目次
×

リリース日:

2020/02/25

バージョン:

OS ビルド 17134.1345

Windows 10 バージョン 1803 (2018 年 4 月の更新プログラム) Home エディションと Pro エディションは、サービスが終了しました。サービスが終了した、またはサービス終了後数か月以内の Windows 10 デバイスの場合、Windows Update は機能更新プログラムを自動的に開始します (ユーザーは都合の良い時間を選択できます)。これによりデバイスのサポート状態が維持され、デバイスのセキュリティとエコシステムの正常性に不可欠なマンスリー更新プログラムが引き続き提供されます。

ハイライト

  • Windows Hello の顔認証の精度を向上させます。

  • ActiveX コンテンツの読み込みを妨げる可能性がある問題を修正します。

  • 既に削除した場合でも、アップグレード後に不要なキーボード レイアウトが既定として追加される問題を更新します。

  • 一部のアプリケーションがネットワーク プリンターに印刷できない問題を更新します。

機能強化および修正

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。主な変更は、次のとおりです。

  • Windows Hello の顔認証の精度を向上させます。

  • PeerDist 応答に対して誤った Content-Length を受信した場合の Urlmon の復元力を向上させます。

  • ActiveX コンテンツの読み込みを妨げる可能性がある問題を修正します。

  • Microsoft ブラウザーがプロキシ サーバーをバイパスする可能性がある問題を修正します。

  • 既に削除した場合でも、アップグレードまたは移行後に不要なキーボード レイアウトが既定として追加される問題を修正します。

  • User Experience Virtualization (UE-V) が有効なときに Microsoft OneDrive ファイルをオンデマンドで開くとエラーが発生する問題を修正します。この解決策を適用するには、次の DWORD を 1 に設定します。“HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\UEV\Agent\Configuration\ApplyExplorerCompatFix”

  • サインインしようとすると「不明なユーザー名または不正なパスワード」エラーが生成される問題に対処します。これは、Windows Server 2003 ドメイン コントローラー (DC) と Windows Server 2016 以降の DC がある環境で発生します。

  • ユーザーがサインインまたはサインアウトするときに実行に失敗するサインイン スクリプトの問題を修正します。

  • IsTouchCapable および GetSystemSku データを収集する必要がなくなったときに、それらを引き続き収集する問題を修正します。

  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection (ATP) コンソール (Microsoft Defender Security Center) を使用して、セキュリティ オペレーション (SecOps) が侵害されたマシンに即座にアクセスできるライブ応答機能を提供します。

  • Microsoft Defender ATP の脅威と脆弱性の管理における検出の精度を向上させます。

  • Direct Access サーバーが大量の非ページ プール メモリ (pooltag:NDnd)。

  • WinHTTP AutoProxy サービスがプロキシ自動構成 (PAC) ファイルの最大存続時間 (TTL) に設定された値に準拠しない問題に対処します。これにより、キャッシュ ファイルが動的に更新されなくなります。

  • 一部のアプリケーションがネットワーク プリンターで印刷できない問題を修正します。

  • バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) によるファイルのダウンロードを妨げる問題を修正します。エラーは「0x80190191」です。

  • 仮想プライベート ネットワーク (VPN) を使用して企業ネットワークに接続したときに Windows ファイアウォールが Microsoft Edge などの最新アプリからのネットワーク トラフィックをドロップする問題を修正します。

  • OCSP レスポンダー サービスに要求が送信されたことを示すために、オンライン証明書ステータス プロトコル (OSCP) レスポンダー監査イベント (5125) が断続的に生成される問題を修正します。ただし、要求の発行者のシリアル番号またはドメイン名 (DN) への参照はありません。

  • Ntds.dit の大きなキーに対するクエリが、エラー「MAPI_E_NOT_ENOUGH_RESOURCES」で失敗する問題を修正します。 この問題により、Exchange Messaging Application Programming Interface (MAPI) が会議出席依頼に追加のメモリを割り当てることができないため、ユーザーに限られた会議室の空き状況が表示される場合があります。

  • ストレージ ボリュームがいっぱいで、データが Extensible Storage Engine Technology (ESENT) データベースにまだ書き込まれているときにログ ファイルが破損する問題を修正します。

  • Microsoft Edge の Internet Explorer モードに障害が発生する原因となる証明書検証に関する問題を修正します。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

調査の結果、この問題は、このバージョンの Windows には影響しないことがわかりました。

手動または自動構成プロキシを使用するデバイス (特に仮想プライベート ネットワーク (VPN)) を使用するデバイスは、通知領域のネットワーク接続ステータス インジケーター (NCSI) に限られるか、またはまったくインターネット接続ステータスを示さない場合があります。これは、VPN に接続または VPN から切断された場合、または双方の状態を変更した後に発生する可能性があります。この問題が発生したデバイスでは、WinHTTP または WinInet を使用するアプリケーションを使用してインターネットに接続する際に問題が発生する可能性があります。この状態のデバイスで影響を受ける可能性のあるアプリの例としては、Microsoft Teams、Microsoft Office、Microsoft Office 365、Microsoft Outlook、Internet Explorer 11、および一部のバージョンの Microsoft Edge が含まれますが、これらに限定されません。

この問題は KB4554349 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、最新の累積的な更新プログラム (LCU) をインストールする前に、オペレーティング システムに応じた最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールするよう強くお勧めしています。LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」と「サービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4523203) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。  

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

はい

[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] に移動します。[利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするためのリンクがあります。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。手順については、「Microsoft Update カタログ」を参照してください。

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、「累積的な更新プログラム 4537795 のファイル情報」をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×