修正プログラム ロールアップは、.NET Framework 3.5 SP1 の Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Windows 通信基盤の構築に使用可能です

概要

修正プログラム ロールアップは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 は、再パッケージ化し、Microsoft.NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1) を対象とします。この修正プログラム rollupcontains ではさらに、いくつか前の修正プログラムの Windows Communication Foundation (WCF)。この修正プログラム ロールアップに含まれている修正プログラムは次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 記事で説明します。

974842修正プログラムが利用可能な 3.5 の.NET Framework ベースの WCF アプリケーションで参照が発行されたトークンをセキュリティ トークン参照変換のメカニズムを使用します。

975525 .NET Framework 3.5 を使用して、WCF サービスは、これらの用語の変数を書き換える Microsoft Azure 機能をサポートできません。

976123 WCF サービス トークンを受け取るプロセス偽装トークンの代わりに.NET Framework 3.0 ベースの WCF クライアントは、非同期 Web サービス メソッドを呼び出すと、

976566修正プログラムが利用可能な.NET Framework 3.5 sp1 では、対応する WCF の設定で RequireSSL と SSLRequireCert の IIS の設定を自動的に効率化します。

977420の修正プログラム ロールアップは、.NET Framework 3.5 SP1 の Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の Windows 通信基盤の問題を修正します。

.NET Framework 3.5 sp1 では、HttpResponseMessageProperty クラスに、SuppressPreamble プロパティを追加する修正プログラムの979533の説明

980588修正プログラムは、サポートする WCF サービスに登録されているホスト SPN を使用して、.NET Framework 3.5 では、コンピューター アカウントの利用可能です

詳細

修正プログラム ロールアップの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://code.msdn.microsoft.com/KB981002

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×