2020 年 10 月 13 日 — KB4579311 (OS ビルド 19041.572)

リリース日:

2020/10/13

バージョン:

OS ビルド 19041.572

新規
重要リリースノートが変わります。新しい URL、メタデータの更新などの詳細については、「Windows リリース ノートの次の内容」を参照してください。

重要 2020 年 7 月から、Windows 10 および Windows Server Version 1809 以降のセキュリティ以外のリリースを再開します。毎月の累積的なセキュリティ更新プログラム (「B」リリースまたは Update Tuesday リリースとも呼ばれます) に変更はありません。詳細については、ブログ投稿「オプションの Windows 10 および Windows Server のセキュリティ以外の月次更新プログラムの再開」を参照してください。

重要 2020 年 7 月から、セキュリティの脆弱性により、すべての Windows Update で RemoteFX vGPU機能が無効になります。この脆弱性の詳細については、CVE-2020-1036KB4570006 を参照してください。この更新プログラムをインストールした後で、RemoteFX vGPU が有効になっている仮想マシン (VM) を起動しようとすると失敗し、次のようなメッセージが表示されます。

RemoteFX vGPU を再度有効にすると、次のようなメッセージが表示されます。

  • 「Hyper-V マネージャーでは、すべての RemoteFX 対応 GPU が無効になっているため、仮想マシンを起動することはできません。」

  • 「サーバーに十分な GPU リソースがないため、仮想マシンを起動できません。」

  • 「RemoteFX 3D ビデオ アダプターは現在サポートされていません。このアダプターを引き続き使用すると、セキュリティ リスクにさらされる可能性があります。詳細情報 (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=2131976)」

緊急、セキュリティ、ドライバー、サービス パックなど、さまざまな種類の Windows 更新プログラムの詳細については、こちらの記事を参照してください。

新しいコンテンツがリリース情報ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@WindowsUpdate をフォローしてください。

このリリースには、2020 年 10 月 13 日にリリースされた Microsoft HoloLens (OS ビルド 19041.1124) の更新プログラムも含まれています。 Microsoft では、この最新の OS のビルドに更新されていない Microsoft HoloLens での Windows Update の信頼性を向上するために、更新プログラムを Windows Update クライアントに直接リリースします。

注目点

  • Microsoft Office 製品を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。

  • ユーザー名およびパスワードの検証に関する更新プログラム。

  • Windows で基本的な操作を実行する際のセキュリティを強化するための更新プログラム。

機能強化および修正

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。重要な変更は、次のとおりです。

  • このビルドには、Windows 10 Version 2004 のすべての機能強化が含まれています。

  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。重要な変更は、次のとおりです。

  • Win32k で特権が昇格する可能性がある問題に対処します。

  • %systemroot%\system32 から、アルファベット順で重要なファイルを再帰的に削除する可能性があるグループ ポリシー サービスの問題に対処します。この問題は、ポリシーがキャッシュされたプロファイルを削除するように構成されている場合に発生します。これらのファイルを削除することにより、停止エラー「0x5A (CRITICAL_SERVICE_FAILED)」ブートエラーが発生することがあります。

  • ユーザー インターフェイスを使用すると null ポートが作成される問題に対処します。

  • Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows Media、Windows Fundamentals、Windows 認証、Windows 仮想化、および Windows カーネルのセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

セキュリティ上の脆弱性の解決について詳しくは、セキュリティ更新プログラム ガイドをご覧ください。

Windows Update の機能強化

Microsoft は、信頼性を向上するために、Windows Update クライアントに更新プログラムを直接リリースしました。Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。この更新プログラムは、長期サービス エディションには適用されません。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

日本語や中国語の Microsoft Input Method Editor (IME) を使用している場合、さまざまなタスクを実行するときに問題が発生することがあります。入力に問題があったり、予期しない結果が出たり、またはテキストを入力できない可能性があります。

