Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

この累積的な更新プログラムには、SWIFT メッセージ パック 2015 Microsoft BizTalk アクセラレータの最終的な生産のリリース後に解決された問題に対する修正プログラムが含まれています。

それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。

詳細

この累積的な更新プログラムに含まれている修正

これらの修正プログラムを説明するマイクロソフト サポート技術情報は、修正プログラムが利用可能になったときに発行されます。問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事に移動する次の資料番号をクリックします。
 

サポート技術情報番号

説明

3122042

FIX 型 MT 569 の有効な FIN メッセージを処理するために SWIFT の BizTalk アクセラレータを使用すると、解析エラーが発生します。

3125754

FIX MT 019 と MT 097 のメッセージを処理する SWIFT の BizTalk アクセラレータを使用すると、解析エラーが発生します。

この累積的な更新を取得する方法

BizTalk Server は、修正プログラムおよび更新を提供するための累積的な更新プログラム (CU) モデルを使用します。それぞれの累積的な更新プログラムには、前回の累積的な更新プログラムに含まれていたすべての更新プログラムだけでなく、新しい更新プログラムが含まれています。テストと、すべての BizTalk 環境に最新の CU を適用することをお勧めします。

今後の累積的な更新では、すべての新しい修正プログラムが公開されたら。次の累積的な更新報告された問題は、非常に重要な場合、ビジネスに多大な影響を与え、回避策が存在しない前に、スタンドアロンの更新プログラムが提供されます。スタンドアロンの修正プログラムが提供される場合、最新リリースされた累積的な更新プログラムがインストールされている必要になります。

修正プログラム パッケージ

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です。

alternate text

ダウンロード累積的な更新 1 SWIFT のアクセラレータを BizTalk Server のメッセージのパック 2015 ようになりました。リリース日: 2016 年 1 月 7 日

マイクロソフトのダウンロード方法の詳細についてはファイルのサポートは、オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

累積的な更新パッケージの情報

必要条件この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SWIFT メッセージ パック 2015 がインストールされている BizTalk アクセラレータが必要です。

再起動の必要性CU このパッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要はありません。

この CU には、BizTalk アクセラレータ SWIFT メッセージ パック 2015 のインストール ファイルの更新版が用意されています。その結果、更新されたファイルをインストール先にコピーする前に、SWIFT メッセージ パック 2015 の BizTalk アクセラレータをインストールしてください。

KB 3125754 のメッセージ パック 2015 の累積的な更新プログラム 1 に含まれている、この問題を解決する更新されたファイルを次の表に一覧します。

ファイル名

インストール パス

最終更新日

SWIFT の基本 Types.xsd

[MP2015 のインストール ディレクトリ] \SWIFT Messages\A4SWIFT ・ SRG2015\Base Schemas\

2015/10/7 5時 29分 PM



KB 3122042 の

ファイル名

インストール パス

最終更新日

MT569.xsd

[MP2015 のインストール ディレクトリ] \SWIFT Messages\A4SWIFT ・ SRG2015\Category 5\MT569\

2015/10/7 5時 29分 PM

MT569_Validation_Policy.xml

[MP2015 のインストール ディレクトリ] \SWIFT Messages\A4SWIFT ・ SRG2015\Category 5\MT569\

2015/10/7 5時 29分 PM


注:

  • 既定のインストール パス [MP2015 のインストール ディレクトリ]: (x 86) C:\Program Files \MP2015\。

  • 最後の更新日時は、ファイルの最後に、プロダクション ・ リリースを意味します。

  • 各ファイルの表に記載されている必要があります Microsoft ダウンロード センターから取得されたファイルのバージョンに置き換えられます。

  • ダウンロードして、これらのファイルを置換した後、更新、再構築、およびこれらのファイルの依存関係を持つすべての BizTalk アプリケーションを再展開する必要があります。アプリケーションへの変更の潜在的な影響を評価するには、このセクションに記載されている、関連するサポート技術情報を確認します。



関連情報

BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、 BizTalk の修正プログラムと累積的な更新についてのサポートを参照してください。

マイクロソフト ソフトウェアの更新に使用される一般的な用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×