修正: 高い CPU 使用率が Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 で、.NET Framework の 3.5.1-based アプリケーションを実行するとき

現象

高い CPU 使用率が発生するは、16 個を超えるプロセッサが搭載されているサーバーで.NET Framework 3.5.1 または Microsoft SharePoint 2010 ベースのアプリケーションを実行すると、プロセッサの負荷は、アプリケーションの作業負荷とは考えられない。

注 .NET Framework 3.5.1 は、大規模なマルチプロセッサ サーバーに最適化されていません。次の環境変数は、いくつかの CPU の負荷を減らすことがあります。ただし、すべてのアプリケーション ・ ワークロードは、完全に計上されるまで、アプリケーションのパフォーマンス特性を完全に理解するまでこれらの設定を適用しないことをお勧めします。

環境変数

説明

推奨される設定

COMPLUS_SpinLimitProcCap

実行時の計算に使用するプロセッサの数を設定します。既定値は、実際のプロセッサの数です。

2 から 8 までの値では。

解決策

この問題を解決するには、ダウンロードして、次のリンクから修正プログラムを適用します。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×