目次
×

リリース日:

2020/04/21

バージョン:

OS Build 14393.3659

重要: マイクロソフトは公衆衛生状況を評価しており、これがマイクロソフトのお客様に影響を与えていることを理解しています。 これらの課題に対応するため、マイクロソフトはセキュリティ更新プログラムに重点を置きます。 2020 年 5 月から、サポートされているすべてのバージョンの Windows クライアントおよびサーバー製品 (Windows 10 Version 1909 から Windows Server 2008 SP2) に対する、オプションの非セキュリティ リリース (C および D の更新プログラム) をすべて一時停止します。

マンスリー セキュリティ更新プログラム (B リリース - 火曜日の更新) に変更はありません。これらは計画どおり継続されることにより、ビジネス継続性が確保され、お客様の保護と生産性が維持されます。

注意:  Windows 10 Enterprise、 Windows 10 Education、および  Windows 10 IoT Enterprise の各エディションの追加サービスは  2019 年 4 月 10 日に終了し、延長されません。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

注意: 3 月 13 日と 4 月 10 日の 2 つの更新プログラムは Windows 10 バージョン 1607 の最後の差分更新プログラムになります。 Long-Term Servicing Branch (LTSB) をご利用の場合、セキュリティ更新プログラムと品質更新プログラムは、高速および完全な累積更新プログラム パッケージを介して今後も入手できます。 この変更の詳細については、こちらのブログを参照してください。

Windows 10 Version 1607 は、2018 年 4 月 11 日にサービスを終了しました。 Windows 10 Home または Pro エディションを実行しているデバイスには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

重要: Windows 10 Enterprise および Windows 10 Education エディションは、無料でサービスが 2019 年 4 月 10 日まで延長されます。 ライフサイクル ポリシー ページに従い、長期的なサービス チャネル (LTSC) デバイスには 2026 年 10 月まで更新プログラムが引き続き送信されます。 Intel “Clovertrail” チップセットを実行している Windows 10 Anniversary Update (v. 1607) デバイスには、2023 年 1 月まで更新プログラムが提供される予定です (Microsoft コミュニティのブログを参照してください)。

Windows Server 2016 Standard Edition、Nano Server インストール オプション、Windows Server 2016 Datacenter エディション、Nano Server インストール オプションは、 2018 年 10 月 10 日にサービスを終了しました これらのエディションには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

Windows 10 Mobile Version 1607 は、2018 年 10 月 9 日にサービスを終了しました。 Windows 10 Mobile と Windows 10 Mobile Enterprise を実行しているデバイスには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。 セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き入手するには、Windows 10 の最新バージョンに更新することをお勧めします。

緊急、セキュリティ、ドライバー、サービス パックなど、さまざまな種類の Windows 更新プログラムの詳細については、こちらの記事を参照してください。

注目点

  • Microsoft Word から Internet Explorer への画像とテキストの混合コンテンツの貼り付けに関する問題を更新します。

機能追加および修正

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

  • Microsoft Word から Internet Explorer への画像とテキストの混合コンテンツの貼り付けに関する問題を修正します。

  • 複数のクライアントが同じサーバーに接続するときにメモリ リークを引き起こす動的データ交換 (DDE) の問題を修正します。

  • 新しい子ウィンドウがちらつき、完全な視覚的コントラストが設定されているサーバー デバイス上で白い四角形として表示される問題を修正します。

  • logman.exe でエラーが発生する問題を修正します。 エラーは、「現在のデータ コレクター セットのプロパティをコミットするにはユーザー アカウントが必要です」です。

  • サーバーの認証負荷が高く、Credential Guard が有効になっている場合に、LsaIso.exe プロセスでメモリ リークが発生する問題を修正します。

  • ハイブリッド Azure Active Directory に参加しているコンピューターでセッションにサインインまたはロック解除するときに最大 2 分の遅延を引き起こす可能性がある問題を修正します。

  • lsass.exe の動作を停止させ、アクセス違反エラー (0xC0000005) を生成する klist.exe の実行に関する問題を修正します。

  • Windows Defender Application Control ポリシーをマージする際に、重複したルール ID エラーが生成され、Merge-CIPolicy PowerShell コマンドが失敗することがある問題を修正します。

  • 予約が存在する場合、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーがクライアントに適切なオプションを提供できない可能性がある問題を修正します。

  • IIS マネージャーなどの Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 管理ツールが、web.configSameSite Cookie 設定を構成した ASP.NET アプリケーションを管理できない問題を修正します。

  • Windows Hello for Business (WHfB) 用にプロビジョニングされたデバイスに障害が発生する原因となる問題を修正します。 登録が失敗することがあり、これは WHfB 登録の遅延につながり、場合によっては、Active Directory の「登録済みデバイス」コンテナーに競合オブジェクト (CNF) が作成されます。

  • 回復モード中に Windows にサインインしようとすると発生する問題を修正します。 エラー「このマシンで使用できる管理者アカウントがありません」が表示されます。

  • ローカルの組み込みグループから一部のローカル ユーザーを削除できない問題を修正します。 たとえば、「Guests」ローカル グループから「Guest」を削除することはできません。

  • 「windowstransport/usernamemixed/certificatemixed」エンドポイントからのアクティブな要求のデータが欠落しているか古いため、監査ログに不正なインターネット プロトコル (IP) アドレスが記録される問題を修正します。

  • リモート デスクトップ ゲートウェイ サービスでデッドロックを引き起こす可能性がある問題を修正します。

  • 0x18、0xC2、および 0x19 エラーを引き起こす可能性がある Srv2.sys の問題を修正します。

  • ユーザー プロファイルが削除された後でも、特定のアプリの通知状態レジストリが削除されない問題を修正します。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性を向上するために、Windows Update クライアントに更新プログラムを直接リリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期的なサービス エディションには適用されません。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

グループ ポリシー “パスワードの最小文字数” が 15 文字以上に構成されている場合、KB4467684 のインストール後、クラスター サービスがエラー “2245 (NERR_PasswordTooShort)” で起動できないことがあります。

ドメインの既定の "パスワードの最小文字数" ポリシーを 14 文字以下に設定してください。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 LCU をインストールするときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラムサービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。 よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4550994) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。 

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

あり

[設定]、[更新とセキュリティ]、[Windows Update] の順に選択し、[更新プログラムの確認] を選択します。

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

なし

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については、「Microsoft Update カタログ」を参照してください。

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラム 4550947 のファイル情報をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×