現象

「Microsoft Security Bulletin MS14-082」で説明されているセキュリティ更新プログラムをインストールすると、次のいずれかの現象が発生する可能性があります。

現象 1

Forms ActiveX コントロール (forms3) を Microsoft Office ドキュメントに挿入する場合、またはコントロールのプロパティを編集すると、ActiveX カスタム Office ソリューションで次のようなエラー メッセージが表示される場合があります。

Visio、TypeInfo が正しくマージされないので、このコントロールを挿入できません。 すべてのパラメーターの種類が VBA に対応している必要があります。 必要に応じて TEMP *.exd ファイルを削除します。

オブジェクト ライブラリが無効であるか、見つからなかったオブジェクト定義への参照が含まれている。

オブジェクトを挿入できません。

このオブジェクトの作成に使用されるプログラムは Forms です。 そのプログラムがコンピューターにインストールされていないか、応答していません。 このオブジェクトを編集するには 、Forms をインストールするか、Forms のダイアログ ボックスが閉 じられます

注意 この最後のエラー メッセージでは、 フォーム テキストをコントロールの GUID に置き換える場合があります。

現象 2

Office クイック実行 を使用して、2007 Office スイートまたは Office 2010 のサイド バイ サイド インストールがインストールされているコンピューターに Office 2013 をインストールすると、"現象 1" セクションに記載されているのと同じエラーが発生する可能性があります。

症状 3

MS14-082 がインストールされているコンピューターに ActiveX コントロール (forms3) を含む Microsoft Excel ブックを保存すると、MS14-082 がインストールされていないコンピューターで Excel マクロが機能しない可能性があります。

解決策

「現象」セクションで説明されている問題を解決するには、インストールしているすべてのバージョンの Office について、影響を受けるコンピューターに次の更新プログラムをインストールします。

注意 修正プログラムの完全な結果を取得するには、インストールOfficeバージョンのすべての更新プログラムをインストールする必要があります。 Office 2013 C2R-installed 製品と Office MSI インストール製品のサイド バイ サイド の組み合わせを使用する場合は、すべての製品を同時に更新する必要があります。 詳細については、「変更に関する重要な情報」セクションを参照してください。

Office 2013 (クイック実行 インストール)

Office 2013 クイック実行 (C2R) クライアントは、この修正プログラムを含む更新プログラムを自動的に受信する必要があります。 バージョン 15.0.4701.1002 以降のバージョンを実行して、修正プログラムがインストールされていることを確認します。 C2R バージョンの Office 2013 を使用し、現在インストールされているバージョンを確認する方法については、「詳細」セクションを参照してください。 バージョン 15.0.4701.1002 以降のバージョンを実行していない場合は、Office 2013 のオンライン手動修復を強制して、最新の更新プログラムを入手できます。

ファイルを修復する方法についてOffice。

詳細については、Office クイック実行。

Office 2013 (MSI インストール)

2920754 2015 年 3 月 10 日、Office

2956145 の更新プログラム 2015年 3 月 10 日、Excel 2013

2956163 MS15-022 の更新プログラム: Word 2013 のセキュリティ更新プログラムの説明: 3 月 10 日 2015

2965206 2015年 3 月 10 日、PowerPoint 2013

2956176の更新プログラム 2015 年 3 月 10 日、Access 2013

2956155の更新プログラム 2015 年 3 月 10 日、Visio 2013 年の更新プログラム

Office 2010

2920813 2015 年 3 月 10 日、Office

2956142 MS15-022 の更新プログラム: Microsoft Excel 2010 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 3 月 10 日

2956139 MS15-022: Word 2010 のセキュリティ更新プログラムの説明: 3 月 10 日 2015

2920812 MS15-022: PowerPoint 2010 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 3 月 10 日

2837601年 3 月 10 日、Access 2010

2878283 2015 年 3 月 10 日更新プログラム、Visio 2010 年 3 月 10 日更新プログラム

2007 Office システム

2984939 MS15-022: 2007 Microsoft Office スイートのセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 3 月 10 日

2920794年 3 月 10 日 2015 年、2007 Office システム

2956103 MS15-022 の更新プログラム: Microsoft Excel 2007 Service Pack 3 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 3 月 10 日

