現象

リモート PowerShell で Microsoft Exchange Online を使用してスクリプトまたはコマンドレットを実行して大規模なデータ セットを変更すると、次の現象のいずれかまたは両方が発生します。

  • スクリプトまたはコマンドレットの実行には長い時間が必要です。

  • PowerShell では、次の調整警告メッセージExchange Online表示されます。

    警告: マイクロ遅延が適用されます。 実際の遅延: <X> msecs,...
    警告: マイクロ遅延が適用されます。 実際の遅延: <X> msecs、強制

原因

この動作は仕様です。 調整は、サービス レベル アグリーメントに影響を与える可能性のあるサービスに対する悪意のある攻撃や意図しない攻撃を防ぐために使用されます。 警告メッセージは無視しても問題ない場合があります。

回避策 

この動作を回避するには、指定した順序で次のオプションを試してください。

オプション 1

Microsoft 365 管理センターでセルフヘルプ診断を実行して、テナントExchangeリモート PowerShell 調整ポリシーを更新します。 詳細については、「セルフヘルプ診断」を参照して、Exchange Online および Outlook。

オプション 2

PowerShell V2 Exchange Onlineを使用して、ジョブを実行します。 詳細については、「PowerShell V2 モジュールのExchange Online」を参照してください

オプション 3

スクリプトまたはコマンドレットに次の sleep 要素を追加します。 この要素は、スクリプトまたはコマンドレットを調整制限の境界内に遅くします。


Start-Sleep -m <Time in milliseconds>
次の例では、 Get-Mailbox コマンドレットを使用して取得されたメールボックスの一覧が変数に格納されています。 この変数は、すべてのメールボックスに対してアクションを実行するために使用されます。 通常、この種類のジョブは調整されます。 コマンドレットに sleep 要素を追加することで、調整制限の境界内に入れ直すことができます。

$MB=get-mailbox -resultsize unlimited $MB | %{Set-Mailbox $_.identity -CustomAttribute8 "Test"; Start-Sleep -m 500}

オプション 4

RobustCloudCommand モジュールを使用して、スクリプトまたはコマンドレットを実行します。 このモジュールは、組み込みのコマンドレットを使用して Install-Module できます。

RobustCloudCommand モジュールを使用して複数のパブリック フォルダーにアクセス許可を追加するプロセスの例を次に示します。

  1. 次のコマンドレットを実行して、パブリック フォルダーの一覧を PFList.csv ファイルにエクスポート

    しますInvoke-Command -Scriptblock {Get-PublicFolder -Recurse -Resultsize Unlimited | Select-Object -property Name,Identity} -Session (Get-Pssession) |Export-csv -Path C:\Temp\PFList.csv -NoTypeInformation

  2. 次のコマンドレットを実行して、RobustCloudCommand モジュールをインストール

    Install-Module -Name RobustCloudCommand -Force

  3. 次のコマンドレットを実行して、手順 1 で生成されたパブリック フォルダーの一覧を $PFList 変数にインポート

    $PFList = Import-Csv C:\Temp\PFList.csvします。

  4. 次のコマンドレットを実行して、$PFListパブリックフォルダーのアクセス許可を追加します。 このコマンドレットは、コマンドレットの詳細と発生する可能性があるエラーを含む LogFileName ログを作成します。

    Start-RobustCloudCommand -LogFile C:\Temp\LogFileName.log -Recipients $PFList -ScriptBlock {Add-PublicFolderClientPermission -Identity $input.identity.tostring() -User User@Contoso.com -AccessRights CreateItems} -IdentifyingProperty Identity -UserPrincipalName Admin@contoso.com

注: 通常、これらのコマンドレットは、変更されるオブジェクトの数に応じて、数時間または数日間実行できます。

詳細

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×