ユーザーのメールボックスのエイリアスが含まれています、"?"Exchange Server 2010 環境でのユーザーのメールボックスを作成するのには「」を有効にする-メールボックスのコマンドレットを実行した後に予期しない文字

Microsoft Exchange Server 2010 環境では、既存の Active Directory ユーザーのメールボックスを作成するを有効にするメールボックスのコマンドレットを実行します。ただし、ユーザーのメールボックスのエイリアスが含まれています"?"の文字が予期せずします。この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。

  • エイリアスのパラメーターがない場合、メールボックスを有効にするコマンドレットを実行するとします。

  • ユーザーの表示名には、「,」文字が含まれています。

この問題は、Exchange Server 2010 で有効にするメールボックスのコマンドレットには、エイリアスのパラメーターが指定されていない場合は、ユーザーの表示名に基づいてユーザーのメールボックスのエイリアスが生成されるために発生します。ただし、「,」文字は、エイリアスのパラメーターの有効な文字ではありません。したがって、表示名にこの文字が含まれている場合 Exchange Server 2010 は、文字を"?"の文字に変換します。

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。

Exchange Server 2010 Service Pack 1 更新プログラムのロールアップ 2 のの説明

この問題を回避するのには 2 つの方法もあります。

  1. Exchange 管理コンソールを使用します。
    一度に 1 つのユーザー アカウント用のメールボックスを有効にできます。メールボックスのエイリアスを指定できます。Exchange 管理コンソールの既存のユーザー用のメールボックスを有効にする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。


    複数のユーザーが同時に有効にするメールボックスのメモでは、メールボックスのエイリアス属性を指定することはできません。メールボックスのエイリアスは、Exchange Server 2010 で正しく生成可能性があります。

  2. Exchange 管理シェルを使用します。
    Exchange 管理シェルで有効にするメールボックスのコマンドレットを実行すると、エイリアスのパラメーターが存在することが可能です。有効にするメールボックスのコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×