修正: 保存した資格情報を正常に割り当てられている共有プリンターがオフラインで Windows 7 および Windows Server 2008 R2 です。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

次のような状況を考えます。

  • Windows Server 2008 R2 を実行しているサーバー上の共有プリンターを展開するのにには、グループ ポリシーの基本設定を使用します。

  • ユーザー アカウント制御 (UAC) が Windows 7 を実行しているクライアント コンピューターで有効であります。既定では、UAC が有効になります。

  • 設定し、Windows 資格情報マネージャーで、共有プリンターの資格情報を保存します。

  • プリンターは正常にマップされます。


このシナリオでは、クライアント コンピューターまたはクライアント コンピューターへのログオンをもう一度再起動すると、共有プリンターのマッピングが失敗し、オフラインになっているようです。

原因

この問題は、グループ ポリシーの処理のスレッドが管理者特権のトークンを正しく使用するために発生します。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×