現象

Microsoft SQL Server 2014 で、メモリ最適化ファイルグループを含むデータベースがあることを前提としています。 トランザクションログのサイズが大きくなっても、ログの切り捨てや縮小を行うことはできません。 この問題が発生した場合は、次の現象が発生します。

  • "XTP_CHECKPOINT" というレポート log_reuse_wait_desc ます。

    Select name, log_reuse_wait_desc from sys.databases where name='<DatabaseName>'
  • 影響を受けたデータベースに対する手動によるチェックポイント操作は失敗し、次のエラーメッセージが表示されます。

    メッセージ41315、レベル16、状態4、データベース <データベース名> の行 ncheckpoint 操作に失敗しました。

  • 影響を受けるデータベースに対応するオフラインチェックポイントスレッドは見つかりません。

    Select db_name(database_id) as DatabaseName, * from sys.dm_exec_requests where command = 'XTP_OFFLINE_CKPT'
  • 影響を受けるデータベースのインメモリ OLTP チェックポイント操作に関する統計情報を照会すると、すべての列に対して0 が返されます。

    Select * from sys.dm_db_xtp_checkpoint_stats

解決方法

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 用の新しい累積更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとすべてのセキュリティ修正が含まれています。 SQL Server の最新の累積的な更新プログラムをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

回避策

この問題を回避するには、影響を受けたデータベースをオフラインにしてからオンラインに戻すか、SQL Server のインスタンスをリサイクルします。注:トランザクションログは、切り捨てまたは縮小されすることができます。 ただし、修正プログラムが適用されるまで、この問題が再発することがあります。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×