2015年11月10日、SharePoint Foundation 2013 の更新プログラム (KB3085508)

注意事項

この更新プログラムは使用できなくなりました。 この記事で説明されている問題を解決するには、次の Microsoft ドキュメントの記事から最新の Microsoft Office の更新プログラムをインストールしてください。

Windows インストーラー (MSI) を使用する Office のバージョンの最新の更新プログラム

この記事では、2015年11月10日にリリースされた Microsoft SharePoint Foundation 2013 の更新 KB3085508 について説明します。 この更新プログラムには前提条件があります。

機能追加および修正

次の問題を修正しました。

  • SharePoint URL をクリックすると、redirect_uri パラメーターに設定されている URL ではなく、別の URL にリダイレクトされます。 この問題は、リダイレクト URL が検証されていないために発生します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3489035 (Office15)

  • サードパーティの web ブラウザーを使用して SharePoint Server 2013 の予定表を参照すると、予定表のビューの [追加] ボタンがクリックできなくなります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3511824 (Office15)

更新プログラムの情報

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

参照情報

ては、こちらを参照してください。 「」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバルバージョンには、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを確認するには、[コントロールパネル] の [日付と時刻] の [タイムゾーン] タブを使用します。

wss-x-none ファイルの情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×