現象

解放し、Ipconfig プログラム (Ipconfig.exe) を使用して IP アドレスを更新しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示される場合があります。
メッセージ 1

インターフェイス 'Internet' の更新中にエラーが発生しました: ソケット以外のものに対して操作が試行されました。

メッセージ 2

インターフェイス ローカル エリア接続の更新中にエラーが発生しました: 要求されたサービス プロバイダーをロードまたは初期化できなかった。

Internet Explorer を起動すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

ページを表示できません。

お使いのコンピューターを使用する場合、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。

初期化関数 IPMONTR で INITHELPERDLL。DLL のエラー コード 10107 を開始できませんでした。

さらに、IP アドレスまたは自動プライベート IP アドレス指定 (APIPA) アドレスにする必要がありする IP パケットを受信、送信できない場合があります。

使用する場合、 ipconfig 更新/コマンドを次のエラー メッセージが表示される場合があります。

メッセージ 1

インターフェイス ローカル エリア接続の更新中にエラーが発生しました: ソケット以外のものに対して操作が試行されました。ドライバー エラー コード 2 を接続できません。

メッセージ 2

アダプターがこの操作に使用できる状態にないので、操作に失敗しました。

メッセージ 3

参照されるオブジェクトの種類には、試行した操作はサポートされていません。

デバイス マネージャーでは、非表示のデバイスを表示] をクリックすると、非プラグ アンド プレイ ドライバーは、[無効になっているように TCP/IP プロトコル ドライバーが表示されているし、24 のエラー コードが表示されます。

ダイヤルアップ接続を作成するとき、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。

エラー 720: PPP 制御プロトコル構成

解決策

この問題は、Winsock のレジストリ キーが破損している場合に発生する可能性があります。

Windows XP ユーザーの Winsock2 キーが破損しているかどうかを判断するのには手動の手順

Winsock2 キーの問題が原因で現象が発生してかどうかを確認するのには、次の方法のいずれかを使用します。

Netdiag ツールを使用して、方法 1。



Netdiag ツールを使用するには、Microsoft Windows XP サポート ツールをインストールする必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。

注:

  • 既にインストールされているサポート ツールがある場合、このセクションの 2 番目の手順に進みます。

  • ない場合は、サポート ツールがインストールされているとしていない Windows XP セットアップ cd を挿入、方法 2 に進みます。

  1. Windows XP のセットアップ CD を挿入し、ためフォルダーに移動します。

  2. Setup.exeファイルをダブルクリックします。

  3. [インストール タイプの選択]画面が表示されるまで画面の手順に従います。

  4. [インストール タイプの選択]画面で、完了] をクリックし、[次へ] をクリックします。

インストールが完了すると、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリックして、コマンドを入力し、し、[ OK] をクリックします。

  2. Netdiag/test:winsockを入力し、ENTER キーを押します。

Netdiag ツールは、Winsock を含むいくつかのネットワーク コンポーネントのテストの結果を返します。テストの詳細については、netdiag コマンドの最後に/vを使用します。
netdiag/test:winsock/v

Msinfo32 プログラムを使用して、方法 2。

注: Windows XP のセットアップ CD をする必要はありませんし、サポート ツールをインストールする必要はない場合にのみ、このメソッドを使用します。

  1. [スタート] ボタン実行] をクリックして、 Msinfo32と入力し、[ OK] をクリックします。

  2. コンポーネントを展開し、ネットワークを展開し、し、[プロトコル] をクリックします。

  3. プロトコル] の下の 10 個のセクションがあります。Winsock2 キーが破損していない場合、セクションの見出しは次の名前に含まれます。

    • MSAFD Tcpip [TCP/IP]

    • MSAFD Tcpip UDP と IP

    • RSVP UDP サービスのプロバイダー

    • RSVP TCP サービスのプロバイダー

    • MSAFD NetBIOS [\Device\NetBT_Tcpip.

    • MSAFD NetBIOS [\Device\NetBT_Tcpip.

    • MSAFD NetBIOS [\Device\NetBT_Tcpip.

    • MSAFD NetBIOS [\Device\NetBT_Tcpip.

    • MSAFD NetBIOS [\Device\NetBT_Tcpip.

    • MSAFD NetBIOS [\Device\NetBT_Tcpip.

    名がこのリストで異なる場合、Winsock2 キーが破損している、またはインストールされている、プロキシ ソフトウェアなどのサードパーティのアドオンがあります。

サードパーティ アドオンがインストールされている場合は、アドオンの名前は、ボックスの一覧で"MSAFD"の文字に置き換えられます。

一覧に 10 個以上のセクションがある場合は、サードパーティのアドオンがインストールされてがあります。

情報があるよりも少ない 10 個のセクションがある場合は、不足しています。


注: これらのエントリが表示される TCP/IP プロトコルのみをインストールします。Winsock が正しく機能して別のプロトコルがインストールされている場合は、追加のエントリを参照してください。たとえば、NWLink IPX/SPX をインストールする場合は、17 の合計は、新しいセクションが表示されます。新しいセクションの 1 つの例を見出しを以下に示します。

MSAFD nwlnkipx [IPX]、NWLink IPX/SPX をインストールすることによって作成される新しいセクションの最初にも"MSAFD"にします。したがって、これには、これらの文字では 2 つしかのセクションがあります。


Netdiag のテストが失敗した場合、または、「msinfo32」を参照して Winsock 破損があることを決定した場合、次のセクションで手順を使用して、Winsock2 キーを修復する必要があります。

解決策

teps Winsock2 の破損から回復するには

Windows XP Service Pack 2 の手順

Windows XP Service Pack 2 (SP2) をインストールした場合は、Winsock を修復するには、 ] ボタンコマンド プロンプトで入力とし、ENTER キーを押します。

注: このコマンドを実行した後、コンピューターを再起動します。さらに、Windows XP SP2 を実行しているコンピューターでは Winsock キーを再構築する新しい

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×