目次
×

重要: Windows 7 および Windows Server 2008 R2 はメインストリーム サポートの終了に達し、現在は拡張サポート中です。 2020 年 7 月から、このオペレーティング システムのオプションのセキュリティ以外のリリース ("C" リリースと呼ばれる) はなくなりました。 拡張サポートのオペレーティング システムには、月次の累積的なセキュリティ更新プログラム ("B" または Update Tuesday リリースと呼ばれる) のみがあります。

この更新プログラムをインストールする前に、「この更新プログラムを取得する方法」セクションに記載されている必要な更新プログラム   がインストールされていることを確認します。  

重要、セキュリティ、ドライバー、Windowsなど、さまざまな種類の更新プログラムについては、次の記事を参照してください。 その他のメモやメッセージを表示するには、Windows 7 と Windows Server 2008 R2 更新履歴ホーム ページを参照してください

機能強化および修正

このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラム KB5003667 (2021 年 6 月 8 日リリース) の一部である機能強化と修正プログラムが含まれています。次の問題に取り組む必要があります。

  • CVE-2021-34527に記載されている Windows Print スプーラー サービス ("PrintNightmare" と呼ばれる) でのリモートコード実行エクスプロイトに対応します。 この更新プログラムをインストールした後Windows、管理者ではないユーザーは、署名付き印刷ドライバーのみを印刷サーバーにインストールできます。 既定では、管理者は署名付きプリンター ドライバーと署名されていないプリンター ドライバーを印刷サーバーにインストールできます。 システムの信頼されたルート証明機関にインストールされているルート証明書は、署名されたドライバーを信頼します。 Microsoft では、現在印刷サーバー ロールをホストしているデバイスから始め、サポートWindowsクライアントおよびサーバーオペレーティング システムに、この更新プログラムを直ちにインストールしてください。 RestrictDriverInstallationToAdministratorsレジストリ設定を構成して、管理者以外のユーザーが署名済みプリンター ドライバーを印刷サーバーにインストールするのを防ぐオプションも用意されています。 詳細については 、KB5005010 を参照してください

解決済みのセキュリティの脆弱性の詳細については、新しい「セキュリティ更新プログラム ガイド」の Web サイトを参照してください。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象 

回避策 

この更新プログラム以降の更新プログラムをインストールした後、SQL Server 2005 への接続が失敗する可能性があります。 次のエラーが表示される場合があります。

"<Server name> に接続できません。追加情報: SQL Server への接続の確立中に、ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。 サーバーが見つからないか、アクセスできません。 インスタンス名が正しく、リモート接続を許可SQL Server構成されていることを確認します。 (provider: Named Pipes Provider, error: 40 - Could not open a connection to SQL Server)(.Net SqlClient Data Provider)"

これは、この更新プログラムのセキュリティ強化の変更による想定される動作です。 この問題を解決するには、 のサポートされているバージョンに更新する必要SQL Server。

この更新プログラムをインストールしてデバイスを再起動すると、"更新プログラムを構成Windowsがあります。 変更を元に戻す。 コンピューターの電源をオフにしない" と表示され、更新履歴に [失敗] と表示される場合があります

これは、次の状況で想定されます。

  • ESU でサポートされていないエディションを実行しているデバイスにこの更新プログラムをインストールする場合。 サポートされているエディションの完全な一覧については、KB4497181 を参照してください

  • ESU MAK アドオン キーがインストールされ、アクティブ化されていない場合。

ESU キーを購入し、この問題が発生した場合は、すべての前提条件が適用され、キーがアクティブ化されていることを確認してください。 アクティブ化の詳細については、このブログ投稿を参照してください。 前提条件については、この記事の「この更新プログラムを取得する方法」セクションを参照してください。

クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する名前変更などの特定の操作は、"STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)" というエラーで失敗する可能性があります。 これは、管理者特権を持たなかったプロセスから CSV 所有者ノードで操作を実行するときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。 

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行します。

  • CSV 所有権を持つノードから操作を実行します。

Microsoft は解決に取り組み、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。 

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

大事な これらのオペレーティング システムのオンプレミス バージョンの拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) を購入したお客様は、拡張サポート終了後もセキュリティ更新プログラムを受け取り続けるには、KB4522133の手順に従う必要があります。 拡張サポートは次のように終了します。

  • Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 の場合、延長サポートは 2020 年 1 月 14 日に終了します。

  • Embedded Standard 7 Windows、延長サポートは 2020 年 10 月 13 日に終了します。

ESU とサポートされているエディションの詳細については、KB4497181 を参照してください

 Windows Embedded Standard 7 ではWindows Update または Windows から更新プログラムを取得するには、Windows Management Instrumentation (WMI) を有効にする必要Windows Server Update Services。

前提条件:

最新のロールアップをインストールする前に、以下の更新プログラムをインストールし、デバイスを再起動する必要があります。 これらの更新プログラムをインストールすると、更新プロセスの信頼性が向上し、ロールアップをインストールして Microsoft のセキュリティ修正プログラムを適用する際の潜在的な問題が軽減されます。

  1. 2019 年 3 月 12 日のサービス スタック更新プログラム (SSU)(KB4490628)。 この SSU のスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog で検索します。 この更新プログラムは、SHA-2 にのみ署名された更新プログラムをインストールするために必要です。

  2. 最新の SHA-2 更新プログラム(KB4474419)は、2019 年 9 月 10 日にリリースされました。 新しい更新プログラムWindows、最新の SHA-2 更新プログラムが自動的に提供されます。 この更新プログラムは、SHA-2 にのみ署名された更新プログラムをインストールするために必要です。 SHA-2 更新プログラムの詳細については、「2019 SHA-2 Code Signing Support requirement for Windows and WSUS 」を参照してください

  3. Windows Thin PC の場合、2020 年 10 月 13 日の更新プログラム以降も引き続き拡張セキュリティ更新プログラムを取得するには、2020 年 8 月 11 日 SSU(KB4570673)以降の SSU がインストールされている必要があります。

  4. このセキュリティ更新プログラムを取得するには、ESU キーを以前にインストールした場合でも、"拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) ライセンス準備パッケージ"(KB4538483)または "拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) ライセンス準備パッケージの更新プログラム"(KB4575903)を再インストールする必要があります。 ESU ライセンス準備パッケージは、WSUS から提供されます。 ESU ライセンス準備パッケージのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog で検索します

上記の項目をインストールした後は、最新の SSU(KB4592510) をインストールすることを強く推奨します。 Windows Update を使用している場合、ESU のお客様の場合は、最新の SSU が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update カタログ で検索します。 SSU の一般的な情報については、「サービススタックの更新プログラムとサービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」を参照してください

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

はい

ありません。 この更新プログラムは、ESU のお客様の場合Windows更新プログラムから自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスしてください。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品: Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1、Windows Embedded Standard 7 Service Pack 1、Windows Embedded POSReady 7、Windows Thin PC

分類:セキュリティ更新プログラム

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラムのファイル情報をダウンロード5004953。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×