目次
×

リリース日:

2020/08/20

バージョン:

OS ビルド 17763.1432

大事な2020 年 7 月から、Windows 10 および Windows Server バージョン 1809 以降のセキュリティ以外のリリースを再開します。 累積的な月次セキュリティ更新プログラム ("B" リリースまたは Update Tuesday リリースとも呼ばれます) に変更はありません。 詳細については、ブログ記事「オプションの更新プログラムの再送信」および「Windows 10 Server Windows月次更新プログラムの再送信」を参照してください

大事な2020 年 7 月から、すべての Windows 更新プログラムは、セキュリティの脆弱性のために RemoteFX vGPU機能を無効にします。 この脆弱性の詳細については、CVE-2020-1036KB4570006を参照してください。 この更新プログラムをインストールすると、RemoteFX vGPU が有効になっている仮想マシン (VM) の起動が失敗し、次のようなメッセージが表示されます。

vGPUを再RemoteFXすると、次のようなメッセージが表示されます。

  • "Hyper-V マネージャーでは、すべてのRemoteFX対応 GPU が無効になっているため、仮想マシンを起動できません。"

  • "サーバーに十分な GPU リソースが含ましくないため、仮想マシンを起動できません。"

  • "3D ビデオ アダプターのRemoteFXサポートされなくなりました。 このアダプターをまだ使用している場合は、セキュリティ リスクに対して脆弱になる可能性があります。 詳細 (https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=2131976)"

大事な 私たちは、パブリック ヘルスの状況を評価し、これが多くのお客様に及ぼす影響を理解しています。 お客様が直面している負担の一部を軽減するために、ホーム、Pro、Pro Education、Pro for Workstations、IoT Core エディションの Windows 10 Version 1809 のサービス終了日を 2020 年 11 月 10 日に延期する予定です。 つまり、デバイスは月次セキュリティ更新プログラムを 5 月から 11 月にのみ受け取る予定です。 これらのエディションの Windows 10 Version 1809 の最終セキュリティ更新プログラムは、2020 年 5 月 12 日ではなく 2020 年 11 月 10 日にリリースされます。

重要、セキュリティ、ドライバー、Windowsなど、さまざまな種類の更新プログラムの詳細については、次の記事を参照してください

ハイライト

  • カナダのユーコンのタイム ゾーン情報を更新します。

  • 数回のスリープサイクルとウェイク サイクルの後にタッチスクリーンの動作が停止する断続的な問題を更新します。

  • 既定のアプリケーションが正しく設定設定ページが予期せず閉じる原因となる問題を更新します。

  • アプリケーションを開くのに長い時間がかかる問題を更新します。

  • デバイスに初めてサインインするときにユーザー名の前にスペースを入力した場合に、デバイスのロックを解除できる問題を更新します。

機能強化および修正

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 主な変更は、次のとおりです。

  • 管理者がセッション Cookie を構成Microsoft Edge IE モードの一方向セッション Cookie を同期する機能を提供します。

  • 仮想デスクトップ (WVD) ユーザーがサインインWindows画面が黒く表示される問題を修正します。

  • 特定のシナリオで 、GetConsoleWindow 関数が、CREATE_NO_WINDOW フラグで始まったプロセス内で使用できない値を返す問題に対応します。

  • カナダのユーコンのタイム ゾーン情報を更新します。

  • 複数のクライアントが同じサーバーに接続Exchangeメモリ リークを引き起こす Dynamic Data Exchange (DDE) に関する問題に対応します。

  • 複数のスリープサイクルとウェイク サイクルの後にタッチスクリーンの動作が停止する断続的な問題に対応します。

  • 新しい子ウィンドウがちらつき、白い四角形として表示され、見た目のコントラストが小さく構成されているサーバー デバイスで発生する問題を修正します。

  • Microsoft 64 ビットバージョンがインストールされている場合のエクスプローラーの .msg ファイルのOutlook問題を修正します。

  • 開いているすべてのユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリが予期せず閉じる問題に対応します。 これは、インストーラーが Restart Manager を呼び出してエクスプローラー を再起動 するときに発生します (explorer.exe)。

