関連トピック
×
Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

10/11/22
大事な
Windows 10バージョン 21H1 のすべてのエディションは、2022 年 12 月 13 日にサービスが終了します。 2022 年 12 月 13 日以降、これらのデバイスは毎月のセキュリティと品質の更新プログラムを受け取りません。 これらの更新プログラムには、最新のセキュリティ脅威からの保護が含まれています。 セキュリティと品質の更新プログラムを引き続き受け取るために、最新バージョンの Windows に更新することをお勧めします。

8/26/22
アラーム Windows Server バージョン 20H2 は、2022 年 8 月 9 日にサービス終了に達しました。 これらのデバイスは、最新のセキュリティ脅威からの保護を含む毎月のセキュリティと品質の更新プログラムを受信しなくなりました。 セキュリティと品質の更新プログラムを引き続き受け取るために、最新バージョンの Windows Server に更新することをお勧めします。

引き続き、Windows 10 Enterprise と Education、Windows 10 IoT Enterprise、Windows 10 Enterpriseマルチセッション、および Surface Hub でのWindows 10の各エディションにサービスを提供します。 

5/10/22
アラーム Windows 10の新しいバージョンのいずれかに更新するには、適切な Enablement Package KB (EKB) を使用することをお勧めします。 EKB を使用すると、更新が迅速かつ簡単になり、1 回の再起動が必要になります。 特定の OS の EKB を見つけるには、[ 改善] セクションに移動し、OS 名をクリックまたはタップして折りたたみ可能なセクションを展開します。 

2020/11/17

Windows update の用語については、Windows update の種類毎月の品質更新プログラムの種類についての記事をご覧ください。 バージョン 20H2 Windows 10の概要については、その更新履歴ページを参照してください。 

新しいコンテンツが Windows リリース正常性ダッシュボードに公開される時期を確認するには、@WindowsUpdate をフォローしてください。

 ハイライト

  • これは、一部の種類の Secure Sockets Layer (SSL) 接続とトランスポート層セキュリティ (TLS) 接続に影響する可能性がある問題に対処します。 これらの接続では、ハンドシェイクエラーが発生する可能性があります。 開発者の場合、影響を受ける接続は、1 つ以上のレコードを受信し、その後に 1 つの入力バッファー内のサイズが 5 バイト未満の部分レコードを受け取る可能性があります。 接続に失敗すると、アプリに "SEC_E_ILLEGAL_MESSAGE" というエラーが表示されます。

改善点

注: 対応済みの課題の一覧を表示するには、OS 名をクリックまたはタップして折りたたみ可能なセクションを展開します。

重要: EKB KB5003791 を使用して、バージョン 21H2 Windows 10に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主な変更は、次のとおりです。

  • このビルドには、サポートされているWindows 10バージョン 20H2 エディションのすべての機能強化が含まれています。

  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。 

重要: EKB KB5000736 を使用して、バージョン 21H1 Windows 10に更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主な変更は、次のとおりです。

  • このビルドには、サポートされているWindows 10バージョン 20H2 エディションのすべての機能強化が含まれています。

  • このリリースについて追加の問題は記録されていません。 

重要: EKB KB4562830 を使用して、サポートされている Windows 10 バージョン 20H2 のエディションに更新します。

このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 この KB をインストールする場合:

  • これは、一部の種類の Secure Sockets Layer (SSL) 接続とトランスポート層セキュリティ (TLS) 接続に影響する可能性がある問題に対処します。 これらの接続では、ハンドシェイクエラーが発生する可能性があります。 開発者の場合、影響を受ける接続は、1 つ以上のレコードを受信し、その後に 1 つの入力バッファー内のサイズが 5 バイト未満の部分レコードを受け取る可能性があります。 接続に失敗すると、アプリに "SEC_E_ILLEGAL_MESSAGE" というエラーが表示されます。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 10 サービス スタック更新プログラム - 19042.1940、19043.1940、19044.1940

