルダーの [関連付けられたコンテンツ] テーブル内のすべてのスレッド アクション メッセージを削除します。



    Outlook.exe /CleanConvOnGoingActions/CleanConvOnGoingActionsスイッチによってスレッド アクション メッセージが削除されたスレッドは、受信トレイに再び表示されません。 会話は [削除済みアイテム] フォルダーに残ります。 ただし、非表示の会話アクション メッセージは会話に対して存在しなくなったため、会話の新しいメッセージは受信トレイに残ります。

また、使用しているアプリケーションのバージョンに応じて、このExchange Server動作を変更できます。

  • 2007 Exchange Serverキャッシュ モード プロファイルでは、"無視" は SUBJECT に基づいて作成されます。 たとえば、件名に "ヘルプ" があるメッセージは、件名に "ヘルプ!" がある前のメッセージで [無視] をクリックした場合、自動的に削除済みアイテムに送信されます。

  • Exchange Server 2010 以降のバージョンでは、"無視" はスレッド ID に基づいており、同じ無視した会話に関連するメッセージだけが自動的に [削除済みアイテム] フォルダーに送信されます。

会話を 無視すると、アクションを確認する次のメッセージが表示されます。


代替テキスト
このダイアログ ボックスには、[このメッセージを再度表示しない] オプションも表示されます。 このオプションを有効にすると、次回メッセージを無視するように選択した場合は、[スレッドを無視] アクションを確認するように求めるメッセージは表示されません。 このオプションを有効にすると、次のデータがレジストリに書き込まれます。

キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Options\General String : PONT_STRING

: 63

                注 <x.0> プレースホルダーは、使用している Office のバージョンを表します (16.0 = Office 2016、Office 365、Office 2019、15.0 = Office 2013、14.0 = Office 2010)。

メモこのPont_Stringには、63 以外の数値が含まれる場合があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×