  • 既定のアプリケーションが正しく設定設定ページが予期せず閉じる問題を修正します。

  • ユーザー プロファイルのフォルダー名が過度に長くなって、問題が発生する可能性がある問題MAX_PATHします。

  • 既定のアプリケーション設定の変更に関連する予期しない通知に関する問題に対応します。

  • 出力がリダイレクトされる際に PowerShell のコンソール エラー出力でランダムな改行が作成される問題を修正します。

  • 委任されたユーザーが必要な権限を持っているにもかかわらず、委任されたユーザーがグループ ポリシー オブジェクト (GPO) をインポートできる問題を修正します。

  • 顧客の Patch Management ソリューションWindows影響を与える大文字と小文字を区別しない名前を含む Windows Management Instrumentation (WMI) クエリに関する問題を修正します。

  • オブジェクト のパフォーマンス カウンターに関する問題を解決します。

  • Microsoft OneDrive User Experience Virtualization (UE-V) が有効になっているときにオンデマンドでファイルを開いた場合にエラーが発生するUE-V修正します。 このソリューションを適用するには、次の DWORD を 1 に設定します。"HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\UEV\Agent\Configuration\ApplyExplorerCompatFix"

  • アプリケーションを開くのに長い時間がかかる問題を修正します。

  • 発行元ルールで実行できるアプリケーションが AppLocker で実行されなくる場合がある問題を修正します。

  • AppLocker 発行元の規則によって、アプリケーションがソフトウェア モジュールを読み込むのを妨げる可能性がある問題に対応します。これにより、部分的なアプリケーション障害が発生する可能性があります。

  • アプリケーションが CryptCATAdminCalcHashFromFileHandle() 関数を呼び出した場合に、メモリ キャッシュが境界なしで増加する問題を修正します。 この更新プログラムでは、キャッシュされたメモリの使用量が制限されています。 キャッシュされたメモリは、プロセスが終了するまで解放されません。

  • クラスター サービスの開始を妨げる可能性がある問題を修正し、"2245 (NERR_PasswordTooShort)" というエラーを生成します。 これは、14 文字を超える "最小パスワード長" グループ ポリシーを構成した場合に発生します。 詳細については 、KB4557232 を参照してください

  • 14 文字を超える "最小パスワード長" グループ ポリシーの構成が影響を受けない問題を修正します。 詳細については 、KB4557232 を参照してください

  • システムの動作を停止し、7E 停止コードを生成する問題に対応します。

  • デバイスに初めてサインインするときにユーザー名の前にスペースを入力した場合に、デバイスのロックを解除できる問題を修正します。

  • 間違ったユーザー プリンシパル名 (UPN) によって引き起こされた分類エラーを処理します。

  • 仮想マシン (VM) が特定の Small Computer Systems Interface (SCSI) コマンドを発行するときに Hyper-V ホストで停止エラーが発生する問題を修正します。

  • 特定のプロセッサのプロセッサ周波数が 0 (0) と表示される可能性がある問題を修正します。

  • Linux 用 Windows サブシステム 1 (WSL 1) ディストリビューションで実行されている Glibc-2.31 以降でのスリープ システム呼び出しに関する問題を修正します。

  • Microsoft キーボード フィルター サービスの実行中にシャットダウン中に遅延が発生する問題を修正します。

  • "netsh start trace capture=yes" を使用してパケット キャプチャを有効にするときに発生する可能性がある一時的なネットワーク切断の問題に対応します。 この問題は、サード パーティ製のネットワーク ドライバー インターフェイス仕様 (NDIS) フィルター ドライバーをインストールするときにも発生する可能性があります。

  • TCP リセットに対する接続の応答性を妨げるソフトウェア負荷分散シナリオの問題に対応します。

  • Host Networking Service (HNS) によって作成されるコンテナー ロード バランサーの Direct Server Return (DSR) 構成のサポートが導入されています。

  • robocopy コマンドに新しい 機能を追加 します。

  • Windows Embedded Compact 2013 OS インスタンスとアプリケーションを実行し、 とインターフェイスする機能を提供Windows CE アプリ コンテナー。

  • 自動更新中に問題が発生し、最新のアプリケーションが開かないので、問題に取り組む。 その結果、appx パッケージのファイル サイズは小さくなります。または 0 バイトになります。

