2 を Windows Small Business Server 2011 標準の移行準備ツールの更新します。

概要

この資料では、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011 標準的な移行準備ツールの更新 2 を説明します。定期的なメンテナンス ルーチンの一部としてこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

更新プログラムの情報

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムを取得し、[移行準備ツールを実行し、更新プログラムの確認します。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、Windows 小規模ビジネス サーバー 2011 標準的な移行準備ツールの移行元サーバーにインストールが必要です。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムにより、以前にリリースされた更新プログラムが置き換わることはありません。

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムには、次の問題が修正されます。

問題 1

次のような状況を考えます。

  • DNS の管理スナップインで (ファイル) では、contoso.local の DNS ゾーンにある _msdcs サブドメインを削除します。

  • _Msdcs 委任は、contoso.local の DNS ゾーンから削除します。

  • 問題をスキャンするように、Windows Server 2012 のに関する重要事項の移行準備のツールを実行するとします。


このシナリオでは、ローカル サーバーが [ネーム サーバー レコードにないことを示すエラーが検出されます。この更新プログラムは、このエラー条件についての正しい情報を表示するエラー メッセージを変更します。



問題 2

ファイル レプリケーション サービスのいくつかの不要な検査のため、標準のエディションの Windows Server から Windows 小規模ビジネス サーバー 2011 標準への移行が成功した可能性があります。(このサービスがソース サーバー上で実行)。この更新プログラムは、Windows Small Business Server を実行していない元のサーバーにこれらのチェックがスキップされるように、移行を変更します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×