目次
×

リリース日:

2018/04/10

バージョン:

OS ビルド 10586.1540

これは、Windows 10 バージョン 1511 の追加サービスの提供の一部として Windows 10 Enterprise エディションおよび Windows 10 Education エディション向けに提供される最後の更新プログラムです。

重要: バージョン 1511 の追加サービスは、この更新プログラム以降延長されません。 品質更新プログラムを引き続き受け取るには、最新バージョンの Windows 10 に更新することをお勧めします。

機能追加および修正

この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • 更新されたタイム ゾーン情報に関するその他の問題を修正しました。

  • 場合によっては、Internet Explorer がカスタム コントロールを識別できない問題を修正します。

  • Internet Explorer、Microsoft Scripting Engine、Windows RDP、Windows カーネル、Windows IIS、Windows Datacenter Networking、Microsoft Edge、Windows Hyper-V 、Windows 仮想化およびカーネルのセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性向上のために Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期間のサービス エディションには適用されません。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

2018 年 3 月 14 日以降の Windows 10 バージョン 1511 の累積的な更新プログラムをインストールした後は、最新の Windows 10 の機能更新プログラムのみが適用可能と表示されます。 その結果、ConfigMgr (Current Branch) と Windows 10 サービス プランを使用する以前にリリースされた機能更新プログラムが展開されなくなります。

サポートされている最新バージョンの Windows 10 Fall Creators Update (バージョン 1709) に更新することをお勧めします。

 

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4093109 のファイル情報をダウンロードしてください。  

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×