目次
×

リリース日:

2021/09/14

バージョン:

OS ビルド 20348.230

機能強化および修正

このセキュリティ更新プログラムでは、品質が改善されました。 主な変更は、次のとおりです。

  • AppLocker EXE および DLL イベント チャネルWindows AppLocker または SmartLocker 成功イベントが多数生成される原因となる問題を修正します。 

  • ShellHWDetection サービスが Privileged Access Workstation (PAW) デバイスで起動し、BitLocker ドライブ暗号化を管理することを妨げる問題を修正します。

  • PowerShell が無限の数の子ディレクトリを作成する原因となる問題を修正します。 この問題は、PowerShell の Move-Item コマンドを使用して、その子の 1 つにディレクトリを移動するときに発生します。 その結果、ボリュームが満たされ、システムが応答を停止します。 

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新ガイド を参照してください。 

Windows 10 サービス スタック更新プログラム - 20348.220

この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

この更新プログラムをインストールした後、ネットワーク プリンターに初めて接続しようとするデバイスは、必要なプリンター ドライバーをダウンロードしてインストールできない場合があります。 KB5005575 のインストール前にプリンターに接続してインストールしていたデバイスは影響を受けず、そのプリンターに対する操作は通常どおり成功します。

この問題は、HTTP 接続を使用して印刷サーバー経由でプリンターにアクセスするデバイスで発生しています。 クライアントがサーバーに接続してプリンターをインストールすると、ディレクトリの不一致が発生し、インストーラー ファイルが正しく生成されません。 その結果、ドライバーがダウンロードされない可能性があります。

この問題で説明されているプリンター接続方法は、自宅使用用に設計されたデバイスでは一般的に使用されません。 この問題の影響を受ける印刷環境は、企業や組織でよく見受け取ります。

この問題は KB5005619 で解決されました

この更新プログラムまたは後の更新プログラムをインストールした後、インターネット印刷プロトコル (IPP) を使用したプリンターのインストールが正常に完了しない可能性があります。 KB5005575 のインストール前にプリンターに接続してインストールしていたデバイスは影響を受けず、そのプリンターへの印刷操作は通常どおり成功します。

IPP は、自宅使用用に設計されたデバイスでは一般的に使用されません。 この問題の影響を受ける印刷環境は、企業や組織でよく見受け取ります。

Microsoft は、今後の更新プログラムのリリースを対象に、解決に向け取り組み中です。

印刷サーバーと印刷クライアントが異なるタイム ゾーンにある環境で印刷を試みるたび、管理者資格情報の入力を求めるメッセージが表示される場合があります。

この問題で説明されている影響を受ける環境は、自宅使用用に設計されたデバイスでは一般的に使用されません。 この問題の影響を受ける印刷環境は、企業や組織でよく見受け取ります。

解決に取り組み、10 月末にソリューションを利用できると見積もっています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最新の累積更新プログラム (LCU) と組み合わせて提供するようになりました。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」と「サービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。よく寄せられる質問

前提条件:

LCUインストールする前に、KB5005039(2021 年 8 月 10 日付) をインストールする必要があります。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

はい

ありません。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

ビジネス向け更新プログラム

はい

ありません。 この更新プログラムは、構成済みのポリシーに従Windows更新プログラムから自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスしてください。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品: Microsoft Server オペレーティング システム-21H2

分類:セキュリティ更新プログラム

LCU を削除したい場合

SSU と LCU の統合パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションに LCU パッケージ名を引数として指定します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

複合パッケージの /uninstall スイッチを使用して Windows Update スタンドアロン インストーラー (wusa.exe) を実行しても、複合パッケージに SSU が含まれているため動作しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 の累積的な更新プログラムのファイル情報を5005575。

サービス スタックの更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、SSU - バージョン 20348.220のファイル情報をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×