所得税法のセクション 194Q が最近導入され、財務法 (2021 年) が導入されました。 セクション 194Q の下で"これは、商品の購入のためにすべての居住者に対して合計を支払う責任者によって TDS に提供されます。 TDS の割合は 0.1% と非常に低いままです。 税金を差し引く必要があるのは、商品の購入が実行された年度の直前の財務年度に、総売上、総領収書、または事業からの離職率が 10 クロール ルピーを超える人 (つまり購入者) だけが差し引かれる必要があります。 販売者からの商品の購入が、前年に 50 ラフ ルペを超える金額または集計値である場合は、そのような人が税金を差し引く必要があります。"

この新しいセクション 194Q は、2021 年 7 月 1 日から適用される予定です。

このセクションの請求に関する説明に従って、これは、仕入先からの購入額または支払いの額または集計が前年の Rs.50 年以前の商品 (NA to サービス) の購入に対して、住人 (インド以外のサプライヤーからのインポート購入には適用されません) に対する支払いを担当する購入者であるすべての人に適用されます。 そのサプライヤーからの購入の合計購入/支払額が Rs.50 を超える仕入先との取引は、TDS が購入トランザクションの @.10% またはそれ以前の支払いを差し引く必要があるトランザクション有効になります。

このセクションは、前年の売上高の集計が Rs.10 クロックを超える評価者にも適用されます。

TDS の利率 u/s 194Q

PAN が提供されている場所

0.1%

PAN が提供されていない場所

5%

この TDS プロビジョニングのスコープは、例の助けを借りたものになります。

2020 年 3 月 31 日で終わる財務年度の売上高が 10 クローレを超え、販売者からの商品の購入が前年の 50 lakhs を超える値または集計の値である場合、 セクション 194Q に記載されている TDS プロビジョニングは、お客様に適用されます。PAN が提供されている場合は @ 0.1%、それ以外の場合は 5% が差し引かれる予定です。

ここで、ターンオーバーが 10 クローレスを超えないとします。セクション 194Q は適用されません。 ただし、販売者のターンオーバーが Rs.10crores を超えると、セクション 206(1H) で TCS を収集する責任が生じ、

セクションでは、所得税法の他のセクション (行為のセクション 206(c)(1H) で収集された TCS 以外) のトランザクションで TDS が差し引かれる場合、トランザクションで TDS を差し引く必要はありません。

販売者がセクション 206C(1H) の下で TCS を収集する責任を持ち、購入者がセクション 194Q で TDS を差し引く責任がある場合は、どうなるでしょうか。

セクション 194Q はセクション 206C(1H) を上書きします。そのため、このような場合は購入者だけが TDS を差し引く必要があります。また、販売者はセクション 206C (1H) で TDS を差し引く必要はありません。
例- Mr. Seller は購入者に商品を販売し、セクション 206C(1H) の下で TCS を収集しました。ただし、sec の適用後。 194Q (2021 年 7 月 1 日) Mr. Buyer は第 194 四半期に対応しています。 sec 194Q はオーバーライドセクションであるため、Mr. 購入者は、このセクションで TDS を差し引く責任を持つ必要があります。また、販売者は sec 206 C (1H) の下で TCS を収集する必要はない

オーバーライド メカニズムは、次の表で理解できます。

[Particulars]を選択します。

シナリオ 1

シナリオ 2

シナリオ 3

販売者の売上高 (cr.)

12

6

12

購入者の売上高 (cr.)

6

12

12

商品の販売 (Cr.)

2

2

2

年の間に支払われた売上に関する考慮事項 (cr.)

1

1

1

Who税を差し引く、または回収する責任はありますか?

販売者

購入者

購入者

税率

0.1%

0.1%

0.1%

差し引きまたは回収する税金の金額 (Cr.)

.5

.5

.5

差し引きまたは回収される税金。

5000

15000

15000

Dynamics 365 F&O では、販売者の環境を購入者が制御することはできません。また、その逆もできません。 したがって、購入者と販売者の両方が前年の所定の売上高を超過した場合に、購入者が税金を差し引く必要があります。

第 194 四半期に課税ポイントが発生しますか?

