修正: Noderunner.exe 過剰な CPU リソースが消費で Exchange Server 2013 添付ドキュメントを解析することによって

現象

Microsoft Exchange Server 2013 の環境では、その noderunner.exe が過剰な CPU リソースを消費していることがわかります。長い間この問題が引き続き発生する場合、ユーザーは Exchange Server から最終的に切断されます。

原因

Noderunner.exe は、Word 文書、電子メール メッセージ内の添付ファイルを解析するときに一致する正規表現のため、この問題が発生可能性があります。

解決策

この問題を解決するには、Exchange Server 2013 のをインストールします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用されるについて説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×