2956109 MS15-022: Word 2007 SP3 のセキュリティ更新プログラムの説明: 3 月 10 日 2015

2899580 MS15-022: PowerPoint 2007 Service Pack 3 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2015 年 3 月 10 日

2817561 2015年 3 月 10 日、Visio 2007 の更新プログラム

詳細情報

変更に関する重要な情報

Microsoft Forms Control パッケージ (FM20.dll) は、アプリケーションのサイド バイ サイド インストールでアプリケーション間で使用される共有コンポーネントOffice。 すべてのバージョンがコントロールの変更と一緒に動作するように正しく更新されるように、Office のすべてのサイド バイ サイド インストール バージョンに修正プログラムが適用されていることを確認します。 中断を最小限に抑える場合は、これらの更新プログラムを一緒に適用する必要があります。 Office の以前のバージョン (つまり、2007 Office システムより前のバージョン) は、更新された Forms (FM20) 共有コンポーネントで動作するために更新されません。 つまり、2007 より前の Office システム バージョンがインストールされているコンピューターに、新しいバージョンがインストールされているコンピューターにこの更新プログラムをインストールすると、以前のバージョンが標準のフォーム コントロールで正しく機能しない可能性があります。 これは既知の制限であり、"解決" セクションで説明されているサポートされているバージョンに古いバージョンを更新することでのみ解決できます。

この更新プログラムがインストールされた後、Web プロジェクトまたは HTA Web プロジェクトInternet Explorerコントロールを使用することはできません。 Microsoft では、このような使用に対してこれらのコントロールを正式にサポートしたことは一度もなく、ActiveX コントロールを必要とせずに、代替コントロールを見つけたり、プロジェクトをリワークして HTML5 を使用したりするために使用したユーザーを強く推奨します。 フォーム コントロールのセキュリティ (キルビット) キーの削除はサポートされていないため、強く推奨されません。 Web ページ ソリューションからこれらのコントロールを決して使用しないのが目的です。

ネイティブ コードのフォーム コントロールを使用するサード パーティ製品は、それらの製品に Internet Explorer セキュリティ チェック (キルビット設定) に従う明示的なコードがない限り、影響を受けず、web ページのコントロールと共に web ページを表示するために Internet Explorer を使用します。 これらのアプリケーションでは、これらの用途の例外ケースを処理するために、独自のコード変更を行う必要があります。 ソフトウェア開発者は、このような問題に関するサポートについて Microsoft に問い合わせできます。

2013 年 2013 Office MSI と 2013 の 2 つのクイック実行

システムへの Office 2013 のインストールが MSI ベースか クイック実行かを確認するには、次の手順に従います。

  1. 2013 Officeなど、2013 年のアプリケーションをMicrosoft Word 2013。

  2. [ファイル] メニューの [アカウント] を クリックします

  3. 2013 Officeベースのクイック実行場合は、[更新オプション] 項目が表示されます。 MSI ベースのインストールの場合、[ 更新オプション] 項目は表示されません。

Office 2013 クイック実行 インストール

MSI ベースの Office 2013

代替テキスト 代替テキスト

古い拡張機能の処理

[解決] セクションに含まれる更新プログラムにより、Microsoft Forms Control パッケージ (MSForms.exd) のキャッシュ 拡張ファイルが削除され、これらのコントロールを読み込む各ユーザーの必要に応じて更新されます。 ただし、不適切な拡張で問題が疑われる場合は、アプリケーションの再起動後にクリーン コピーを使用している必要がある場合は、手動で拡張を削除してください。

キャッシュされたコントロール 拡張オブジェクトを手動で削除するには、次の手順に従います。

  1. エクスプローラー Windows %TEMP% フォルダーを開き、すべてのサブフォルダーで "*.exd" を検索します。

  2. そのファイルが見つかったすべてのインスタンスを削除します。 これには、すべてのサブフォルダーが含まれます。


注意 次回 VBA を使用するときに新しいコントロールを使用すると、.exd ファイルが自動的に再作成されます。 これらの拡張ファイルはユーザーのプロファイルの下に置き、次のフォルダーなどの他の場所に置く場合があります。

  • %appdata%\microsoft\forms

  • %temp%\excel8.0

  • %temp%\word8.0

  • %temp%\PPT11.0

  • %temp%\vbe

簡易修正ツールで解決する

注意 次のいずれかの Easy Fix ソリューションを実行する前に、影響を受けるアプリケーションが閉じられます。

キャッシュされたコントロール 拡張ファイルを自動的に削除するには、次のいずれかの Easy Fix ソリューションを実行します。次の Easy Fix ソリューションでは、現在ログオンしているユーザーの

.exd ファイルが削除されます。


次の Easy Fix ソリューションは、管理者が実行する必要があります。コンピューター上のすべてのユーザー アカウントの .exd ファイルが削除されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×