2020 年 8 月 11 日 — KB4571741 (OS ビルド 16299.2045)

リリース日:

バージョン:

2020/08/11

OS ビルド 16299.2045

重要 2020 年 7 月から、セキュリティの脆弱性により、すべての Windows Update で RemoteFX vGPU機能が無効になります。この脆弱性の詳細については、CVE-2020-1036KB4570006 を参照してください。この更新プログラムをインストールした後で、RemoteFX vGPU が有効になっている仮想マシン (VM) を起動しようとすると失敗し、次のようなメッセージが表示されます。

RemoteFX vGPU を再度有効にすると、次のようなメッセージが表示されます。

  • 「Hyper-V マネージャーでは、すべての RemoteFX 対応 GPU が無効になっているため、仮想マシンを起動することはできません。」

  • 「サーバーに十分な GPU リソースがないため、仮想マシンを起動できません。」

  • 「RemoteFX 3D ビデオ アダプターは現在サポートされていません。このアダプターを引き続き使用すると、セキュリティ リスクにさらされる可能性があります。詳細情報 (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=2131976)」

重要: Microsoft は公衆衛生状況を評価しており、これが Microsoft の大切な顧客であるお客様に与える影響を理解しています。お客様が現在直面している多くの負担の 1 つを軽減するために、Windows 10 Version 1709 の Enterprise、Education、および IoT Enterprise エディションのサービス終了予定日を延期することにしました。つまり、デバイスは 5 月から 10 月までのみマンスリー セキュリティ更新プログラムを受け取ることになります。これらのエディションの Windows 10 Version 1709 の最終的なセキュリティ更新プログラムは、2020 年 4 月 14 日ではなく、2020 年 10 月 13 日にリリースされる予定です。 詳細については、Tech Community のブログ投稿を参照してください。

注意: 2019 年 5 月 12 日と 2019 年 4 月 9 日の 2 つの更新プログラムは Windows 10 バージョン 1709 の最後の差分更新プログラムになります。セキュリティおよび品質更新プログラムは、累積更新プログラムの高速 (Express) および完全 (Full) パッケージを使用して今後も入手できます。この変更の詳細については、こちらのブログを参照してください。

注意:Windows 10 Home、Pro、Pro for Workstation、および IoT Core エディションを実行しているデバイス向けの Windows 10 Version 1709 は、2019 年 4 月 10 日にサービスを終了しました。これらのデバイスには、最新のセキュリティの脅威からの保護を含む毎月のセキュリティおよび品質更新プログラムが送信されなくなります。セキュリティおよび品質更新プログラムを引き続き受け取るには、最新バージョンの Windows 10 に更新することをお勧めします。

重要: Windows 10 Enterprise、Education、および IoT Enterprise エディションは、2018 年 10 月のライフサイクルの発表に従い引き続き無料でサービスが提供される予定です。

Microsoft Edge での ePub サポートの終了

Microsoft Edge は、.epub ファイル拡張子を使用する電子書籍のサポートを終了しました。詳細については、「電子書籍の利用を続けるには、ePub アプリをダウンロードしてください」を参照してください。

緊急、セキュリティ、ドライバー、サービス パックなど、さまざまな種類の Windows 更新プログラムの詳細については、こちらの記事を参照してください。

注目点

  • Internet Explorer および Microsoft Edge 従来版を使用する際のセキュリティを改善する更新プログラム。

  • Windows で基本的な操作を実行する際のセキュリティを強化するための更新プログラム。

  • ファイルの保存と管理に関する更新。

  • 入力デバイス (マウス、キーボード、ペンなど) を使用する際のセキュリティを強化するための更新プログラム。

機能強化および修正

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が強化されました。重要な変更は、次のとおりです。

  • 特定のアプリケーションが JScript スクリプト エンジンに依存する場合に、ロード中に特定のアプリケーションが応答を停止する問題を解決します。

  • 一部の .msi アプリをインストールできない問題を修正します。これは、AppData フォルダーをネットワーク フォルダーにリダイレクトするグループ ポリシーによってデバイスが管理されている場合に発生します。

  • アプリがエンタープライズ認証機能を備えていない場合に、シングルサインオン認証を許可する、ユニバーサルWindows プラットフォーム (UWP) アプリの問題に対処します。CVE-2020-1509がリリースされ、UWP アプリケーションがユーザーに資格情報の入力を求めるようになるかもしれません。

  • UNC (汎用命名規則) パスまたは共有ネットワークプリンターとして構成されているローカルポートに印刷するときの問題に対処します。これらのポートは、[プリントサーバープロパティ] ダイアログボックスの [ポート] に表示されなくなります。この問題は、2020年5月と2020年7月の間にリリースしたWindows 更新プログラムをインストールした後に発生します。

  • Microsoft Scripting Engine、Internet Explorer、 Windows Graphics、Windows 入力とコンポジション、Windows Media、 Windows Shell、Windows Wallet サービス、Microsoft Edge 従来版、Windows クラウド インフラストラクチャ、Windows AI プラットフォーム、Windows ファンダメンタルズ、 Windows カーネル、Windows コア ネットワーク、Windows ストレージと Filesystems、Windows ハイブリッド ストレージ サービスおよび Microsoft JET データベース エンジンへのセキュリティ更新プログラム。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決済みのセキュリティの脆弱性について詳しくは、セキュリティ更新プログラム ガイドをご覧ください。

この更新プログラムに関する既知の問題

マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

最新の累積的な更新プログラム (LCU) をインストールする前に、使用しているオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。SSU は、更新プログラム プロセスの信頼性を改善し、LCU をインストールして Microsoft のセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和します。SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」と「サービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4565553) が自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

はい

ありません。この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品:Windows 10

分類:セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラム 4571741 のファイル情報をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×