2016 年 8 月 9 日、更新プログラムが追加され、2016 の Excel でデータ接続と変換の機能を向上させます。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

、次のデータ接続をインストールすると Excel 2016 の変換機能を利用します。

  • 強化された SAP ハナ コネクタ - の変数やパラメーターの値の複数選択を有効にします。

  • OData コネクタ - を強化する OData フィードからオープン型の列をインポートするオプションを追加します。

  • アクセス DB コネクタ - の強化、[ナビゲーター] ダイアログ ボックスで、関連するテーブルの選択] ボタンを追加します。

  • 英語クエリ ・ エディターで [ステップ名を生成するオプションを追加します。

  • クエリ ・ エディターでクエリの手順について説明します。

  • DateTime 列から 1 週間の曜日と月の名前を抽出します。

  • 日付と時刻を 1 つの DateTime 列にマージします。

  • DateTime 列を基に 1 時間の先頭または末尾を抽出します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×