目次
×

リリース日:

2019/04/25

バージョン:

Preview of Monthly Rollup

機能追加および修正

このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4493451 (2019 年 4 月 10 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。

  • CALDATETIME 構造が 4 つ以上の日本の元号を処理できない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。

  • 日本の新元号に対応するために、NLS レジストリを更新します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。

  • 日本の日付形式で DateTimePicker が日付を正しく表示しない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。

  • 日付と時刻の設定のコントロールが古い元号をキャッシュして、時刻が日本の新元号に切り替わる際にコントロールが更新されない問題を修正します。   詳細については、KB4469068 を参照してください。

  • 日本の新元号に対応するために、フォントを更新します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。

  • 入力方式エディター (IME) が日本の新元号の文字に対応できない問題を修正します。 詳細については、KB4469068 を参照してください。

  • 時計とカレンダーのポップアップ コントロールが、日本の新元号の月の日付にマップされた週の曜日を正しく表示しない問題を修正します。  詳細については、KB4469068 を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

この更新プログラムをインストールした後に、可変のウィンドウ拡張を使用するように構成された Windows 展開サービス (WDS) サーバーから、Preboot Execution Environment (PXE) を使用してデバイスを起動しようとすると問題が発生することがあります。 この問題により、イメージのダウンロード中に WDS サーバーへの接続が中断することがあります。 この問題は、可変のウィンドウ拡張を使用していないクライアントまたはデバイスには影響がありません。

この問題は KB4503285 で解決されています。

名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。

  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

マイクロソフトと Sophos は、Sophos Central または Sophos Enterprise Console (SEC) で管理されている Sophos Endpoint Protection がインストールされているデバイスにこの更新プログラムをインストールした後、再起動時にシステムが応答しなくなることがある問題を特定しました。

Sophos Endpoint がインストールされているデバイスでは、解決策が見つかるまで、この更新プログラムの受信が一時的にブロックされています。

Sophos Endpoint および Sophos Enterprise Console ユーザー向けのガイダンスについては、Sophos のサポート記事 (英語情報) を参照してください

マイクロソフトと Avira は、Avira ウイルス対策ソフトウェアがインストールされているデバイスにこの更新プログラムをインストールした後、再起動時にシステムが応答しなくなることがある問題を特定しました。

Avira ウイルス対策ソフトウェアがインストールされているデバイスでは、この更新プログラムの受信が一時的にブロックされています。

現在、マイクロソフトは Avira と共にこの問題を調査しており、準備ができ次第、更新プログラムを提供する予定です。

Microsoft Excel で、MS UI Gothic または MS PGothic フォントを使用しているときに、テキスト、レイアウト、またはセルのサイズの幅が予想よりも狭く、または広くなることがあります。 たとえば、MS UI Gothic を使用すると、Microsoft Excel シートのレイアウトとセルのサイズが変わることがあります。

この問題は KB4499171 で解決されています。

以前の辞書の更新プログラムがインストールされている場合、日本語入力方式エディター (IME) でテキスト入力の選択肢として日本の新元号名が表示されません。

以下の辞書の更新プログラムのいずれかが表示される場合は、[プログラムと機能] > [プログラムのアンインストールまたは変更] からアンインストールしてください。 以前の辞書の更新プログラムに含まれていた新しい単語は、この更新プログラムにも含まれています。

  • 日本語 Microsoft IME 標準辞書用の更新プログラム (15.0.2013)

  • 日本語 Microsoft IME 標準拡張辞書用の更新プログラム (15.0.2013)

  • 日本語 Microsoft IME 標準辞書用の更新プログラム (15.0.1215)

  • 日本語 Microsoft IME 標準拡張辞書用の更新プログラム (15.0.1215)

  • 日本語 Microsoft IME 標準辞書用の更新プログラム (15.0.1080)

  • 日本語 Microsoft IME 標準拡張辞書用の更新プログラム (15.0.1080)

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムは、Windows Update のオプションの更新プログラムとして提供されています。 Windows Update の実行方法については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 更新プログラム 4493462 のファイル情報をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×