概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の脆弱性を解決します。この脆弱性により、攻撃者が、ユーザーが提供するオンライン コンテンツを受け入れる特別に細工された Web サイトを閲覧するようにユーザーを誘導するか、特別に細工されたコンテンツを開くようにユーザーを誘導した場合、リモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性が悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。システムに関するユーザー権限が低く設定されているアカウントを使用しているユーザーは、管理者ユーザー権限で実行しているユーザーよりも影響が少なくなると考えられます。

この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-057 を参照してください。

詳細

重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、 「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

注: Windows RT 8.1 用のこの更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

搭載されている Windows のバージョンに対応するマイクロソフト セキュリティ情報 MS16-057 のダウンロード リンクをクリックします。

詳細

更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:インターナショナル サポート

ファイルに関する情報

File name

SHA1 hash

SHA256 hash

Windows8.1-KB3156059-x86.msu

3715F1C1361377332038B0981E2612F3D04E846A

46AAD8229975FA87331569F24CAEE23508BCE33B982536271F86982AEA8CB5F4

Windows8.1-KB3156059-x64.msu

23F332F9C78AAAC223B862F58871BDAB244CFDE8

24269341D501648C0FDEB444547ACE412B1DB30FF1040A182E51B6D085A620B8


このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報

注意事項

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。

    Version

    Product

    Milestone

    Service branch

    6.3.960 0.17 xxx

    Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2

    RTM

    GDR

  • GDR 区分には、広範囲にわたる緊急の問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

  • インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョン (x86 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Windows.ui.dll

6.3.9600.18302

375,296

09-Apr-2016

21:50

x86

サポートされているすべてのバージョン (x64 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Windows.ui.dll

6.3.9600.18302

534,016

09-Apr-2016

21:58

x64

Windows.ui.dll

6.3.9600.18302

375,296

09-Apr-2016

21:50

x86


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×