保護履歴

Windows セキュリティアプリの [保護履歴] ページでは、Microsoft Defender ウイルス対策によって実行されたアクション、削除された可能性のある 不要なアプリ 、または無効になっている主要なサービスにアクセスできます。

注: 保護履歴には2週間のイベントのみが保持され、その後はこのページから表示されなくなります。

Windows セキュリティの [保護履歴] ウィンドウに、いくつかのサンプルインシデントが表示されています。

イベントは、保護履歴に一連のカードとして表示されます。 カードに注意が必要な場合は、カードのアイコンに2つの色の付いたバッジのいずれかが表示されます。

  • -これは、すぐに対応が必要な重大な項目です。

  • -この項目は緊急ではありませんが、可能なときに確認する必要があります。

カードをクリックすると、そのカードを展開して詳細を表示することができます。 ここでは、最も一般的なエントリの一部について説明します。

マルウェアの警告

Microsoft Defender ウイルス対策によってマルウェアが検出されると、保護履歴に記録されます。

脅威が見つかりました-アクションが必要です

これは、Microsoft Defender ウイルス対策によって発生する可能性のある脅威が検出されたことを示します。これを処理する方法を決定する必要があります。 右下隅にある [アクション] ドロップダウンを選択すると、脅威の 検疫 、それに害のない、または、この項目がデバイスで許可することを選択できる脅威として誤って識別されたという確信があります。

注意: アイテムが安全かどうかわからない場合は、[ 検疫] を選ぶことをお勧めします。 [デバイスで許可する] を選択すると、ファイルが処理され、実際にデータが脅威となっていた場合は、そのファイルを処理できます。 個人情報、またはデバイスが危険にさらされている可能性があります。

[許可] を選択し、後でそのアクションを元に戻す場合は、[ 許可さ れた脅威] ページに移動し、[許可] リストから削除します。 

脅威の検疫

これは、脅威がブロックされ、検疫されたことを示します。 まだ削除されていませんが、現在のデータまたはデバイスに対するリスクがありません。 次の2つの 操作 を実行できます。

  • 削除 -これにより、デバイスから脅威が削除されます。

  • 復元 -これにより、ファイルがデバイスに戻され、もう一度脅威として検出され、新しい脅威が見つかりました。 [保護履歴] で 操作が必要な 項目を作成します。 この ide が安全であることが確実な場合は、このページにアクセスして「 デバイスで許可 」を選択してください。

脅威がブロックされる

これは、Defender がデバイス上の脅威をブロックして削除したことを示します。 この問題を回避するには、お客様がどのような操作を行う必要はありませんが、脅威がコンピューターにどのように対応するかを検討することをお勧めします。 脅威が届く一般的な方法としては、メールの安全でない添付ファイル、安全でない web サイトからダウンロードした、または感染している USB ストレージデバイスを経由する方法があります。

これが "誤検知" であり、ファイルが安全であると思われる場合は、[ 操作 ] を選択し、[ 許可] を選択します。 この脅威は既に削除されているため、次回このファイルが表示 されるときにのみ適用 されます。 ファイルを使用する場合は、ファイルをもう一度ダウンロードする必要があります。

修復は未完了

これは、Microsoft Defender ウイルス対策によって脅威が修正されましたが、そのクリーニングを正常に終了できなかったことを示しています。 カードを選択して展開し、実行する必要がある追加の手順を確認します。

望ましくない可能性のあるアプリ (私用)

望ましくない可能性のあるアプリケーションは、ソフトウェアのカテゴリであり、コンピューターの実行速度が遅くなったり、予期しない広告が表示されたり、最悪の場合は、害を与える可能性がある他のソフトウェアをインストールしたりできます。 マルウェアのレベルを気にすることはできませんが、そのようなことが望まれることはあります。

デバイスで私用ブロックが有効になっていることを確認する場合は、「不要なアプリケーションから PC を保護する」を参照してください。

このアプリはブロックされています

Microsoft Defender SmartScreen は、アプリがインストールされる前に、望ましくない可能性のあるアプリをブロックする機能を備えています。その場合は、保護履歴にブロックされたイベントが表示されます。 

ブロックが間違っていて、ファイルの実行を許可する必要があると思われる場合は、[ 操作]、[ 許可] の順に選択できます。 この時点で、ファイルを使用するには、ファイルを再度ダウンロードする必要があります。

[許可] を選択し、後でそのアクションを元に戻す場合は、[ 許可さ れた脅威] ページに移動し、[許可] リストから削除します。 

重要なサービスが無効になっている

また、保護履歴によって、Microsoft Edge の SmartScreen などの重要なサービスが無効になっているかどうかが通知されることもあります。 その警告のカードを選択し、[ アクション ] の下でその機能を有効にすることができます。

関連項目

ウイルスから保護するための最善策

マルウェアがデバイスに感染する方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×