2015年8月11日、SharePoint Foundation 2010 の更新プログラム (KB3055049)

注意事項

この更新プログラムは使用できなくなりました。 この記事で説明されている問題を解決するには、次の Microsoft ドキュメントの記事から最新の Microsoft Office の更新プログラムをインストールしてください。

Windows インストーラー (MSI) を使用する Office のバージョンの最新の更新プログラム

この記事では、2015年8月11日にリリースされた Microsoft SharePoint Foundation 2010 の更新 KB3055049 について説明します。 この更新プログラムには前提条件があります。

機能追加および修正

次の問題を修正しました。

  • 一部の SharePoint Server 2010 項目のの値をTrueに設定すると、重複するドキュメント ID が生成されることがあります。 この場合、アイテムを開くときに、アイテムを直接参照するのではなく、複数のアイテムを含む検索ページにリダイレクトされることがあります。または、正しくないドキュメントが開かれている可能性があります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 901495 (Office14)

  • 多くのアイテムが含まれている SharePoint Server 2010 ドキュメントライブラリにアクセスするのに予想より長い時間がかかります。 この問題は、アイテムに一意に定義された権限があり、ドキュメントライブラリ内のすべてのアイテムではなく、一部のアイテムにアクセスする権限がある場合に発生します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 902175 (Office14)

更新プログラムの情報

再起動に関する情報

この更新プログラムのインストール後にコンピュータの再起動が必要になる場合があります。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

詳細情報

この更新プログラムには、次の表に記載されているファイルが含まれています。Wssmui-en-us ファイルの情報

関連情報

ては、こちらを参照してください。 「」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×