KB4564002 に記載されているすべての IME の問題は KB4586853 で解決されました。

サードパーティ製のドライバーをインストールする場合に、"Windows はこのドライバー ソフトウェアの発行元を確認できません" というエラーが表示されることがあります。Windows エクスプローラーを使用して署名プロパティを表示しようとすると、「サブジェクトに署名がありません」というエラーが表示されることもあります。

この問題は、次の 1 つ以上がドライバー パッケージに含まれている場合に発生します。

  • Windows による検証中、不適切に書式設定されたカタログ ファイルが識別されました。このリリース以降、Windows では、カタログ ファイルに DER エンコードされた PKCS # 7 コンテンツの有効性が必須になります。カタログ ファイルは、X.690 の一連のメンバー向け DER エンコードを記述するセクション 11.6 ごとに署名する必要があります。

  • ドライバー カタログ ファイル拡張子は、サポートされている拡張子の 1 つではありません。

この場合は、ドライバーの仕入先またはデバイスの製造元 (OEM) に、問題を修正するために更新されたドライバーがあるかお問い合わせください。

デバイスを Windows 10 バージョン 1809 以降から Windows 10 以降のバージョンに更新すると、システム証明書とユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスは、2020 年 9 月 16 日以降にリリースされた最新の 累積アップデート (LCU) をすでにインストールしている場合にのみ影響を受け、その後、2020 年 10 月 13 日以降にリリースされた LCU が統合されていないメディアまたはインストールソースから、Windows 10 の新しいバージョンへの更新に進みます。これは主に、 Windows Server Update Services (WSUS) や Microsoft Endpoint ConfigurationManager などの更新管理ツールを介して古いバンドル またはメディアを使用して管理対象デバイスが更新された場合に発生します。これは、最新の更新が統合されていない古い物理メディアまたは ISO イメージを使用している場合にも発生する可能性があります。

Windows Update for Business を使用しているデバイス、または Windows Update に直接接続しているデバイスは影響を受けません。Windows Update に接続するすべてのデバイスは、追加の手順なしで、最新の LCU, を 含む最新バージョンの機能更新を常に受信する必要があります。

 デバイスでこの問題がすでに発生している場合は、こちらの手順を 使用して以前のバージョンの Windows に戻ることにより、アンインストール ウィンドウ内でこの問題を軽減できます。アンインストール ウィンドウは、環境の構成 と更新するバージョンによって 10 日または 30 日かかる場合があります。その後、ご使用の環境で問題が解決したら、Windows 10 の新しいバージョンに更新する必要があります。 アンインストール ウィンドウ内で、DISM コマンド/Set-OSUninstallWindow を使用して、以前のバージョンの Windows10 に戻るまでの日数を増やすことができます。既定のアンインストール ウィンドウが消える前に、この変更を行う必要があります。詳細については、「 DISM オペレーティング システムのアンインストール コマンドライン オプション」を参照してください。

現在この問題の解決に取り組んでおり、今後数週間以内に更新されたバンドルと更新されたメディアを提供します。

Microsoft 日本語入力方式エディター (IME) を使用して、ふりがなの入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、正しいふりがなが得られない場合があります。ふりがなを手動で入力する必要がある場合があります。

注: 影響を受けるアプリは、ImmGetCompositionString() 関数を使用しています。

Microsoft では現在この問題の解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、最新の累積的な更新プログラム (LCU) をインストールする前に、オペレーティング システムに応じた最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールするよう強くお勧めしています。LCU をインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラムサービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4577266) が自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

はい

ありません。この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品:Windows 10 Version 1903 以降

分類:セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4579311 のファイル情報をダウンロードしてください。 

注: 一部のファイルには、CSV ファイルの [ファイル バージョン] 列に誤って “該当なし” が含まれています。これにより、サードパーティ製のスキャン検出ツールを使用してビルドを検証する際に、誤検知または検知漏れが発生する可能性があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×