購入者に対するこのセクションの課税ポイントは、販売者のアカウントに対する請求書金額のクレジットか、販売者に対して行われた支払い (それ以前の方) になります。 しきい値の上限を超えた場合は、さらに TDS の金額を差し引く必要があります。 たとえば、Mr. Buyer は、インR に金額を支払う Mr. Seller から商品を購入します。 85 lakhs と He is liable to deduct TDS under section 194 Q.ここでは、INR で TDS を差し引く必要があります。 35 lakhs (85-50) @ 0.1%

Dynamics 365 F&O の [税] パラメーターのユーザーには、請求書または支払いに TDS を適用するオプションがあります。 ただし、ユーザーが請求書と支払いの両方で TDS を差し引いた場合、後で実行されるトランザクション オプションの自動取り込みは、この機能の機能管理を通じて提供されます。

Dynamics 365 F&O Advance しきい値メカニズムは、TDS 計算のために以前に非税トランザクションを除外するオプションをユーザーに提供します。 これにより、ユーザーは値を超えた場合にのみ TDS を計算できます。

新しい法律の適用可能性の日付または財務年度の開始日から計算されるしきい値の制限額。

INR の購入制限の場合。 50 lakhs under section 194Q previous year, be purchasing limit of INR 50 lakhs to considered from 2021 年 4 月 1 日(2021 年 7 月 1 日から考慮しない)

この要件に対処するために、Dynamics 365 F&O は、ベンダーに新しいセットアップの初期しきい値を提供しました。 ユーザーは、2021 年 4 月 1 日から 6 月 30 日まで購入トランザクションを蓄積し、累積された合計値を各ベンダーの初期しきい値として個別に定義できます。 この値は、しきい値の制限と比較するトランザクションの合計値の一部と見なされます。

セクション 194Q の TDS は、請求書の合計額 (GST を含む) または GST 金額を除く課税額で差し引かれる必要がありますか。

CBDT は、この問題に関する明確化を発行する必要があります。 ただし、Dynamics 365 F&O の事前しきい値機能では、TDS または TCS の計算に "GST を含むその他の税金" を含めるか除外するオプションをユーザーに提供します。 ユーザーは、保有税グループの下で、TDS 計算の GST 税を除外するオプションを持っています。

セクション 194 Q の TDS のセットアップを実行する手順

2021 年 4 月 1 日から 2021 年 6 月 30 日まで実行されるトランザクションの初期 TDS しきい値を定義するには、機能管理を通じて初期 TDS しきい値オプションを有効にする必要があります。

  1. [ワークスペース] に移動し>管理] を選択します

  2. ブラウザーを更新してフォームを有効にする。

注: 新しいオプションでは、請求書と支払い時に TDS が差し引かれる場合に、受け取り時に TDS を自動的に取り消す機能が有効になります。 オプションは自動的に有効になります。ユーザーは無効にできます。

各ベンダーの初期 TDS しきい値を定義する

  1. [Tax > Setup > HoldingTax >に移動します

  2. [ベンダー アカウント] を選択します。

  3. [ 差し引き税コード] を選択します

  4. 初期 しきい値の売上高を入力する (2021 年 4 月 1 日から 6 月 30 日の間に実行されたトランザクションの請求書値)

新しい保有税コンポーネント グループを作成します。

  1. [Tax > Setup > Holdingtax>グループ]に移動します

  2. "POG" という新しい 保有コンポーネント グループを作成します。

  3. 説明: 商品の購入

  4. 状態: 常駐

  5. セクション: 194Q

しきい値の定義

  1. [Tax > Setup > Holding Tax> の定義] に移動します

  2. 新しいレコードを作成します。

  3. Set Name = POG

  4. [説明 の設定 ] = POG しきい値の定義

  5. [しきい 値デザイナー] をクリックします。

  6. [新規] を クリックします。

  7. [高速] タブの [全般] をクリックします

  8. [ 有効] を = 2021/4/1 に設定する

  9. [ 有効] を = 2022/3/31 に設定する

  10. 下限 を設定 する = 0

  11. 上限 を設定 する = 50,000,000

  12. [種類] = [累積 ] を選択します。

  13. [累積] にフォーカス: 0 ~ 50,00,000;4/1/2021 - 3/31/2022.

  14. POG に注目します

  15. [新規] を クリックします。

  16. [高速] タブの [全般] をクリックします

  17. [ 有効] を = 2021/4/1 に設定する

  18. [ 有効] を = 2022/3/31 に設定する

  19. 下限 設定する = 50,000,000

  20. 上限 を設定 する = 0

  21. 最終 レベルをマークする

  22. フォームを閉じます。

税コードの差し控え:

  1. [Tax > Holding Tax >コード] に移動します。

  2. 新しいレコードを作成する

  3. [Withholding tax code = POG] を設定する

  4. [Withholding tax name ] = [Purchase of Goods Threshold Definition] (商品の購入しきい値の定義) を設定します。

