Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

リリース日:
2022 年 10 月 11

バージョン:
.NET Framework 3.5 および 4.8

重要

この更新プログラムは、もともと 2022 年 9 月 20 日にリリースされたセキュリティと品質ロールアップでリリースされました。  この更新プログラムは、2022 年 10 月 11 日にリリースされたセキュリティと品質ロールアップに含まれています。  このリリースでは、2022 年 10 月 11 日にこの更新プログラムに変更はありません。  この更新プログラムを以前にインストールした場合、アクションは必要ありません。

Microsoft サーバー オペレーティング システム バージョン 21H2 および Microsoft サーバー オペレーティング システム バージョン 22H2 の 2022 年 9 月 20 日更新プログラムには、.NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な信頼性の向上が含まれています。 この更新プログラムは、定期的な保守ルーチンの一部として適用することをお勧めします。 この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件 」と「再起動の必要性 」のセクションを参照してください。

概要

セキュリティの機能強化

このリリースでは、新しいセキュリティの機能強化はありません。 この更新プログラムは累積的であり、以前にリリースされたすべてのセキュリティ機能強化が含まれています。

品質と信頼性の強化

WPF1

- TreeView ノードの折りたたみまたは展開中に、基になるコレクションを変更するときに TreeView (またはグループ化が有効になっている ListBox/DataGrid) で発生する問題に対処します。 スクロール アクション (特に LineUp や MouseWheelUp などの "短い" アクション) は、ハング、クラッシュ、予期しないスクロール、ディスプレイ内のギャップなど、結果が悪くなる可能性があります。

1Windows Presentation Foundation (WPF)

この更新プログラムの関連情報

以下の資料では製品バージョン別に、この更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。

  • 5018551 Microsoft サーバー オペレーティング システム バージョン 21H2 (KB5018551) の.NET Framework 3.5、4.8、4.8.1 の累積的な更新プログラムの説明

  • 5018541 Microsoft サーバー オペレーティング システム バージョン 22H2 (KB5018541) の.NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラムの説明

この更新プログラムの既知の問題

2022 年 9 月のプレビュー リリースは、Windows Server Update Services
Windows Server Update Services (WSUS) を利用する IT 管理者は、この KB が WSUS から利用可能な更新プログラムの中に一覧表示されていることに気付く可能性があります。 この一覧はエラーです。 プレビュー更新プログラムは、一般に 、Microsoft Update カタログに手動でインポートする場合にのみ使用できます。

Windows のホーム ユーザーは、この問題が発生する可能性はほとんどありません。 WSUS は、一般に、テクノロジ管理者が Microsoft 製品の更新プログラムをマネージド環境に展開するために使用されます。

次の点に注意してください。 WSUS が更新プログラムを自動承認し、置き換えられたコンテンツを自動拒否するように構成されている環境では、2022 年 9 月.NET Frameworkセキュリティおよび品質ロールアップ更新プログラムは、その後、クライアント ビューから自動拒否と自動期限切れになる可能性があります。 これが発生した場合は、 拒否された更新プログラムを復元するためのガイダンスを参照してください。 次に、Microsoft Endpoint Configuration Managerまたは更新管理環境内で更新同期を実行します。 セキュリティ更新プログラムのみを適用するように構成された環境では、これらの現象は反映されません。

解決方法: この問題は解決されました。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

あり

なし。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Windows Update for Business

なし

なし。 これらの変更は、このチャネルの次のセキュリティ更新プログラムに含まれます。 ビジネス向けWindows Updateの詳細については、ビジネス向けWindows Update Web サイト参照してください。

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、 Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

あり

製品 と分類 を次のように構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

製品: Microsoft サーバー オペレーティング システム バージョン 21H2 および Microsoft サーバー オペレーティング システム バージョン 22H2

分類: 更新

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 累積的な更新プログラムのファイル情報をダウンロードします。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 3.5 または 4.8 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

この更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×