[MS16-010] なりすましに対処する Microsoft Exchange Server 用のセキュリティ更新プログラム (2016 年 1 月 12 日)

概要

このセキュリティ更新プログラムは Microsoft Exchange Server の脆弱性を解決します。この脆弱性により、Outlook Web Access (OWA) が Web 要求を適切に処理せず、ユーザー入力と電子メール コンテンツを正しくサニタイズしない場合に、情報漏えいが起こる可能性があります。

この脆弱性の詳細については、 を参照してください。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法については、「」を参照してください。

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。

詳細

Microsoft Exchange Server 2013参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。


このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。



Exchange Server 2016 のファイル情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×