概要

ソフトウェアの不正コピーを減らすために、すべてのマイクロソフトのお客様が期待どおりの品質の製品を受信するかどうかを確認するのにはマイクロソフトを含む製品のライセンス認証テクノロジでいくつかの製品。 この資料では、製品のライセンス認証を定義し、マイクロソフト製品のライセンス認証する時期と方法について説明します。 マイクロソフト ライセンス認証専用窓口に連絡する方法について説明し、追加の製品のライセンス認証のリソースが含まれています。

注:

  • この資料では、Microsoft 製品のライセンス認証の電話番号は表示されません。 世界中では地域の多くのマイクロソフト製品ライセンス認証専用窓口があります。 正しい地域のライセンス認証専用窓口にルーティングされるかどうかを確認するには、製品のライセンス認証ウィザードを使用します。

  • オンライン ライセンス認証または製品のライセンス認証窓口に問い合わせるし、自動化されたメニューを使用できます。 ただし、サポートは、Windows XP または Windows Vista をアクティブ化するために利用可能ではありません。

詳細情報

マイクロソフトでは、製品のライセンス認証を使用して、「カジュアル コピー」または「ソフトリフティング」と呼ばれる違法コピーを減らすためにカジュアル コピーは、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に違反する方法でソフトウェアを共有した場合に発生します。 などのユーザーは、Windows XP を購入するとそのコピーを Windows XP の主にライセンスが 1 台のコンピューターで使用するためです。 、追加ライセンスを購入せずは、別のコンピューターに、その Windows XP のコピーをインストールされていない可能性があります。 などのコピーする場合を他のユーザーと共有したり、カジュアル コピーを構成するその他のユーザーのコンピューターにインストールされている Windows XP がいました。 ただし、ほとんどのソフトウェア ライセンスではすることが再インストールし、無制限の数時間の同じコンピューター上のソフトウェアをアクティブにします。 Microsoft ソフトウェアが適切に使用していることを確認するには、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項または製品使用権をその特定の製品の詳細についてを参照してください。 カジュアル コピー ソフトウェア業界が発生している違法コピーによる損害の大部分を占めています。 ソフトウェアの違法コピーが低下する場合、ソフトウェア業界は、製品開発、製品の品質、および製品サポートの中でさらに多くのお金を投資でした。 これより良い製品や顧客のさらなる技術革新につながるでしょう。

製品のライセンス認証のしくみ

製品のライセンス認証は、ソフトウェア ベースでは完全に単純でわかりやすいプロセスです。 ないハードウェア アドオンやその他の外部ツールが必要です。 ほとんどの場合、製品のライセンス認証に必要な情報だけが、ソフトウェア自体によって作成されるインストール ID。 ライセンス認証中に収集された情報は、個人ユーザーの識別に使用するはありません。 インターネット経由で製品をアクティブ化する場合は、製品のライセンス認証は 1 分未満にします。 この方法で製品をアクティブ化すると、製品自体はほとんどの作業を行います。 ほとんどのユーザーの作業が必要 します。 電話で製品のライセンス認証するようではなく場合、これを行う地域のマイクロソフト ライセンス認証専用窓口に連絡しています。

重要 製品のライセンス認証では、どのような方法で Microsoft ソフトウェアのユーザーは追跡しません。 その唯一の目的は、マイクロソフト ソフトウェアの正規ライセンスをアクティブにするのには。

マイクロソフト製品のライセンス認証する場合

ストア内、または OEM によって販売される新しいコンピューターの一部として購入したソフトウェアをアクティブにする必要があります。 製品のライセンス認証が簡単では前述のようと多くのユーザーは、製品、製品のライフ サイクル中に 1 回のライセンス認証する必要があるだけです。 ただし、一部の製品は、製品が別のコンピューターに移動した場合、または製品がインストールされているコンピューターに大幅な変更が加えられた場合、再度アクティブにする必要があります。

注: コンピューターをカスタマーに提供する前に、出荷時にソフトウェアをアクティブにすることがあります。 ライセンス認証を便利にするために、マイクロソフト製品は、インストール後すぐにアクティブにする必要はありません。 アクティブにする前に、Microsoft Office を 50 回まで起動できます。 Microsoft Windows をアクティブにする前に、オペレーティング システムを使用する最初の時点から 30 日間があります。

マイクロソフト製品のライセンス認証する方法

マイクロソフト製品をライセンス認証するには、製品のライセンス認証ウィザードで、[インターネット オプションまたは電話オプションのいずれかを選択します。

  • インター ネット ベースのライセンス認証では、Microsoft のサーバー手続きを行い、製品のライセンス認証します。

  • 電話ベースのライセンス認証は、製品をライセンス認証によって、マイクロソフト製品のライセンス認証専用窓口に連絡し、以下の手順に従って、自動電話システムで提供されています。

追加情報

300273 Office XP で 2 回以上 OEM 版のライセンスを認証することはできません。

293151 Office ライセンス認証ウィザードの説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×