2013 の Exchange Server データベースが Exchange Server 2007 との共存環境で予期しないフェールオーバーします。

現象

共存環境で Microsoft Exchange Server 2013 と Microsoft Exchange Server 2007 を展開したと仮定します。累積的な更新 6 (CU6) にアップグレードすると、データベース可用性グループのノード間でデータベースが予期せずに失敗することがわかります。

この問題を解決するには、 をインストールします。

回避策

マイクロソフトは、またこの問題を解決する更新プログラムを展開する共存環境で Exchange Server 2013 と Exchange Server 2007 を展開しているユーザーに強く推奨します。代わりに、お客様は、この問題を回避するのには次の方法を試すことが。

  • ユーザーを Exchange Server 2013 に移行するときは、委任されたリレーションシップのすべてのメールボックスが一緒に移動するを確認します。

  • 委任されたリレーションシップを使用するユーザーが同じバージョンの Exchange Server で展開されていることを確認してください。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ユーザー メールボックスがあるでは、Exchange Server 2007 は、Exchange Server 2013 CU6 を実行しているサーバーに配置されている委任されたメールボックスにアクセスしようとすると、問題が発生します。

更新された Exchange Server 2013 を実行しているサーバーがユーザーを認証しようとすると、Exchange Server 2007 によって理解されていないメカニズムが使用されます。これが原因で、Exchange Server 2013 ストア プロセスがクラッシュして、別のサーバーにデータベースをフェールオーバーします。Microsoft Exchange Server 2010 との共存は、この問題の影響を受けません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×