注意事項

この 2021 年 9 月の累積的な更新プログラム (CU) では、緊急対応策(EM) Exchange をインストールします。 このサービスは、リスクに対する潜在的な脅威に対処するための軽減策Microsoft Exchange Serverを適用することで、アプリケーションを実行しているサーバーをセキュリティで保護するために設計されています。 クラウド ベースの Office Config Service (OCS) を使用して、利用可能な軽減策を確認してダウンロードし、診断データを Microsoft送信します。 

この CU には、次の追加の前提条件があります。

2019 年Microsoft Exchange Server累積的な更新プログラム 11 は、2021 年 9 月 28 日にリリースされました。 セキュリティ以外の問題に対する修正プログラムと、セキュリティとセキュリティ以外の問題に対して以前にリリースされていたすべての修正プログラムが含まれています。 これらの修正プログラムは、今後の Exchange Server 2019 用の累積的な更新プログラムにも含まれる予定です。 

この累積的な更新プログラムの既知の問題

  • Exchange がインストールされている、または Setupの /PrepareDomain オプションを使用して以前に準備されたマルチドメイン Active Directory フォレストでは、この累積的な更新プログラムに対する /PrepareAD コマンドが完了し、変更がすべてのドメインにレプリケートされた後に、このアクションを完了する必要があります。 Setup では、最初のサーバーのインストール中に /PrepareAD コマンドを実行しようとします。 Setup を起動したユーザーに適切なアクセス許可がある場合にのみ、インストールが終了します。

    • マルチドメインでの /PrepareDomain 操作について

      /PrepareDomain 操作は 、/PrepareADコマンドが実行される Active Directory ドメインで自動的に実行されます。 ただし、フォレスト内の他のドメインを更新できない可能性があります。 このため、ドメイン管理者はフォレスト内の他のドメイン内で /PrepareDomain を実行する必要があります。

    • アクセス許可の質問について

      セットアップで/PrepareADがトリガーされるので、セットアップを開始するユーザーがスキーマ管理者と Enterprise 管理者のメンバーではない場合、準備チェックは失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

      エラー 1

      The Active Directory schema isn't up-to-date, and this user account isn't a member of the 'Schema Admins' and/or 'Enterprise Admins' groups. (Active Directory スキーマが最新ではありません。このユーザー アカウントは 'Schema Admins' または 'Enterprise Admins' グループのメンバーではありません。) 詳細については、http://technet.microsoft.com/library(EXCHG.150)/ms.exch.setipreadiness.SchemaUpdateRequired.aspx を参照してください。

      エラー 2

      Global updates need to be made to Active Directory, and this user account isn't a member of the 'Enterprise Admins'group. (Active Directory に対してグローバル更新プログラムを実行する必要があります。このユーザー アカウントは 'Enterprise Admins' グループのメンバーではありません。) 詳細については、http://technet.microsoft.com/library(EXCHG.150)/ms.exch.setupreadiness.GlobalUpdateRequred.aspx を参照してください。

  • 自動検出イベント ID 1 は、Exchange Server 2019 用の累積的な更新プログラム 3 をインストールした後に発生します。 詳細については、KB 4532190 を参照してください。

  • ECP でユーザー メールボックスを作成しようとすると、「500 予期しないエラー」が表示されます。 詳細については、KB 5001874 を参照してください。

  • iPhone のメールを使用して非常に大きな添付ファイルを送信すると、「メールを送信できません - メールボックスがいっぱいです」というエラーが表示されます。 詳細については、KB 5004622 を参照してください。

この累積的な更新プログラムで修正される問題

この累積的な更新プログラムを適用することにより、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている問題も修正されます。

  • 5006980 Exchange Server 2019 および 2016 の PerfView を使用した署名エラー (KB5006980)

  • 5006982 正しくない既定値 (KB5006982) が原因で、オンプレミスの Exchange キューがバックアップされる

  • 5006983 Exchange Server中に作成された 2019 および 2016 の証明書では、SHA-1 ハッシュ (KB5006983) を使用します。

  • 5006984 コンピューター コンテナーまたは RODC が 2019 年と 2016 年に名前が変更または移動された場合に Exchange Server prepareAD が失敗する (KB5006984)

  • 5006986 デスクトップからOutlookメッセージを開いて行間を削除する (KB5006986)

  • 5006988 .pst ファイルのエクスポートが 2019 年と 2016 年Exchange Serverに再びトリガーされる (KB5006988)

  • 5006989 Edge サーバーが AddressSpaces (KB5006989) をマップする場合、サブドメインにワイルドカードを含む許可されたドメインは使用されません。

  • 5006990 Exchange (既定の文字セット) を使用するフォールバックを構成した後、CU のインストール5006990失敗する

  • 5006991 2019 年 1 日にメール クォータ警告メッセージExchange Server送信されなくなりました (KB5006991)

  • 5006992 Exchange Server 2019 または 2016 (KB5006992) で OWA でルームを追加しようとするときに、ルーム リストが見つかりません

  • 5006993 Exchange Server 2019 および 2016 で SSL がオフロードされている場合、Chrome で OWA にログオンできない (KB5006993)

  • 5006994 BCC 値は、2019 年と 2016 年Exchange Server共有メールボックスの [送信されたアイテム] に保持5006994)

  • 5006995 韓国語のメール メッセージでは、2019 年と 2016 年Exchange Server受信者の一部が正しく表示されない (KB5006995)

  • 5006996 Export-AutoDiscoverConfig管理者パスワードが公開され、署名が必要なドメイン コントローラーに対して機能しません (KB5006997)

  • 5006997 OWA の韓国語メッセージは、2019 年と 2016 年にリストをフィルター処理した後、"開始日" Exchange Server表示されます。

  • 5006999 "401" エラーが発生し、Outlook 2019 (KB5006999) で資格情報の入力を繰り返しExchange Server求めるメッセージが表示される

  • 5007042 OWA Virtual Directory (KB5007042) で機能を表示するとエラー ウィンドウが表示される

  • 5007043 Exchange Server SU の更新プログラムの追加と削除が正しく行え (KB5007043)

  • 5007044 Start-MailboxAssistant 2019 (KB5007044) では EMS Exchange Server使用できません

Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 11 を取得する

ダウンロード センター

ダウンロード 2019 (KB5005334) 用の累積的な更新プログラム 11 Exchange Serverダウンロード

ボリューム ライセンス センター

Exchange Server 2019 の累積的な更新プログラム 11 を取得するには、Microsoft ボリューム ライセンスセンター に移動します
 

 累積的な更新プログラム 11 パッケージを使用して、Exchange Server 2019 の新しいインストールを実行したり、既存の Exchange Server 2019 インストールを累積的な更新プログラム 11 にアップグレードしたりすることができます。

ファイル情報

ファイル ハッシュ情報

File name

SHA256 ハッシュ

ExchangeServer2019-x64-cu11.iso

79F87AAD53E9A633291ADDEFB14DB574BACB673C784CED67C606A7356D215771 

変更履歴

 次の表は、このトピックに対する最も重要な変更の一部をまとめたものです。

日付

説明

2021 年 8 月 30 日

「この累積的な更新プログラムの新機能」セクションを追加しました。

2021 年 9 月 28 日

記事の上部に 「通知」を追加しました。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×