[MS06-071] Microsoft XML コア サービス 6.0 用のセキュリティ更新プログラム

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS06-071 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題



  • セキュリティ更新プログラム パッケージ 927977 により、KB927977.log という名前のログ ファイルが作成されることがあります。このログ ファイルは、システムによって生成された名前が付けられたフォルダに格納されます。このフォルダは、システム ドライブのルートに作成されます。パスは、次のようになります。

    C:\system generated name\KB927977.log
    注 : この例では、C がシステム ドライブです。



    このフォルダとログ ファイルは、任意で削除できます。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報


  • 複数のバージョンの Microsoft XML コア サービス (MSXML) がインストールされている場合、このセキュリティ更新プログラムの複数のパッケージをインストールすることが必要な場合があります。また、このセキュリティ更新プログラムのインストール後に、MSXML のいずれかのバージョンをインストールする場合は、このセキュリティ更新プログラムの別のパッケージを追加でインストールすることが必要な場合があります。

    入手可能な MSXML およびさまざまなマイクロソフト製品やソフトウェア更新プログラムに含まれている MSXML のバージョンの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。


    269238 Microsoft XML パーサー (MSXML) のバージョン一覧

  • MSXML 6.0 用のセキュリティ更新プログラム パッケージ 927977 は完全なインストール パッケージです。このパッケージを使用して、以前のバージョンの MSXML 6.0 がインストールされていないコンピュータに MSXML 6.0 をインストールできます。このパッケージを使用して、既存の MSXML 6.0 のインストールを更新することもできます。

  • Windows Update、Microsoft Update および SMS 2003 Inventory Tool for Microsoft Updates でセキュリティ更新プログラム パッケージ 927977 が提供されるのは、以前のバージョンの MSXML 6.0 が既にコンピュータにインストールされている場合のみです。

  • このセキュリティ更新プログラムは %SystemRoot%\SYSTEM32 フォルダにインストールされます。

  • MSXML 6.0 用のセキュリティ更新プログラム 927977 を削除すると、MSXML 6.0 がコンピュータから完全に削除されます。

  • 詳細ログを有効にし、Quiet モードでこのセキュリティ更新プログラムをインストールし、インストール後にコンピュータが再起動されないようにするには、次のようなコマンド ラインのコマンドを使用します。



    x86 ベースのコンピュータの場合

    msxml6-KB927977-jpn-x86.exe /q REBOOT=ReallySuppress /l*v c:\KB927977.logIA-64 ベースのコンピュータの場合

    msxml6-KB927977-jpn-ia64.exe /q REBOOT=ReallySuppress /l*v c:\KB927977.logAMD64 ベースのコンピュータの場合

    msxml6-KB927977-jpn-amd64.exe /q REBOOT=ReallySuppress /l*v c:\KB927977.logインストール処理の詳細ログは、コマンドで指定したファイルに保存されます。この例では、c:\KB927977.log ファイルです。

  • MSXML 6.0 用のセキュリティ更新プログラム パッケージ 927977 によってインストールされるファイルを次の表に示します。

ファイル名

バージョン

日付

時刻

サイズ

Msxml6.dll

6.0.3890.0

2006/11/04

20:25

1,321,744

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×