修正プログラム: ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 が検出されない HTTP 圧縮を有効にすると、TCP が応答をリセット

現象

次のような状況を考えます。

  • Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 2010、または Microsoft インターネット セキュリティと ISA Server 2006 で、HTTP 圧縮を有効にするとします。

  • クライアントでは、Web サーバーに接続する ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 Web プロキシとして使用します。ただし、Web サーバーでは、クライアントからの HTTP 要求に応答するのには時間がかかります。

  • Web サーバーは、ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 にデータを送信するときに ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 には、データが蓄積されます。ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 は、Web サーバーが HTTP 要求を完了するまでクライアントにデータを送信しません。

  • Web サーバーが完了する前に Web ブラウザーを閉じる応答します。

  • TCP reset 応答を ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 を開かれている TCP セッションでクライアントに送信します。

  • Web サイトに再びアクセスしようとして、だけ TCP リセットの応答を取得する前の TCP セッションから同じソース ポートを使用して、クライアントまたは中間プロキシ サーバーです。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×