この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

カスタム オフライン メディアまたはカスタム ISO イメージから作成された Windows インストールのデバイスは、この更新プログラムによって削除Microsoft Edge 従来版可能性がありますが、新しい Microsoft Edge によって自動的に置き換えられるわけではありません。 この問題は、2021 年 3 月 29 日以降にリリースされたスタンドアロン サービス スタック更新プログラム (SSU) を最初にインストールせずに、この更新プログラムをイメージにスリップストリームすることによって、カスタム オフライン メディアまたは ISO イメージが作成された場合にのみ発生します。

Windows Updateに直接接続して更新プログラムを受信するデバイスは影響を受けません。 これには、Windows Update for Business を使用するデバイスが含まれます。 Windows Updateに接続するすべてのデバイスは、追加の手順を実行せずに、常に最新バージョンの SSU と最新の累積的な更新プログラム (LCU) を受け取る必要があります。

この問題を回避するには、LCU をスリップストリームする前に、2021 年 3 月 29 日以降にリリースされた SSU をカスタム オフライン メディアまたは ISO イメージにまずスリップストリームしてください。 Windows 10, バージョン 20H2 および Windows 10, バージョン 2004 で今使用される SSU パッケージと LCU パッケージを組み合わせてこれを行うには、組み合わせたパッケージから SSU を抽出する必要があります。 次の手順で、SSU を抽出します。

  1. 以下のコマンド ライン (KB5000842 のパッケージを例として使用) を使用して、msu から cab を抽出します: expand Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <コピー先のパス>

  2. 次のコマンド ラインを使用して、以前に抽出した cab から SSU を抽出します: expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <コピー先のパス>

  3. 次に、この例では、SSU-19041.903-x64.cab という名前の SSU cab を得られます。 このファイルを最初にオフライン イメージ、次に LCU にスリップストリームします。

影響を受けるカスタム メディアを使用して OS をインストールしてこの問題が既に発生している場合は、新しい Microsoft Edge を直接インストールすることで、この問題の発生を軽減できます。 ビジネス向けに新しい Microsoft Edge を幅広く展開するする必要がある場合には、「ビジネス向けに Microsoft Edge をダウンロードして展開する」をご覧ください。

2022 年 10 月 5 日、ヨルダン政府は、冬時間夏時間 (DST) タイム ゾーンの変更を終了する公式発表を行いました。 2022 年 10 月 28 日金曜日の午前 12 時から、公式時刻は 1 時間進まず、UTC + 3 タイム ゾーンに完全にシフトします。 

この変更の影響は次のとおりです。 

  1. 2022 年 10 月 28 日午前 12:00 に、ヨルダン タイム ゾーンのクロックは 1 時間進まれません。

  2. ヨルダンのタイム ゾーンは、UTC + 3 タイム ゾーンに完全にシフトします。

更新プログラムがインストールされておらず、2022 年 10 月 28 日以降にヨルダン タイム ゾーンのデバイスで回避策が使用されていない場合の現象:

  • Windows とアプリに表示される時間が正しくない。

  • Microsoft Teams や Microsoft Outlook などの整数関数に日付と時刻を使用するアプリとクラウド サービスでは、会議の通知とスケジュールが 60 分オフになる場合があります。

  • スケジュールされたタスクなど、日付と時刻を使用した自動化が予期した時刻に実行されない場合があります。

  • トランザクション、ファイル、ログのタイムスタンプは 60 分オフになります。

  • Kerberos などの時間に依存するプロトコルに依存する操作では、リソースへのログオンまたはアクセスを試行するときに認証エラーが発生する可能性があります。

  • また、ヨルダン以外の Windows デバイスやアプリは、ヨルダンのサーバーやデバイスに接続している場合、または別の場所またはタイム ゾーンからヨルダンで開催される会議をスケジュールまたは出席している場合にも影響を受ける可能性があります。 ヨルダン以外の Windows デバイスでは、デバイスのローカル時刻が変更されるため、回避策を使用しないでください。

