2018 年 11 月 14 日 — KB4467691 (OS ビルド 14393.2608)

リリース日:

バージョン:

2018/11/13

OS Build 14393.2608

Windows 10 Version 1607 は、2018 年 4 月 10 日にサービスを終了しました。 Windows 10 Home または Pro エディションを実行しているデバイスには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

重要: Windows 10 Enterprise エディションと Windows 10 Education エディションは、無料でサービスが 6 か月間延長されます。  ライフサイクル ポリシー ページに従い、長期的なサービス チャネル (LTSC) デバイスには 2026 年 10 月まで更新プログラムが引き続き送信されます。  Microsoft コミュニティ ブログに従い、Intel “Clovertrail” チップセットを実行する Windows 10 Anniversary Update (v. 1607) デバイスには、2023 年 1 月まで更新プログラムが引き続き送信されます。

Windows Server 2016 Standard Edition、Nano Server インストール オプション、Windows Server 2016 Datacenter エディション、Nano Server インストール オプションは、 2018 年 10 月 10 日にサービスを終了しました これらのエディションには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

Windows 10 Mobile Version 1607 は、2018 年 10 月 9 日にサービスを終了しました。 Windows 10 Mobile および Windows 10 Mobile Enterprise を実行しているデバイスには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

機能追加および修正

この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • AMD ベース コンピューターに対する投機的ストア バイパス (CVE-2018-3639) と呼ばれる投機的実行サイドチャネルの脆弱性の新しいサブクラスから保護する機能を提供します。 これらの保護機能は、既定で有効ではありません。 Windows クライアント (IT プロ) 向けガイダンスについては、KB4073119 の指示に従ってください。 Windows Server 向けガイダンスについては、KB4072698 の指示に従ってください。 これらのガイダンス ドキュメントを使用して、投機的ストア バイパス (CVE-2018-3639) の緩和策を有効にします。 さらに、スペクター バリアント 2 (CVE-2017-5715) およびメルトダウン (CVE-2017-5754) に対して既にリリースされている緩和策を使用します。

  • Microsoft Edge、Internet Explorer、Windows Scripting、Windows App Platform、Frameworks、Windows Graphics、Windows ワイヤレス ネットワーク、Windows カーネル、Windows Server のセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性向上のために Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期的なサービス エディションには適用されません。 

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

この更新プログラムをインストールした後に、Windows Server 2019 および 1809 の LTSC キー管理サービス (KMS) (CSVLK) ホスト キーのインストールとクライアントのライセンス認証が予期したとおりに動作しません。

この問題は KB4467684 で解決されています。

この更新プログラムをインストールすると、Active Directory リサイクルなどのオプション機能が有効になっているフォレストで、ルートではないドメインを作成する Windows Server 2016 の昇格が失敗します。 “レプリケーション操作中に、データベースのエラーが発生しました” というエラーが発生します。

この問題は KB4467684 で解決されています。

8 月の品質ロールアップのプレビューまたは 2018 年 9 月 12 日の .NET Framework の更新プログラムをインストールすると、SqlConnection のインスタンス化から例外がスローされます。  この問題の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。

4470809 2018 年 8 月から 9 月の .NET Framework の更新プログラムの後に発生する .NET Framework 4.6 以降の SqlConnection インスタンス化の例外。

この問題は KB4480977 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後に、Windows Media Player で特定のファイルを再生するときにユーザーがシーク バーを使用できなくなることがあります。この問題は通常の再生には影響がありません。

この問題は KB4471321 で解決されています。

搭載されている RAM が 8 GB 未満の一部の Lenovo 製と富士通製のラップトップでは、KB4467691 をインストールした後、Windows が起動に失敗することがあります。

影響を受ける Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) 搭載のコンピューターを再起動します。 セキュア ブートを無効にしてから再起動します。

お使いのコンピューターで BitLocker が有効になっている場合は、セキュア ブートを無効にした後に BitLocker の回復を実行する必要があります。

Lenovo と富士通はこの問題を認識しています。 お使いのデバイス用のファームウェア更新プログラムがリリースされているかどうかは、OEM にお問い合わせください。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 詳細については、「サービス スタック更新プログラム」を参照してください。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4465659) が自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログにアクセスしてください。     

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ  Web サイトにアクセスします。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4467691 のファイル情報をダウンロードしてください。  

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×