  5. の種類 を設定する = TDS

  6. しきい値 階層を選択 する = はい

  7. [PAN ベースの累積 ] = [はい] を選択します。

  8. [Withholding tax component ] を設定する = POG

  9. [ メイン アカウントの設定 ] = 202122

  10. Set Settlement period = TDS

  11. 掛金勘定 の設定 = 1322611

  12. [値] ボタンをクリックします。

  13. Set Value = 0.1

  14. PAN 非可用性 % = 5 を設定する

  15. このフォームを閉じる

POG に焦点を当てる

  1. 適用しきい 値をマークする

  2. [しきい 値の参照] をクリックします。

  3. 新しいレコードを作成します。

  4. アカウント の種類を 設定する = ベンダー

  5. アカウント コードを設定 する = すべて

  6. アカウント またはグループを設定 する = 空白

  7. しきい を設定する = POG

  8. [しきい 値デザイナー] をクリックします。

  9. POG に焦点を当てる

  10. [新しい 累積] をクリックします。0 – 50,00,000;4/1/2021 - 3/31/2022

  11. [新規] を クリックします。

  12. PAN 状態 の設定 = 受信済み

  13. [高速] タブの [全般] をクリックします

  14. Set value = 0

  15. 理由 コードを 設定する = Y

  16. [税金 の計算] = [いいえ] を設定します。

  17. [ターン オーバーベースに含める] = [はい ] を設定します。

  18. [以前に 課税されていないトランザクションを計算する] のマークを解除します

  19. POG に焦点を当てる: 50,000,000 - MAX;4/1/2021 - 3/31/2022.

  20. [新規] を クリックします。

  21. PAN 状態 の設定 = 受信済み

  22. Set Value = 0.1

  23. [高速] タブの [全般] をクリックします

  24. [税金 の計算] = [はい] を設定します。

  25. [ターン オーバーベースに含める] = [はい ] を設定します。

  26. [以前に 非課税トランザクションを計算する] のマークを解除します。

  27. フォームを閉じます。

[差し引き税グループの作成]:

  1. [Tax > Holding Tax>グループ]に移動します

  2. 新しいレコードを作成します。

  3. [Withholding tax group = POG] を設定する

  4. Set Description = POG - Threshold Definition

  5. [税 の種類 ] = [TDS] を選択します。

  6. TDS 計算に GST 税コンポーネントを含める= IGST、CGST、SGST

  7. [高速] タブの [セットアップ] をクリックします

  8. [追加] をクリックします。

  9. [Withholding tax code = POG] を選択します。

  10. [デザイナー] をクリックします

  11. 新しいレコードを作成します。

  12. コードを 設定する = POG

  13. [ 課税基準] = [ 総金額] を選択します。

  14. フォームを閉じます。

[差し引き税グループ] を仕入先アカウントにアタッチします。

  1. [買掛金 ] に移動する

  2. [INMF-000001, Invoice, and delivery > Holding Tax (Yes), TDS group -POG] を選択します。

請求書のジャーナルを作成して投稿する:

  1. [仕入先の請求書] >支払い>に移動します。

  2. [新しい>アカウントの種類 (ベンダー )、アカウント (INMF-000001)、請求書(IN-9)、クレジット (15,000,000.00)、オフセット アカウントの種類 (台帳)、オフセット アカウント (600120) をクリックします。既に投稿されているトランザクション 20,000,000、初期しきい値: 20,00,000

  3. [差し 引き税] をクリックします

保有税は、設定されたパーセント (0.1) に基づいて計算されます。 このベンダーの予想通り、初期しきい値を含む合計累積トランザクション値は、次のように 50,000,000 を超えました。

初期しきい値達成値

20,00,000

最初のトランザクション

20,00,000

2 番目のトランザクション

15,00,000

TDS

合計累積値 55,00,000 -50,000,000 しきい値 = 5,00,000 @0.1% = 500


請求書と支払いの両方で TDS が個別に差し引かれる場合の請求書受取時の TDS の反転

所得税法に基いて、TDS は請求書と支払いで差し引かれる必要があります。それより前の方を指定する必要があります。 誤ってユーザーが請求書と支払いの両方で TDS を個別に差し引いた場合、後のトランザクションでの支払い TDS を含む請求書の受け取り時に、逆になります。

しきい値: 5000

請求書の金額: 7,000

TDS @0.1%

TDS 控除:

説明

Dr.

Cr.

購入

5000

TDS 買掛金

5

買掛金

4995

支払いは 7000 です。

説明

Dr.

Cr.

買掛金

7000

TDS

7

銀行

6993

所得税規則に従って、TDS は請求書または支払いから差し引かれる必要があります。それ以前の支払いを差し引く必要があります。

そのため、請求書が最初に投稿され、支払いは請求書の値 (5) まで下のように反転する必要があります。

説明

Dr.

Cr.

TDS 買掛金

5

買掛金

5


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×