この問題は KB5018482 で解決されています。 この更新プログラムは自動的にはインストールされません。 この更新プログラムを適用するには、 更新プログラムを確認 し、ダウンロードしてインストールするオプションのプレビューを選択します。

この更新プログラムをインストールできない場合は、2022 年 10 月 28 日に次のいずれかを実行することで、ヨルダンのデバイスでこの問題を軽減できます。

  • Windows ロゴ キーを選択し、「日付と時刻」と入力し、[日付と時刻の設定] を選択します。 [日付&時刻の設定] ページで、[夏時間を自動的に調整する] を [オフ] に切り替えます。

  • [>クロックと地域 >日付と時刻 >[タイム ゾーンの変更]コントロール パネル   に移動し、[夏時間のクロックを自動的に調整する] オプションをオフにします

重要: 上記の回避策のみを使用して、ヨルダンの新しい夏時間によって作成された時間に関する問題を軽減することをお勧めします。 他の回避策を使用することはお勧めしません。一貫性のない結果が生じる可能性があり、間違って実行すると重大な問題が発生する可能性があるためです。

解決に取り組んでおり、次のバージョンの Windows で 10 月下旬にオプションのプレビュー リリースが提供されるソリューションを見積もっています。

  • Windows 11バージョン 22H2

  • バージョン 21H2 Windows 11

  • Windows Server 2022

  • Windows 10バージョン 21H2

  • Windows 10バージョン 21H1

  • Windows 10バージョン 20H2 (Enterprise および Education エディションのみ)

注意: Microsoft は、この変更をサポートする更新プログラムをリリースする予定であり、一部のバージョンは 2022 年 10 月 28 日より前に利用可能になると推定されています。 ただし、使用している Windows のバージョンで更新プログラムを利用できない場合は、上記の回避策を使用してください。

この更新プログラムをインストールすると、Microsoft OneDrive が予期せず終了する可能性があり、次の操作を試みるとエラーが発生する可能性があります:

  • Microsoft OneDrive 同期アプリでアカウントのサインアウトまたはリンク解除を行います。

  • Microsoft SharePoint サイトまたは Microsoft Teams サイトからデバイスへの同期からサイトまたはフォルダーのリンクを解除します。

  • OneDrive 同期 アプリのアンインストールが失敗する可能性があります。

注意これらの問題は、OneDrive と OneDrive for Business の両方に影響する可能性があります。

解決に取り組んでおり、ソリューションは今後 1 週間以内に利用可能になると見積もっています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を最新の累積更新プログラム (LCU) と組み合わせて提供するようになりました。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」 と 「サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」 を参照してください。

前提条件:

インストールシナリオに基づいて、次のいずれかを選択します。

  1. オフライン OS イメージ サービスの場合:

    イメージに 2022 年 3 月 22 日 (KB5011543) 以降の LCU がない場合は、この更新プログラムをインストールする前に、2022 年 5 月 10 日の特別なスタンドアロン SSU (KB5014032) をインストールする必要があります

  2. Windows Server Update Services (WSUS) の展開の場合、または Microsoft Update Catalog からスタンドアロン パッケージをインストールする場合: 

    デバイスに 2021 年 5 月 11 日 (KB5003173) 以降の LCU がない場合は、この更新プログラムをインストールする前に、2021 年 8 月 10 日の特別なスタンドアロン SSU (KB5005260) をインストールする必要があります

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

いいえ

以下のオプションを参照してください。

ビジネス向け更新プログラム

いいえ

以下のオプションを参照してください。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

上記のオプションを参照してください。

LCU を削除したい場合

SSU と LCU の統合パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションに LCU パッケージ名を引数として指定します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

複合パッケージの /uninstall スイッチを使用して Windows Update スタンドアロン インストーラー (wusa.exe) を実行しても、複合パッケージに SSU が含まれているため動作しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムの5020435のファイル情報をダウンロードします。  

サービス スタック更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、SSU バージョン 19042.1940、19043.1940、19044.1940 のファイル情報をダウンロードします。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×