2019 年 11 月 5 日、PowerPoint 2016 (KB4484134) の更新プログラム

この資料では、2019 年 11 月 5 日にリリースされた PowerPoint 2016 用の更新プログラム 4484134 について説明します。

マイクロソフト ダウンロード センターの更新プログラムは、Office 2016 のマイクロソフト インストーラー (.msi) ベースのエディションに適用されます。Microsoft Office 365 ホームなどの Office 2016 クイック実行エディションには適用されません (「使用している Office のバージョン」を参照してください)。).

機能追加および修正

Powerpoint また、 デスクトップ コンピュータ。レジストリキーを使用できます。 をクリックして、この機能を有効または無効にします。

レジストリ キー

場所: HKEY_CURRENT_USER \ソフトウェア\ポリシー\マイクロソフト\Office\16.0\PowerPoint\オプション

値の種類: DWORD

値の名前: 許可する自動拡張

値のデータ:

  • 0:PowerPoint が自動的に拡張できないようにする デスクトップ コンピュータでプレゼンテーションを行うときに表示します。

  • 1:表示を自動的に拡張できるようにする デスクトップ コンピュータでプレゼンテーションを行う場合。

この更新プログラムには、次の問題も含まれています。

  • いつおき Surface のペンを使用してプレゼンテーションにテキストを入力すると、画面がちらつき、 入力したテキストは失われます。

更新プログラムのダウンロードおよびインストール方法

Microsoft Update

Microsoft Updateを使用して、更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールします。

ダウンロード センター

この更新プログラムは Microsoft ダウンロード センターからも手動によりダウンロードしてインストールできます。

不明な場合 実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) は、「32ビットまたは 64 ビットの Office を実行しているか」を参照してください。さらに、 マイクロソフト サポートのダウンロード方法の詳細を参照してください。 ファイル.

ウイルス スキャンに関する注意事項

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、PowerPoint 2016 がインストールされている必要があります。

再起動の情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

その他の情報

この更新プログラムのアンインストール方法

Windows 10

  1. [スタート] を選択し、[Windows を検索] ボックスに「インストールされた更新プログラムを表示」と入力し、Enter キーを押します。

  2. 更新プログラムの一覧でKB4484134を見つけて選択し、[アンインストール]を選択します。

Windows 8 および Windows 8.1

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] を選択します。 マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。

  2. windows update」と入力し、[Windows Update] を選択して [インストールされた更新プログラム] を選択します。

  3. 更新プログラムの一覧でKB4484134を見つけて選択し、[アンインストール]を選択します。

Windows 7

  1. [スタート] を選択し、「実行」と入力し、[ファイル名を指定して実行] を選択します。

  2. 「Appwiz.cpl」と入力し、[OK] を選択します。

  3. [インストールされた更新プログラムを表示] を選択します。

  4. 更新プログラムの一覧でKB4484134を見つけて選択し、[アンインストール]を選択します。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に記載されている属性を持つファイルがインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は、世界協定時刻 (UTC) に一覧表示されます。ローカル コンピュータ上のこれらのファイルの日付と時刻は、現在の夏時間 (DST) バイアスと共に現地時間で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更される場合があります。

x86

powerpoint-x-none.msp ファイル情報

ファイル識別子

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

Msppt.olb

Msppt.olb

16.0.4684.1000

428,288

15-Oct-2019

20:25

Powerpnt.man

Powerpnt.exe.manifest

Not applicable

4,172

15-Oct-2019

20:25

Ppcore.dll

Ppcore.dll

16.0.4924.1000

12,126,512

15-Oct-2019

20:25

Ppintl.dll_1033

Ppintl.dll

16.0.4723.1000

1,214,144

15-Oct-2019

20:24

x64

powerpoint-x-none.msp ファイル情報

ファイル識別子

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

Msppt.olb

Msppt.olb

16.0.4666.1000

428,280

15-Oct-2019

20:33

Powerpnt.man

Powerpnt.exe.manifest

Not applicable

4,172

15-Oct-2019

20:33

Ppcore.dll

Ppcore.dll

16.0.4924.1000

18,662,704

15-Oct-2019

20:33

Ppintl.dll_1033

Ppintl.dll

16.0.4723.1000

1,214,152

15-Oct-2019

20:28

関連情報

マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一番の用語について説明 します。Office システム TechCenterには、すべてのバージョンの Office に関する最新の管理者用更新プログラムと戦略的な展開リソースが含まれています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×