  • 特定のシナリオでグループ メンバーシップの変更を記録するためにイベント 4732 および 4733 Domain-Local失敗する問題を修正します。 これは、"Permissive Modify" コントロールを使用するときに発生します。たとえば、Active Directory (AD) PowerShell モジュールでは、このコントロールを使用します。

  • EntityIDと IDPList に関連する Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) のセキュリティ アサーション マークアップ言語 (SAML) スコープのサポートに関する問題に対応します。 詳細については、SAML Core 仕様のセクション 3.4.1.2 を参照してください

  • データが見つからないか古くなっているため、Windows トランスポート要求の監査ログに間違った IP をログに記録する問題を修正します。

  • UPN 形式ではない ID を指定すると、アカウント アクティビティ コマンドレットが実行されない問題を修正します。

  • サーバー メッセージ ブロック (SMB) に関する問題を解決します。 この問題は、SMB サーバーが STATUS_USER_SESSION_DELETED を返す際に、SMB クライアントの Microsoft-Windows-SMBClient/Security イベント ログに Microsoft-Windows-SMBClient 31013 イベントを誤ってログに記録します。 この問題は、SMB クライアント ユーザーまたはアプリケーションが、同じ SMB サーバー上の同じ伝送制御プロトコル (TCP) 接続のセットを使用して複数の SMB セッションを開いた場合に発生します。 この問題は、リモート デスクトップ サーバーで発生する可能性が最も高い。

  • Win32 API が Filestream データにアクセスできる CsvFs ドライバー SQL Server修正します。 これは、Azure VM 上のフェールオーバー クラスター インスタンス内のクラスター共有ボリュームSQL Serverデータを格納するときに発生します。

  • 必須のプロファイル ユーザーに対してリモート デスクトップ セッション ホスト (RDSH) を開かないスタート メニュー問題を修正します。

  • 起動時に停止エラー (0xC00002E3発生する可能性がある問題を修正します。 この問題は、2020 年 4 月 21 日Windows後にリリースされた特定の更新プログラムをインストールした後に発生します。

  • Windows メッセージの重複がWindowProc()に送信Visual Basic 6.0 (VB6) の動作が停止するランタイム エラーを修正します。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows Update の機能強化

Microsoft は、信頼性を向上するために、Windows Update クライアントに更新プログラムを直接リリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期サービス エディションには適用されません。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

KB4493509をインストールした後、一部のアジア言語パックがインストールされているデバイスでは、"0x800f0982 - PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND" というエラーが表示される場合があります。

  1. 最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。 手順については、「入力と表示言語の設定を管理する」を参照Windows 10。

  2. [更新プログラムの確認] を 選択し、2019 年 4 月の累積的な更新プログラムをインストールします。 手順については、「Update Windows 10」を参照してください

注意 言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のように PC をリセットします。

  1. Recovery の設定アプリ>移動します

  2. [このPC はじめにをリセットする] オプションの下にある [復元] を選択します。

  3. [ファイル を保持] を選択します

Microsoft は解決に取り組み、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

KB4550969 以降をインストールした後、Microsoft Edge 従来版 を使用すると、エラー "0x80704006。 Hmmmm...は、標準以外のポートで Web サイトにアクセスしようとすると、このページにアクセスできない場合があります。 「Fetch Standard specification under bad port or port blocking 」に記載されているポートを使用している Web サイトでは、この問題が発生する可能性があります。

この問題は KB4577069 で解決されています

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、最新の累積的な更新プログラム (LCU) をインストールする前に、オペレーティング システムに応じた最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールするよう強くお勧めしています。 SSUs は、LCU をインストールする際の潜在的な問題を軽減するために、更新プロセスの信頼性を向上します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」と「サービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU(KB4566424)が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを取得するには 、Microsoft Update カタログ で検索します

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

WindowsUpdate または Microsoft Update

はい

[セキュリティ更新プログラム設定>更新& 更新プログラム] > Windows移動します。 [利用可能 なオプションの更新 プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするリンクが表示されます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスしてください。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは、WSUS に手動でインポートできます。 手順については、Microsoft Update カタログ を参照してください。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 の累積的な更新プログラムのファイル情報を4571748。 

注意 CSV ファイルの [ファイル バージョン] 列に誤って "適用されない" ファイルがあります。 サード パーティ製のスキャン検出ツールを使用してビルドを検証すると、誤検知や誤検知につながる可能性があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×