現象

Windows 10 にアップグレードまたは更新すると、"システム予約パーティションを更新できなかった"、エラー コード 0xc1900104、またはエラー コード 0x800f0922 が発生する可能性があります。 

原因

システム予約パーティション (SRP) が満席である可能性があります。 システム予約パーティション (SRP) は、ハード ドライブ上の小さなパーティションで、デバイスのブート情報を格納Windows。 一部のサード パーティ製ウイルス対策アプリとセキュリティ アプリは SRP に書き込み、それを埋め込む可能性があります。

解決方法

注意: これらの手順は複雑であり、リスクを伴います。 これは、コマンド ラインを使用した経験を持つ上級ユーザーが行うのに最適です。 これらのコマンドの入力でエラーが発生した場合は、デバイスを起動禁止状態にし、デバイスに保存したデータが失われる可能性があります。

デバイスをアップグレードするには、次の適切な方法を使用して SRP 上の 15 MB の領域を解放してから、アップグレードを再試行する必要があります。 アプリケーションを更新する場合Windows 10、13 MB を解放する必要があります。

まず、SRP が GPT パーティション スタイルか MBR パーティション スタイルかを判断します。

  1. キーを押Windows R キーを押します。表示された [実行] ウィンドウで、「diskmgmt.msc」と入力し、Enter キーを押します。

  2. SRP を含むディスク (ディスク 0 など) を長押しまたは右クリックし、[プロパティ] を選択します。
    プロパティ

  3. [ボリューム] タブを選択します。

  4. パーティション スタイル: 行には、GUID パーティション テーブル (GPT) またはマスター ブート レコード (MBR) と表示されます。


次に、必要な方法を選択します。

  1. cmd を検索します。 結果でコマンド プロンプトを長押しまたは右クリックし、[管理者として実行] を選択します

  2. コマンド プロンプトで 、「mountvol y: /s」と入力し 、Enter キーを押します。 これにより、システム パーティションにアクセスする Y: ドライブ文字が追加されます。

  3. 「Y: 」と入力して Y ドライブに切り替 え、Enterキーを押します。 次に 、「cd EFI\Microsoft\Boot\Fonts」と入力して Fonts フォルダーに移動します。 フォント ファイルを削除するには、 そこに「del *.*」 と入力します。 続行する必要がある場合は 、Y キーを押してから Enter キーを押して続行します。

  1. キーを押Windows R キーを押します。表示された[実行]ウィンドウで、「diskmgmt.msc」と入力し、Enter キーを押します。

  2. [システム予約] とマークされた パーティションを選択します。 長押しするか、右クリックします。

  3. [ ドライブ文字とパスの変更] を選択します

  4. [追加] を選択します

  5. ドライブ 文字として「Y」 と入力します。

  6. [OK] をタップまたはクリックします。

  7. 次のスタート メニュー cmd を検索します。 検索結果から [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として 実行] を選択します

  8. コマンド プロンプトで 「Y:」と入力 し、Enter キーを押してそのドライブに切り替えます。 次に 、「cd Boot\Fonts」と入力して Fonts フォルダーに移動します

  9. 次を入力し、Enter キーを押します
    : takeown /d y /r /f 。

    注: スペースとピリオドを "f" より後に含める必要があります。または、コマンドが正しく動作しません。

  10. 次のように入力してドライブへのアクセス許可をバックアップし、Enter キーを押します。

    icacls Y:\* /save %systemdrive%\NTFSp.txt /c /t

    注: すべてのファイルが成功として表示され、失敗したファイルは表示されません。

  11. 「whoami」と入力して Enter キーを押し、ユーザー名を記録します。 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します
    。icacls . /grant <ユーザー名:F /t>whoami から得たユーザー名

    注: ユーザー名と ":F" の間にスペースを入れておか、コマンドが機能しません。

  12. 手順 8 で説明したように、フォントの場所 (Y:\Boot\Fonts) に引き続き存在することを確認します。 次に 、「del *.*」と入力して フォント ファイルを削除します。 続行する必要がある場合は 、Y キーを押してから「」と入力して続行します。


アクセス許可を復元する

  1. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    icacls Y:\ /restore %systemdrive%\NTFSp.txt /c /t

