2020 年 7 月 14 日 - KB4565489 (OS ビルド 17134.1610)

リリース日:

バージョン:

2020/07/14

OS ビルド 17134.1610

NEW
重要:
Windows 10 Version 1803 は、メインストリーム サポートが終了しており、現在は延長サポート期間となっています。2020 年 7 月以降、このオペレーティング システムには、オプションの非セキュリティ リリース(別称 「C」リリース) はありません。 延長サポート期間中のオペレーティング システムには、累積的なマンスリー セキュリティ更新プログラム (別称「B」リリース - 火曜日の更新) のみ提供されます。

NEW
重要 
2020 年 7 月から、セキュリティの脆弱性により、すべての Windows Update で RemoteFX vGPU機能が無効になります。この脆弱性の詳細については、CVE-2020-1036KB4570006 を参照してください。この更新プログラムをインストールした後で、RemoteFX vGPU が有効になっている仮想マシン (VM) を起動しようとすると失敗し、次のようなメッセージが表示されます。

RemoteFX vGPU を再度有効にすると、次のようなメッセージが表示されます。

  • 「Hyper-V マネージャーでは、すべての RemoteFX 対応 GPU が無効になっているため、仮想マシンを起動することはできません。」

  • 「サーバーに十分な GPU リソースがないため、仮想マシンを起動できません。」

  • 「RemoteFX 3D ビデオ アダプターは現在サポートされていません。このアダプターを引き続き使用すると、セキュリティ リスクにさらされる可能性があります。詳細情報 (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=2131976)」

Windows 10 Version 1803 (2018 年 4 月の更新プログラム) Home エディションと Pro エディションは、サービスが終了しました。サービスが終了した、またはサービス終了後数か月以内の Windows 10 デバイスの場合、Windows Update は機能更新プログラムを自動的に開始します (ユーザーは都合の良い時間を選択できます)。これによりデバイスのサポート状態が維持され、デバイスのセキュリティとエコシステムの正常性に不可欠なマンスリー更新プログラムが引き続き提供されます。

注目点

  • Internet Explorer および Microsoft Edge 従来版を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。

  • Windows で基本的な操作を実行する際のセキュリティを強化するための更新プログラム。

  • Microsoft Office 製品を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。

  • 入力デバイス (マウス、キーボード、スタイラスなど) を使用する際のセキュリティを強化するための更新プログラム。

  • Microsoft Store のセキュリティを高めます。

  • 一部のアプリケーションで、グラフィックや大きいファイルが含まれるドキュメントを印刷できない可能性があるという問題を更新します。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。重要な変更は、次のとおりです。

  • Remote Credential Guard を有効にすると、ターミナル サーバーで llsass.exe が停止するという問題を修正します。例外コードは 0xc0000374 です。

  • 2020 年 6 月 9 日にリリースされた Windows Update のインストール後に、一部のアプリケーションでグラフィックや大きいファイルが含まれるドキュメントを印刷できない可能性があるという問題を修正します。

  • Microsoft Edge 従来版、Internet Explorer、Microsoft Scripting Engine、Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Windows アプリ、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows Input および Composition、Windows Media、Windows Shell、Microsoft Store、Windows Cloud Infrastructure、Windows Fundamentals、Windows Management、Windows カーネル、Windows Update スタック、Windows MSXML、Windows ファイル サーバーおよびクラスタリング、Windows リモート デスクトップ、Microsoft JET データベース エンジンのセキュリティ更新プログラム。(詳細については、データセットと DataTable のセキュリティガイダンスを参照)。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決済みのセキュリティの脆弱性について詳しくは、セキュリティ更新プログラム ガイドをご覧ください。

この更新プログラムに関する既知の問題

Microsoft では、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

最新の累積的な更新プログラム (LCU) をインストールする前に、使用しているオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。SSU は、更新プログラム プロセスの信頼性を改善し、LCU をインストールして Microsoft のセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」と「サービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4565552) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。 

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

はい

ありません。この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品:Windows 10

分類:セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4565489 のファイル情報をダウンロードしてください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×