  2. 処理中に一部のファイルが失敗したことを示すメッセージが表示される場合があります。これは、バックアップ後にこれらのファイルが削除された場合に正常です。

  3. 成功したファイルの量が none の場合、コマンドが正しく実行されませんでした。続行する前に、いくつかのファイルが正常に処理されている必要があります。

  4. 次のように入力して ACL を System に戻し、Enter キーを押します。

  5. icacls。 /grant system:f /t

  6. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押して、ドライブの所有者を System に戻します。

    icacls Y: /setowner "SYSTEM" /t /c

  7. [ディスクの管理] に戻り、データを更新して、SRP に空き領域の割合が大きいか確認します。 その場合、この時点でドライブ文字を削除できます。

  8. [システム予約パーティション ] を右クリックします

  9. [ ドライブ文字とパスの変更] を選択します

  10. Y: ドライブを選択します。

  11. [削除] を選択します

  12. [OK] をクリックします。

  1. cmd を 検索します。 結果でコマンド プロンプトを長押しまたは右クリックし、[administrator として実行] を選択します。

  2. コマンド プロンプトで 、「mountvol y: /s」と入力し 、Enter キーを押します。 これにより、システム パーティション にアクセスするために Y: ドライブ文字が追加されます。

  3. 「taskkill /im explorer.exe/f」と入力し、Enterキーを押します。 次に 、「explorer.exe」 と入力し、Enter キーを押して管理者モードでエクスプローラーを再起動します。
    注:このモードでは、一部のアプリ (OneNoteなど) は実行されません。

  4. エクスプローラーを開き、 アドレス バーに Y:\EFI\Microsoft\Boot\ を入力し、Enter キーを押します。

  5. 削除する言語フォルダーを選択し、完全に削除します。 これらは 4 文字のセットで示され、ハイフンで分割されます。 たとえば、en-US は米国英語を意味します。de-DE はドイツ語を意味します。

  6. 省略可能: Y:\EFI\Microsoft\Boot\Fontsで未使用のフォント ファイルを削除します。

  7. ファイルを削除した後、デバイスを再起動します。 これにより、ドライブ文字が削除され、explorer.exeモードに戻ります。

これにより、SRP の使用可能な領域が永続的に小さくても増加します。
 

  1. 言語フォルダーを削除する

    1. キーを押Windows キーを押しながら R キーを押します。 表示された [実行] ウィンドウで 、「diskmgmt.msc」 と入力し、Enter キーを押します。

    2. [システム予約] とマークされた パーティションを選択します。 長押しするか、右クリックします。

    3. [ ドライブ文字とパスの変更] を選択します

    4. [追加] を選択します

    5. ドライブ 文字として「Y」 と入力します。

    6. [OK] をタップまたはクリックします。

    7. [スタート] メニュー で、cmd を 検索します。 検索結果から [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として 実行] を選択します

    8. コマンド プロンプトで 「Y:」と入力 し、Enter キーを押してそのドライブに切り替えます。

    9. 次を入力し、Enter キーを押します。

      takeown /d y /r /f 。



      注: スペースとピリオドを "f" より後に含める必要があります。または、コマンドが正しく動作しません。

    10. 次のように入力してドライブへのアクセス許可をバックアップし、Enter キーを押します。

      icacls Y:\* /save %systemdrive%\NTFSp.txt /c /t



      注: すべてのファイルが成功として表示され、失敗したファイルは表示されません。

    11. 「whoami」と入力して Enter キーを押し、ユーザー名を記録します。 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します
      。icacls . /grant<ユーザー名>:F /t注: ユーザー名と

      ":F" の間にスペースを入れないで、コマンドが機能しません。

    12. エクスプローラーで SRP ドライブを開き、[ブート] フォルダーにアクセスし、削除する言語フォルダーを選択して完全に削除します。 これらは 4 文字のセットで示され、ハイフンで分割されます。 たとえば、en-US は米国英語を意味します。de-DE はドイツ語を意味します。

  2. NTFS ログを切り捨てる

    1. まず NTFS ログのサイズを確認します。 コマンド プロンプトで次を入力し、Enter キーを押します
      。chkdsk /L Y:

      • サイズが 5000 KB 未満の場合は、ファイルを切り捨てる必要があります。

    2. ファイルを切り捨てるには、次を入力し、Enter キーを押します
      :chkdsk /L:5000 /X /F

    3. [ディスクの管理] ウィンドウに戻 ります。 [アクション] メニューをタップ またはクリックし 、[更新] を 選択します。 SRP の空き領域の割合が大きいか確認します。 その場合は、システム予約パーティションを長押しするか右クリックし、[ドライブ文字とパスの変更]を選択します[Y: ] を選択し、[削除] を選択します

  3. NTFS ログを切り捨てると SRP の空き領域が増えない場合は、USN ジャーナルのサイズを変更します。

    1. コマンド プロンプトで次を入力し、Enter キーを押します
      。fsutil usn queryjournal Y:

      • これにより、サイズが 16 進値で表示されます。 値を 10 進数に変換し、1048576で除算すると、結果は MB 単位になります。 (16 進数を 10 進数に変換するには:[計算ツール] を開Windows、[表示] メニューを選択し、[プログラマ] を選択します。 [16 進数] を選択し、[16 進数] の値を入力して、[12 月] を選択します)。

      • ジャーナルが 30 MB 以上の場合は、引き続き切り捨てします。

    2. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押してジャーナルを削除します
      。fsutil usn deletejournal /D /N Y:

    3. 新しいログ サイズ値
      fsutil usn createjournal m=1500 a=1 Y でジャーナルを再作成します。

  4. アクセス許可を復元する

    1. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

      icacls Y:\ /restore %systemdrive%\NTFSp.txt /c /t

      • 処理中に一部のファイルが失敗したことを示すメッセージが表示される場合があります。これは、バックアップ後にこれらのファイルが削除された場合に正常です。

      • 成功したファイルの量が none の場合、コマンドが正しく実行されませんでした。続行する前に、いくつかのファイルが正常に処理されている必要があります。

    2. 次のように入力して ACL を System に戻し、Enter キーを押します。

      icacls。 /grant system:f /t

    3. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押して、ドライブの所有者を System に戻します。

      icacls Y: /setowner "SYSTEM" /t /c

    4. [ディスクの管理] に戻り、データを更新して、SRP に空き領域の割合が大きいか確認します。 その場合、この時点でドライブ文字を削除できます。

    5. [システム予約パーティション ] を右クリックします

    6. [ ドライブ文字とパスの変更] を選択します

    7. Y: ドライブを選択します。

    8. [削除] を選択します

    9. [OK] をクリックします。

これにより、SRP の使用可能な領域が大きくなりますが、一時的に増加します。

  1. 250 MB 以上の空き領域を備え、NTFS 形式の外部ドライブを使用してください。

  2. キーを押Windows R キーを押します。表示された [実行] ウィンドウで、「diskmgmt.msc」と入力し、Enter キーを押します。

  3. [復旧パーティション] を選択します。 長押しするか、右クリックします。

  4. [ドライブ文字とパスの変更] を選択します。

  5. [追加] を選択します。

  6. ドライブ文字として「Y」と入力します。

  7. [OK] をタップまたはクリックします。

  8. [スタート] 画面で、右からスワイプインして [検索] チャームを選択するか、入力を開始して cmd を検索します。 検索結果からコマンド プロンプトを長押しまたは右クリックし、[管理者として実行] を選択します。

  9. コマンド プロンプトで「Y:」と入力し、Enter キーを押してそのドライブに切り替えます。

  10. 次を入力し、Enter キーを押します。
    takeown /d y /r /f 。

    注意 スペースとピリオドを "f" より後に含める必要があります。または、コマンドが正しく動作しません。

  11. 「whoami」と入力して Enter キーを押し、ユーザー名を記録します。 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    icacls。 /grant <username from whoami>:F /t

    注: ユーザー名と ":F" の間にスペースを入れておか、コマンドが機能しません。

  12. そのコマンドが完了したら、次を入力するか貼り付け、Enter キーを押します。

    attrib -s -r -h Y:\Recovery\WindowsRE\winre.wim

  13. エクスプローラーを開き、使用している外部ドライブのドライブ文字をメモします (これらの手順の残りの部分では、F: の例を使用します。これらの手順では、F: が表示される場所はどこでも、実際には外部ドライブのドライブ文字を意味します)。

  14. コマンド プロンプトで、次を入力し、Enter キーを押します。

    mkdir F:\Recovery\WindowsRE

  15. 次に、次を入力し、Enter キーを押します。

    xcopy Y:\Recovery\WindowsRE\winre.wim F:\Recovery\WindowsRE\winre.wim /h

  16. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押して、新しいパスをマップします。

    C:\Windows\System32\REImage /Path F:\Recovery\WindowsRE /Target C:\Windows

  17. コピーが正常に実行されたことを確認したら、次を入力し、Enter キーを押します。

    del Y:\Recovery\WindowsRE\winre.wim /F

  18. [ディスクの管理] ウィンドウに戻ります。 [アクション] メニューをタップまたはクリックし、[更新] を選択します。 SRP の空き領域の割合が大きいか確認します。 その場合は、アップグレードを続行します。

  19. アップグレードが完了したら、wim ファイルを回復パーティションに戻し、場所を再マップします。

    1. コマンド プロンプトで次を入力し、Enter キーを押します。

      xcopy F:\Recovery\WindowsRE\winre.wim Y:\Recovery\WindowsRE\winre.wim /h

    2. 元のパスに再マップします。 次を入力し、Enter キーを押します。

      C:\Windows\System32\大分 /SetREImage /Path Y:\Recovery\WindowsRE /Target C:\Windows

  20. [ディスクの管理] ウィンドウに戻ります。 回復パーティションを長押しまたは右クリックし、[ドライブ文字とパスの変更] を選択します。 [Y: ] を選択し、[削除] を選択します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×